S51SE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
イー・モバイル Sony Ericsson mini S51SE
S51SE 001.jpg
S51SE 002.jpg
S51SE WHITE
キャリア イー・モバイル
製造 ソニーモバイルコミュニケーションズ
発売日 2011年10月28日
概要
OS Android OS 2.3.4
CPU Qualcomm Snapdragon MSM8255 1[GHz]
音声通信方式 3GW-CDMA
2GGSM
(HSPA/W-CDMA
(1700MHz/2100MHz)、GSM/GPRS/EDGE
(850MHz/900MHz/1800MHz/1900MHz))
データ通信方式 HSPA
GPRS
EDGE
IEEE 802.11b/g/n(Wi-Fi)
形状 ストレート・タッチパネル
サイズ 88 × 52 × 16 mm
質量 99 g
連続通話時間 約270分
連続待受時間 約320時間
内部メモリ ROM:1GB
RAM:512MB
外部メモリ microSD/microSDHC(最大32GB)
日本語入力 POBox Touch 4.3
電子決済機能 なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth ○(2.1+EDR)
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 HVGA
(480×320ドット
サイズ 約3.0インチ
表示色数 16,777,216 色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約500万画素CMOS
機能 デジタル約8倍ズーム
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ブラック
ホワイト
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

Sony Ericsson mini S51SE(ソニー エリクソン ミニ エス ごーいち エスイー)ソニーモバイルコミュニケーションズ(旧・ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ)が開発しイー・アクセスイー・モバイルブランド)が販売する、W-CDMA及びGSM通信方式に対応する、AndroidOSに搭載したスマートフォン

概要[編集]

ソニー・エリクソンとしては初のイー・モバイル向け端末であり、ソニー・エリクソンのスマートフォンブランド「Xperia」のモデルの一つ「Xperia mini」の日本ローカライズモデルである。日本国内ではXperiaブランドではなく「Sony Ericsson mini」のブランド名で販売されるが、イー・アクセスによれば、これは「日本ではコンセプトが違い、Pocket WiFi機能など新たな登場感を出したかった」[1]からだという。

「国内で販売されるスマートフォンでは最小・最軽量」を謳い文句にしており[2]、高さ約88ミリ×幅約52ミリ、重さ約99グラムのコンパクトボディに約3インチ、480×320ドット(HVGA)、1677万色表示のTFT液晶を搭載している。このサイズはモバイルルーターと同等のサイズだが[3]、実際にPocket WiFi機能(ウィジェット)を搭載し、テザリング機能に対応して最大5台まで無線LANでの同時接続が可能となっている。

画面の四隅にショートカットキーを配置する独特の画面レイアウトを採用しており、片手での操作性を考慮している[3]

なお、海外版のminiはAndroid 4.0へのバージョンアップが行われたが、本機種は見送られた。

ACアダプタSO-02C等と同じものを採用しており、電池パックは海外でEP500となっているもの(2011年12月現在、国内で発売された他機種では非採用)を採用している。イー・アクセスでの型番は、ACアダプタ(USBケーブル付)がPCS51SEZ10、電池パックがPBS51SEZ10となっている。

歴史[編集]

アップデート・不具合など[編集]

2011年12月15日のソフトウェア更新[編集]

2011年12月15日に以下の不具合を修正するアップデートが実施された。ビルド番号が「4.0.2.A.0.61」となる。

  • 使用中の動作安定性を改善。

2012年4月5日のソフトウェア更新[編集]

2012年4月5日に以下の不具合を修正するアップデートが実施された。ビルド番号が「4.0.2.A.0.74」となる。

  • Google+、メッセンジャー、ビデオを追加。
  • 使用中の動作安定性を改善。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]