IS14SH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
au AQUOS PHONE IS14SH
(SHI14)
キャリア au
製造 シャープ
発売日 2011年12月23日
概要
OS Android OS2.3.5
CPU Qualcomm
Snapdragon S2
MSM8655T 1.4GHz
(アプリ用・モデム用共用)
音声通信方式 CDMA 1X WIN
CDMA2000 1xMC
新800MHz/2GHz
データ通信方式 WIN HIGH SPEED
CDMA2000 1xEV-DO MC-Rev.A
無線LAN
(IEEE 802.11b/g/n)
形状 フルスライド型
(タッチパネル対応)
サイズ 117 × 56 × 14.7[1] mm
質量 約136 g
連続通話時間 約400分
(国内)
連続待受時間 約310時間
(国内・移動と静止の組合せ)
充電時間 未公表
内部メモリ RAM・512MB
ROM・4GB
外部メモリ microSD
(最大2GB・KDDI公表)
microSDHC
(最大32GB・KDDI公表)
日本語入力 iWnn IME SH edition
FeliCa あり
赤外線通信機能 あり(IrSimple/IrSS)
Bluetooth あり
(Ver3.0) [2]
放送受信機能 あり
(ワンセグ)
備考 1. SAR値:0.378W/kg
2. 製造国:中華人民共和国の旗 中国
3. バッテリー容量:1030mAh
4. バッテリーはIS11SH(SHI11)用と共通
5. 付属品として2GBのmicroSDカード(試供品)が同梱される
メインディスプレイ
方式 タッチパネル対応
NewモバイルASV液晶
解像度 qHD
(540×960ドット)
サイズ 3.7インチ
表示色数 約26万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約804万画素CMOS
機能 オートフォーカス
ハイビジョン動画撮影
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
シャンパンピンク
ナイトブラック
シャイニーホワイト
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

AQUOS PHONE IS14SH(あくおす ふぉん あいえす いちよんえすえいち)は、シャープによって日本国内向けに開発された、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話ISシリーズの一つで、CDMA 1X WIN対応フルスライド型スマートフォンである。製造型番はSHI14(えすえいちあい いちよん)。メーカー型番はAF21

概要[編集]

2011年夏モデルのAQUOS PHONE IS11SH(SHI11)の後継機種で、かつ事実上のリファインモデルにあたる。スライド式フィーチャーフォン風のスマートフォンで、OSにはAndroid 2.3.5(工場出荷時)が用いられている。

CPUは先代のIS11SH同様、クロック周波数が1.4GHzのSnapdragon S2(MSM8655T)が搭載されている。

スマートフォン、フィーチャーフォンに関わらず、同社製のau向け端末としてはこの機種よりL800MHz帯(旧800MHz帯・Bandclass 3)に非対応となった。

IS11SH同様、3.5mmステレオイヤホン(ステレオヘッドホン)ジャックおよび防水機能は非対応。IS11SHに対しROM容量が約2GBから約4GBに、内部データフォルダの容量が約740MBから約1GBに増加している一方で、3D表示に非対応になったことなど、スペックダウンしている機能もある。なおIS11SHと異なり、発話キーおよび終話キー、Delキーはそれぞれテンキー部分に配置されている。

歴史[編集]

  • 2011年(平成23年)12月13日 - 連邦通信委員会(FCC)を通過[3]
  • 2011年12月19日 - KDDI、およびシャープより公式発表。
  • 2011年12月23日 - 全国にて一斉発売。
  • 2012年(平成24年)1月上旬 - KDDI直営のECサイト「auオンラインショップ」で販売開始。在庫分が無くなり次第販売終了。新規MNP機種変更でも扱っている。
  • 2012年1月下旬 - KDDIが提供するフィーチャー・フォンのUI風ユーリティ・ツール「かんたんメニュー」に対応した。
  • 2012年3月5日 - 最初のケータイアップデートを実施。
  • 2012年4月25日 - 2回目のケータイアップデートを実施。
  • 2012年6月29日 - 本機に標準でプリセットされている「LISMO Player」の不具合を解消するバージョンアップを実施[4]
  • 2012年7月18日 - 3回目のケータイアップデートを実施。
  • 2012年10月4日 - 4回目のケータイアップデートを実施。
  • 2012年11月 - 販売終了。
  • 2013年(平成25年)3月19日 - 5回目のケータイアップデートを実施。

プリインストールアプリ[編集]

  • Skype | au
  • jibe
  • Foursquare
  • Twitter for Android
  • mixiSH
  • 速デコ
  • スライド連携メニュー
  • きせかえtouch
  • モシモカメラ
  • ミニチュアライズカメラ
  • Snapeee for Android
  • 魚眼カメラ
  • ワイヤレス連携対応スマートファミリンク
  • au災害対策

主な機能・サービス[編集]

※PC向けWebブラウザが標準装備されておりFlashコンテンツもフル表示可能。携帯向けサイト(EZWeb)は他のスマートフォンやPCと同じく閲覧不可。

主な機能・対応サービス
Webブラウザ LISMO!
for Android
[5]
メディアプレイヤー[6]
LISMO WAVE
おサイフケータイ ワンセグ[7]
au one メール
PCメール
Gmail
EZwebメール[8]
デコレーションメール
デコレーションアニメ[9]
Skype au PCドキュメント[10]
au Smart Sports
Run & Walk
Karada Manager
ゴルフ(web版)
Fitness、歩数計
GPS
方位計
au oneナビウォーク
au one助手席ナビ
au one ニュースEX
au one GREE
かんたんメニュー[11][12]
じぶん銀行
緊急地震速報 Bluetooth 無線LAN機能
(Wi-Fi)
赤外線通信
(IrSimple)
WIN HIGH SPEED グローバルパスポート(CDMA) auフェムトセル
microSD
microSDHC
モーションセンサー(6軸) 防水 簡易留守録
着信拒否設定
  • エコ技
  • 安心セキュリティパックは、フル対応
  • ベールビュー (覗き見防止フィルタのON/OFF)
  • 家庭用レコーダーからの番組持ち出し[13]
  • DLNAサーバー 1.5 (Image:JPEG / Audio:MP3,LPCM)

ケータイアップデート[編集]

  • 2012年3月5日に最初のケータイアップデートが配信された。[14] アップデートで修正される内容は次の通り。
    • ブラウザを利用してインターネットで地図サイトへ接続して地図をドラッグした際に表示のちらつき、およびスムーズに動作しない場合がある。
  • 2012年4月25日に2回目のケータイアップデートが配信された。[15] アップデートで修正される内容は次の通り。
    • 安心セキュリティパックにおける「3LM Security」起動設定後、不要な「パスワード変更通知」の表示。
  • 2012年7月18日に3回目のケータイアップデートが配信された。[16] アップデートで修正される内容は次の通り。
    • Wi-Fi接続時の品質の向上。
    • 非対応のメモリカード(microSDXCメモリカード)を取り付けると、メモリカード内のデータが破損する[17][18]
  • 2012年10月4日に4回目のケータイアップデートが配信された。[19] アップデートで修正される内容は次の通り。
    • 災害・避難情報をCメールとして重複受信してしまう不具合の改善。
  • 2013年3月19日に5回目のケータイアップデートが配信された。[20] アップデートで修正される内容は次の通り。
    • 「エコ技」設定にて「メールアプリ」を「対象アプリ」として設定した場合、端末のスリープ中、SMS (Cメール) を受信できなくなる事象の改善。

脚注[編集]

  1. ^ 最厚部は15.4mm
  2. ^ 対応プロファイルHSPHFPA2DPAVRCPOPPPBAPSPPDUN。ただし、DUNによるPCのダイヤルアップ接続は不可で、カーウイングス等カーナビ専用用途。
  3. ^ [1]
  4. ^ IS04/IS11S/ISW12HT/ISW11M/IS13SH/ISW11K/ISW11F/IS12F/IS11LG/IS11N/ISW11SC/IS14SH向けLISMO Player (Ver 2.00.02) バージョンアップのお知らせ | au - 2012年6月29日
  5. ^ 過去にCD等からPC上のLSIMO Portへ取込んだ楽曲のISシリーズ端末への転送、及び、過去に同電話番号のLISMO対応au携帯電話で購入した着うたフル着うたフルプラス、ビデオクリップのLISMO Portでのバックアップ&ISシリーズ端末への転送は、LISMO Port 4.4以降で対応。なお携帯のmicroSDからの差し替えにも対応し、MP3やMP4などにも対応する。
  6. ^ USB接続のMTPモードにすることによりWindows標準のWindows Media PlayerからWMAでの転送にも対応。ただしWMAはあらかじめインストールされているメディアプレイヤーかLISMO以外のプレイヤーアプリで対応。
  7. ^ 録画はMicroSDに記録されるためダビング10は非対応。AQUOSブルーレイディスクレコーダー連携機能対応。
  8. ^ EZwebのメールは無線LANでの利用は不可。
  9. ^ デコレーションアニメの送信は非対応だが、IS端末で受信した場合はflashファイルで添付ファイルとして受信される。
  10. ^ プリインストールアプリのDocuments To Goで対応。Word、Excel閲覧。PDF閲覧、Word編集、Excel編集は有料版を購入。
  11. ^ 別途、au one Marketからのダウンロードにて対応
  12. ^ au one Market「かんたんメニュー」 - KDDI
  13. ^ USB経由または直接SDカードへ転送。レコーダーによって転送できる放送の種類等は異なるが、AQUOS以外の他社レコーダーからでも持ち出せる。
  14. ^ au携帯電話の「ケータイアップデート」についてのお知らせ | au - 2012年3月5日
  15. ^ au携帯電話の「ケータイアップデート」についてのお知らせ | au - 2012年4月25日
  16. ^ au携帯電話の「ケータイアップデート」についてのお知らせ | au - 2012年7月18日
  17. ^ microSDXCメモリカードをご利用いただく際のご注意について | au - 2012年6月14日
  18. ^ ただしアップデートを適用してもこれまで通りmicroSDXCカードには非対応のままとなる。
  19. ^ au携帯電話の「ケータイアップデート」についてのお知らせ | au - 2012年10月4日
  20. ^ au携帯電話の「ケータイアップデート」についてのお知らせ | au - 2013年3月19日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]