ZTE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ZTEジャパンから転送)
移動先: 案内検索
中興通訊
ZTE Corporation
ZTE-logo.svg
深圳のZTE本社施設
種類 公開会社
市場情報
SZSE 000063
SEHK 0763
2004年12月9日上場
略称 ZTE
本社所在地 中華人民共和国の旗 中国
中華人民共和国深圳市南山区科技南路55号
設立 1985年
業種 電気機器
事業内容 移動体通信機器
代表者 董事長 侯為貴
總裁 史立栄
資本金 34億4007万人民元
(2012年12月期、グループ連結)
売上高 842億1935万人民元
(2012年12月期、グループ連結)
純利益 -19億8320万人民元
(2012年12月期、グループ連結)
決算期 12月末日
外部リンク http://www.zte.com.cn/
テンプレートを表示
中興通訊
ZTE-logo.svg
各種表記
繁体字 中興通訊
簡体字 中兴通讯
拼音 Zhōngxìng tōngxùn
発音: チョンシントンシュン
英文 ZTE Corporation
テンプレートを表示

中興通訊(ちゅうこうつうじん、中国語読み: チョンシントンシュン、英文社名: ZTE Corporation(旧社名:Zhong Xing Telecommunication Equipment Company Limited))は、中華人民共和国深圳に本社を置く、通信設備および通信端末の開発および生産を事業とする会社である。

概要[編集]

設立[編集]

1985年に「深圳市中兴半导体有限公司」として設立され、以降携帯電話網設備(基地局等)、携帯電話端末、無線製品、ネットワークプロダクト (GSM, PHS, 3G, W-CDMA, CDMA2000, ADSL) などの開発および生産を主に手がける。ファーウェイシャオミと並ぶ通信機器大手となった。

上場[編集]

1997年深圳証券取引所および2004年香港証券取引所に上場している[1]。深圳、広東省上海 (GSM)、南京江蘇省および北京など、世界合計14ヶ所のR&Dの設備がある。2008年には売上が約443億(約65億ドル)、利益が約16億6000万元(約2億4300万ドル)に達している[2]

スマホの売上・シェア[編集]

160カ国、地域でスマートフォンをはじめとする携帯電話端末を発売しており、2016年にはアメリカでのスマートフォンシェアが4位[3]スペインロシアで2位、ヨーロッパ全体でシェア4位にランクされるなど、欧米でのスマートフォンの販売台数が増加していた。北朝鮮ではトップシェアだった[4]

沿革[編集]

日本法人[編集]

ZTEジャパン
ZTE Japan. K.K.
ZTE-logo.svg
種類 株式会社
略称 ZTE
本社所在地 日本の旗 日本
105-0001
東京都中央区晴海一丁目8番12号
晴海アイランドトリトンスクエア オフィスタワーZ棟
設立 2008年4月
業種 電気機器
代表者 李明(代表取締役社長)
外部リンク http://www.zte.co.jp/
テンプレートを表示

ZTEジャパン株式会社(ゼット・ティー・イー ジャパン、英: ZTE Japan. K.K.)は、東京都中央区晴海に本社を置く、ZTEコーポレーションの日本法人である。

概要[編集]

日本においては2005年に日本事務所を開設し、2008年4月に正式に日本法人・ZTEジャパン株式会社を設立した。その後日本通信bモバイル(bモバイル3G・bモバイルDoccica)向けを皮切りに、ウィルコムの「WILLCOM CORE 3G」など主に仮想移動体通信事業者 (MVNO) 向けに端末を供給した。

2010年夏モデルからは、同社の日本における初の音声端末となるSoftBank 840Z[8]を皮切りにソフトバンクモバイルにも端末供給を開始するなど、日本でのビジネスを拡大している。また2009年2月にはウィルコムとの間でXGP技術に関する共同開発の覚書を交わしている[9]

2017年現在、NTTドコモau、ソフトバンクの大手3社に携帯電話端末を供給するほか、イオンモバイルや楽天モバイルLINEモバイルなどの大手MVNOにもスマートフォン端末を供給している。また一時は、ダイワボウ情報システムを通じて、自社ブランドのSIMフリースマートフォン端末を量販店などで販売していた。  

日本向け製品[編集]

上述したように、社名は「ゼット・ティー・イー」と読むが、端末型番は「ズィー (Z)」又は「ズィーティー (ZT)」と呼ぶ。

携帯端末・通信モジュール搭載端末[編集]

ソフトバンクモバイル向け[編集]
KDDI・沖縄セルラー電話(各au)向け[編集]
NTTドコモ向け[編集]
  • MO-01J - 同社オリジナルブランド「MONO」第1号製品。
  • Z-01K - 折りたたみ2画面スマートフォン。
  • MO-01K - 同社オリジナルブランド 「MONO」第2号製品。
旧・ワイモバイル(現・ソフトバンクモバイルY!mobileブランド)向け[編集]
  • 305ZT - AXGPによるキャリア・アグリゲーションに対応した、Pocket WiFi製品。
旧・イー・アクセス向け[編集]
旧・ウィルコム向け[編集]

特記事項のないものは、FOMAハイスピード対応版となる。

日本通信向け[編集]
ドリームトレインインターネット向け[編集]

ドリームトレインインターネットのMVNOサービスDTI ハイブリッドモバイルプラン用端末。

日本ヒューレットパッカード向け[編集]

日本HP Mobile Broadband用モバイルWiFiルーター

  • HP モバイル WiFi ルータ
TikiTikiインターネット向け[編集]

Tikiモバイル 3G 用通信端末

  • MF636-BKND - USBタイプデータ通信端末
  • Light Tab - Android搭載タブレット端末
アルテリア・ネットワークス向け[編集]

VECTANTセキュアモバイルアクセス用通信端末

Freetel向け[編集]
eiYAAA向け[編集]
  • V886J…STAR7 SoftBank 009ZをSIMロック解除した上で、リモデルしたもの
  • MF98N…Touchブランドで発売
  • Blade vec 4G…Touchブランド、goo simseller専売

NTTレゾナント向け[編集]

eiYAAAが販売元となり、gooのスマホとして発売。

  • g01(グーマルイチ)…Blade L03がベース
  • g02(グーマルニ)…Blade S Liteがベース
  • g03(グーマルサン)…Blade Sがベース
  • g05(グーマルゴ)…Blade S7がベース

SIMフリー端末[編集]

  • MF98N
  • MF920S
  • Blade V6
  • Blade E01
  • Axon mini
  • Blade V580
  • Blade V7 Lite
  • Blade V7 Max
  • Axon 7 mini
  • Axon 7

各国政府との対立[編集]

アメリカ政府との対立[編集]

オバマ政権[編集]

2012年10月、アメリカ合衆国下院の諜報委員会 (The House Intelligence Committee) は、ファーウェイとZTEの製品について、中国人民解放軍中国共産党公安部門と癒着し、スパイ行為やサイバー攻撃のためのインフラストラクチャー構築を行っている疑いが強いとする調査結果を発表し、両社の製品をアメリカ合衆国連邦政府の調達品から排除し、民間企業でも取引の自粛を求める勧告を出した[11][12][13]

2016年3月に、アメリカ合衆国商務省がZTEとその子会社に対して、2010年イラン政府系通信会社と北朝鮮に禁輸措置品を納入し、またその事実を組織的に隠蔽したとして輸出規制措置とした。

トランプ政権[編集]

翌年の2017年3月には、アメリカ合衆国商務省は最高約1,300億円の罰金の支払いと、社内のコンプライアンス教育の徹底、今後6年間にわたり規制を順守したか年次報告を行うことなどの司法取引を行うことで輸出規制措置を実施しないことで合意した。

また、この様な多額の罰金の支払い命令を受けて、世界各国で事業の縮小を行っている。なお、アメリカ国防総省アメリカ合衆国国土安全保障省にZTEが下請け経由で通信機器を納入していたことも問題となった[14]

共和党のトム・コットン上院議員とマルコ・ルビオ上院議員は2018年2月7日、米当局者へのスパイ行為に対する懸念を理由に、ファーウェイとZTEの通信機器について、米国政府の購入やリースを禁じる法案を提出した[15]

さらに2018年4月16日には、同社が前年の司法取引で合意した社員の処分について、一部しか実施していないなどアメリカ合衆国連邦政府に繰り返し虚偽の報告を行っていたとして、アメリカ合衆国商務省が米国企業によるZTEへの製品販売を7年間禁止すると発表した[16]。同社製品に使用されている米国製品の割合は25-30%に達し、この措置は同社事業に深刻な影響を与えるとみられている。

共和党のトム・コットン上院議員とマルコ・ルビオ上院議員は2018年2月7日、米当局者へのスパイ行為に対する懸念を理由に、ファーウェイとZTEの通信機器について、アメリカ合衆国連邦政府の購入やリースを禁じる法案を提出した[17]

2018年2月13日に諜報機関の長官が、アメリカ合衆国上院情報委員会の聴聞会において、アメリカ国民はファーウェイやZTEの製品を使うべきではないと発言したとの報道がなされた[18][19]

2018年4月16日、アメリカ合衆国商務省は、北朝鮮などに対する禁輸措置違反を理由に、ZTEへの米国製品の輸出禁止を発表。これに対しZTEは「我が社は2016年4月以来、過去の輸出管理規制の教訓から、輸出規制に適合するよう努力してきた」「アメリカ商務省はZTEが過去2年に行なってきた努力や投資、改善を無視した。もっとも厳しい制裁を下したことはZTEに対して著しく不公平であり、受け入れられない」「米国企業がZTEに対して製品の輸出を禁止するこの命令は、ZTEの生存に関わるだけでなく、既存の米国のパートナー企業の利益にも傷がつく。ZTEは、この問題解決に関していかなる努力をも惜しまず、いかなる法律にも従い、従業員や株主の権利を保護し、パートナー企業、消費者に対しての責任を履行する」との声明を発表した[20][21]

2018年4月、アメリカ合衆国国防総省はZTEとファーウェイが製造した携帯電話やモデム[22]などの製品について、軍の人員、情報、任務に対して許容不可能なセキュリティー上の危険をもたらすとして、アメリカ軍基地での販売を禁じ[23]軍人には基地の外でも中国製品の使用に注意するよう求めた[24]

補足[編集]

これらのアメリカ側の動きには、国家安全保障上の懸念[13][25][24]だけでなく、中国大手二社を米国市場から締め出し[24]、通信分野の次世代技術『第5世代移動通信システム』実用化などで、ライバルとなる中華人民共和国を封じ込めようとする思惑が見え隠れする[26]

中国とアメリカの通信大手は『5G』などを巡って激しい開発競争を繰り広げており[25]、中国のファーウェイとZTEが先行している[26]。また、現在主流の『第4世代移動通信システム』まではアメリカの技術が席巻していたが、ファーウェイとZTEは『5G』の研究開発に力を入れており、『5G』はファーウェイなどの中国企業が主導権を握るとの見方もある[3][26]

イギリス政府との対立[編集]

2018年4月、イギリスのサイバーセキュリティー当局は自国の通信業界に対し、国家安全保障上の懸念を理由にZTEの機器・サービスを使用しないように呼び掛けた[13]。この警告の中で、英政府は中国政府に「幅広い強制権」を付与するとした中国の新法にとりわけ警戒感を示した[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.zte.com.cn/cn/about/corporate_information/history/
  2. ^ ZTE Ramps 2008 Revenues - 同社プレスリリース・2009年3月20日
  3. ^ a b “通信機器企業捜査で中国、一帯一路戦略に影響も 対米依存、部品調達で危機”. 産経ニュース. (2018年4月26日). https://www.sankei.com/smp/economy/news/180426/ecn1804260043-s1.html 2018年4月29日閲覧。 
  4. ^ 田村和輝 (2014年2月14日). “携帯電話事情(2) – 端末ラインナップ”. 2016年2月9日閲覧。
  5. ^ 中興通訊:CDMA携帯の国内販売は累計800万台 2007/07/19 (木) 10:20:41 [中国情報局]
  6. ^ 中興通訊:ブラジル・テレコム3G設備を納入
  7. ^ “[ZTEジャパン ZTE、エチオピアの通信ネットワーク事業が、新潮新書『アフリカ』に掲載”]. ZTE. (2011年3月4日). http://www.zte.co.jp/press_center/news/ztejapan/201103/t20110304_1023.html 2018年2月1日閲覧。 
  8. ^ ZTE初の国内向け音声端末はベーシックな“かんたん携帯”――「840Z」 - ITmedia +Dmobile・2010年5月18日
  9. ^ 中興通訊(ZTE)とウィルコム「XGP」技術に関する共同検討の覚書締結について - ウィルコムプレスリリース・2009年2月18日
  10. ^ 基本的にウェアラブル端末であるが先述の通りVoLTE対応FD-LTE専用モジュールを搭載し、更に音声通話機能に対応することから実質的にはフィーチャーフォン扱いとなる。
  11. ^ 米下院特別委 中国通信大手を名指し「対米スパイ工作に関与」”. 産経新聞 (2012年10月9日). 2012年10月9日閲覧。
  12. ^ 中国通信機器大手、ファーウェイは「危険な存在」なのか 各国が「締め出し」に動く中で、日本はどうする”. ジェイ・キャスト (2014年3月26日). 2014年3月26日閲覧。
  13. ^ a b c d “中国ZTE機器の使用、英米が警告 安保理由に”. ウォールストリートジャーナル. (2018年4月17日). http://jp.wsj.com/articles/SB11378008564936913642304584168413899754136 2018年4月28日閲覧。 
  14. ^ “中国製機器が米国防総省に、通信傍受や破壊工作の懸念”. Viewpoint. (2017年6月5日). http://vpoint.jp/world/usa/89214.html 2018年2月1日閲覧。 
  15. ^ “米上院議員、政府の華為・ZTE通信機器使用を禁じる法案提出”. ロイター. (2018年2月7日). https://jp.reuters.com/article/china-usa-telecoms-idJPKBN1FS07V?utm_campaign=trueAnthem:+Trending+Content&utm_content=5a7bd6fa04d3012e189ac7f4&utm_medium=trueAnthem&utm_source=twitter 2018年2月9日閲覧。 
  16. ^ “米商務省、中国ZTE向け製品販売を7年間禁止 違法輸出で”. ロイター. (2018年4月16日). https://jp.reuters.com/article/usa-china-zte-commerce-idJPKBN1HN2H7V 2018年4月17日閲覧。 
  17. ^ “米上院議員、政府の華為・ZTE通信機器使用を禁じる法案提出”. ロイター. (2018年2月7日). https://jp.reuters.com/article/china-usa-telecoms-idJPKBN1FS07V?utm_campaign=trueAnthem:+Trending+Content&utm_content=5a7bd6fa04d3012e189ac7f4&utm_medium=trueAnthem&utm_source=twitter 2018年2月9日閲覧。 
  18. ^ “Six top US intelligence chiefs caution against buying Huawei phones”. CNBC. (2018年2月15日). https://www.cnbc.com/2018/02/13/chinas-hauwei-top-us-intelligence-chiefs-caution-americans-away.html 2018年4月28日閲覧。 
  19. ^ “Don’t use Huawei phones, say heads of FBI, CIA, and NSA”. THE VERGE. (2018年2月14日). https://www.theverge.com/2018/2/14/17011246/huawei-phones-safe-us-intelligence-chief-fears 2018年4月28日閲覧。 
  20. ^ “中国:米禁輸措置に反発 通信大手規制、報復求める声も”. 毎日新聞. (2018年4月21日). https://mainichi.jp/articles/20180421/ddm/008/020/027000c 2018年4月29日閲覧。 
  21. ^ “ZTE、「米商務省の輸出禁止令は受け入れられない」”. PC Watch. (2018年4月26日). https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1119275.html 2018年4月29日閲覧。 
  22. ^ “美国防部禁止使用华为及中兴手机”. ラジオ・フリー・アジア. (2018年5月2日). https://www.rfa.org/mandarin/Xinwen/7-05022018164109.html 2018年5月5日閲覧。 
  23. ^ “中国2社の携帯電話、米軍基地で販売禁止に”. AFP. (2018年5月5日). http://www.afpbb.com/articles/-/3173479 2018年5月5日閲覧。 
  24. ^ a b c “米軍基地でファーウェイ・ZTE携帯の販売取りやめ 国防総省、安全保障上のリスク理由に”. 日本経済新聞. (2018年5月4日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30129410U8A500C1000000/ 2018年5月4日閲覧。 
  25. ^ a b “米司法当局:華為を捜査 イランへの禁輸措置違反容疑で”. 毎日新聞. (2018年4月26日). https://mainichi.jp/articles/20180427/k00/00m/030/074000c 2018年4月29日閲覧。 
  26. ^ a b c “米、中国スマホ狙い撃ち ファーウェイ捜査、ZTE制裁 ライバル封じ込め”. 産経ニュース. (2018年4月26日). https://www.sankei.com/smp/world/news/180426/wor1804260036-s1.html 2018年4月29日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]