ASUS Eee Pad TF201

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ASUS Eee Pad TF201
ASUS Eee Pad Transformer Prime.jpg
製造 アスース
発売日 2011年12月3日:台湾
2011年12月12日:米国
2012年1月21日:日本
概要
OS Android 3.2.1(Honeycomb)
2012年3月21日よりAndroid4.0.3
2012年11月よりAndroid 4.1
CPU NVIDIA Tegra 3 クアッドコア(1.4GHz)
形状 タブレット型
サイズ 263 × 180.8 × 8.3 mm
質量 586 (タブレットのみ) g
内蔵メモリ RAM1GB/ROM16GB
外部メモリ 32GBまたは64GB SSD
Bluetooth v2.1+EDR
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 1280x800
サイズ 10.1インチ
表示色数 16,777,216色
無線LAN
規格 IEEE 802.11b/g/n
メインカメラ
画素数・方式 800万 CMOS
サブカメラ
画素数・方式 120万 CMOS
カラーバリエーション
 
アメジストグレー
 
シャンパンゴールド
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

ASUS Eee Pad Transformer Prime TF201(アスース イーパッド トランスフォーマー プライム)はASUSによって2011年10月19日に発表された[1]Androidタブレット端末である。前の機種ASUS Eee Pad TF101と同様モバイルキーボードドックが付属する。日本ではASUS Eee Pad TF201として2012年1月21日に発売が開始された。

概要[編集]

タッチパネル液晶は1280×800ドット表示の10.1型ワイドLED IPS液晶を搭載しており、ゴリラガラスを採用している。カメラはフロントに120万画素、バックにはオートフォーカスの800万画素CMOSイメージセンサーカメラを搭載している。センサーは重力センサー、電子コンパス、光センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、GPSを搭載している。

モバイルキーボードドック[編集]

モバイルキーボードドックはキーボード、タッチパッド、SDカードリーダー、USB2.0ポートを装備している。 TF101同様に、モバイルキーボードドック側にもバッテリーが搭載されているためタブレットと接続することによって、駆動時間を増やすことが出来る。

ソフトウェア[編集]

OSは発売当初はAndroid 3.2.1であったが、その後2012年3月にAndroid 4.0.3に、2012年11月にAndroid 4.1にアップデートされた。ファームウェアの自動更新によりアップデートされる。

プリインストールアプリケーション[編集]

  • ASUS launcher
  • MyLibrary
  • MyNet
  • MyCloud
  • @Vibe Music
  • asus webstorage
  • File manager
  • ASUS sync
  • SuperNote
  • App Locker
  • App Backup
  • TegraZone

後継機種[編集]

後継機種は ASUS Pad TF700T。2012年7月15日販売開始。画面解像度がFull HDの1,920x1,200になり、フロントカメラが200万画素になり、CPUが1.7GHzになった。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]