N-08D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NTTドコモ MEDIAS TAB UL N-08D
Docomo-Tablet N-08D ScreenSide.JPG
Docomo-Tablet N-08D LidSide.JPG
Silky White
キャリア NTTドコモ
製造 日本電気
発売日 2012年9月20日
概要
OS Android 4.0
CPU Qualcomm Snapdragon S4 MSM8960 1.5GHz(デュアルコア)
音声通信方式 3GFOMAW-CDMA
2GGSM
(3G:800MHz、850MHz、2GHz)
(2G:900MHz、1800Mhz、1900MHz))
データ通信方式 3.9GXi
3GFOMAHSDPAHSUPA
2GGSM
無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)
形状 タブレット型
サイズ 114 × 199 × 7.9 mm
質量 約249 g
連続通話時間 約690分(3G)/約760分(GSM)
連続待受時間 約900時間(3G)/約570時間(LTE)/約650時間(GSM)
内部メモリ ROM:16GB
RAM:1GB
外部メモリ microSD
(2GBまで・ドコモ発表)
microSDHC
(32GBまで・ドコモ発表)
日本語入力 ATOKT9式入力対応)
FeliCa なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth 4.0[1]
放送受信機能 ワンセグ
メインディスプレイ
方式 TFT
解像度 WXGA
(1280×800ドット
サイズ 7.0インチ
表示色数 約1677万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約810万画素裏面照射型CMOS
サブカメラ
画素数・方式 約200万画素CMOS
カラーバリエーション
Silky White
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

ドコモ タブレット MEDIAS TAB UL N-08D(ドコモ タブレット メディアス タブ ウルトラライト エヌゼロハチディー)は、日本電気(NEC)によって開発された、NTTドコモ第3.9世代移動通信システムXi)と第3世代移動通信システムFOMA)とのデュアルモードタブレット端末である。ドコモ タブレットのひとつ。

概要[編集]

N-06Dの後継機種で、世界最軽量の249gを実現したタブレットである。製品名の「UL」は、「Ultra Light」の略である。ちなみに、N-06D同様NECカシオ モバイルコミュニケーションズではなくNEC本体が製造・開発している。N-06Dは当初ドコモのカタログでNECカシオ名義となっていたが、本機は当初からNEC名義となっている。メーカーのウェブサイトも、NEC本体側「121ware.com」ではなくNECカシオ側「NEC mobile」にある点、タブレットでありながら通話機能と受話口[2]を備える点もN-06Dと同様。

外装に東レ製の一方向プリプレグ(UDプリプレグ)のカーボンファイバーを採用しており、強度の確保と軽量化を実現している。また、従来のMEDIASシリーズと同じくディスプレイ部分はコーニング社のゴリラガラスを採用している。

電池容量は3100mAh。ただし外れないため、交換は預かり修理となり10,920円かかる。

ただしN-06Dと違い、NOTTV・防水・赤外線通信・おサイフケータイには非対応である。


搭載アプリ[編集]

主な機能[編集]

主な対応サービス
タッチパネル加速度センサー Xi[3]FOMAハイスピード[4] Bluetooth DCMXおサイフケータイ赤外線トルカ
ワンセグモバキャス メロディコール テザリング WiFi IEEE802.11b/g/n
GPS spモード電話帳バックアップ デコメールデコメ絵文字デコメアニメ iチャネル
エリアメール/ソフトウェアーアップデート自動更新 デジタルオーディオプレーヤー(WMA)(MP3他) GSM3GローミングWORLD WING フルブラウザFlash Player
Google Play/dメニュー/dマーケット GmailGoogle TalkYouTubePicasa バーコードリーダ名刺リーダ ドコモ地図ナビGoogle Mapsストリートビュー

歴史[編集]

不具合・アップデート[編集]

2014年3月3日のアップデート[6]
  • 特定のウェブページをブラウザで閲覧中、まれにブラウザが強制終了する場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号がA5001911A5002711A5003001A5003111からA5003501になる。
2016年7月20日のアップデート[6]
  • まれに端末の動作が遅くなる場合がある。
  • ビルド番号がA5001911A5002711A5003001A5003111A5003501から5003711になる。

脚注[編集]

  1. ^ 対応プロファイル:HSP、HFP、OPP、A2DP、AVRCP、SPP、HID、PBAP
  2. ^ ただし事実上は緊急用の受話口のため、ドコモではスピーカーホンでの通話かヘッドセットの使用を推奨している。
  3. ^ 受信時:75Mbps/送信時:25Mbps
  4. ^ 受信時:14Mbps/送信時:5.7Mbps
  5. ^ 報道発表資料 : 「ドコモ タブレット MEDIAS TAB UL N-08D」を発売 | お知らせ | NTTドコモ
  6. ^ a b MEDIAS TAB UL N-08Dの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]