EMモバイルブロードバンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

EMモバイルブロードバンド(イーエムモバイルブロードバンド)は、イー・モバイルが提供する高速データ通信サービス(第3世代移動通信システムおよび第3.5世代移動通信システム)の総称。2007年3月31日よりサービス開始。

概要[編集]

イー・モバイルが提供する高速データ通信サービスで、通信方式はW-CDMA/HSDPA/HSUPA/HSPA+規格/DC-HSDPA(2010年12月末現在)を導入している。ただし、HSPA+とDC-HSDPAについては、EMOBILE G4のブランドにて別途サービスされているため、そちらを参照されたい。

2010年12月末現在の最大速度は、下り最大速度42Mbps、上り最大速度5.8Mbpsである(厳密には、当サービスのエリアのすべてがEMOBILE G4にも対応している形となっている)。

2018年1月31日を以て、停波となり、使用不可となる予定。その後は、当サービスで使用している周波数帯域は、LTEサービスに転用される予定。

サービス展開[編集]

料金プラン[編集]

データ通信サービス専用プランとして、下り最大速度7.2Mbps対応プランと、下り最大速度42Mbps対応プランがある。なお下り最大速度42Mbpsデータ通信サービス開始に伴い、下り最大速度21Mbps対応プランは「EMOBILE G4」プランに切り替わった。

サービスエリア[編集]

サービスエリアは2010年12月末現在人口カバー率90%以上[1]となっている。 また、2010年3月末時点で東京・名古屋・大阪の全地下鉄駅のエリア化が完了した。

脚注[編集]

  1. ^ [1]人口カバー率:国土地理協会が設定している「町字コード」毎に、人口にエリア面積カバー率を掛け合わせて「カバー人口」を算出し、全国ベースで集計した後、全国人口で除して計算しています。(人口は、住民基本台帳を参照/当データはイー・モバイル規定により算出)

外部リンク[編集]