NS01

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
au NS01
(KYX01)
キャリア au
製造 京セラ
発売日 2009年2月6日
概要
OS REX OSKCP
CPU Qualcomm MSM6550
225MHz
音声通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xMC)
(800MHz/新800MHz/2GHz)
データ通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xEV-DO Rel.0)
形状 折りたたみ式
サイズ 100 × 48 × 18.8 mm
質量 119 g
連続通話時間 約220分
連続待受時間 約310時間
(移動と静止の組合せ)
外部メモリ microSDカード
(最大2GBまで)
microSDHCカード
(最大4GBまで)
日本語入力 iWnn
FeliCa あり
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
放送受信機能 なし
備考 SAR値:0.539W/Kg
メインディスプレイ
方式 モバイルASV液晶
解像度 ワイドQVGA(240×400ドット)
サイズ 2.8インチ
表示色数 26万色
サブディスプレイ
方式 有機EL
解像度 60×32ドット
サイズ 約0.5インチ
表示色数 1色
メインカメラ
画素数・方式 197万画素CMOS
機能 AF
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ライトブルー
ホワイト
ブラウン
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

ベルトのついたケータイ NS01(-えぬえす ぜろいち)は、京セラが日本国内向けに開発した、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話CDMA 1X WIN対応携帯電話である。製造型番はKYX01(けーわいえっくす ぜろいち)。

概要[編集]

同キャリア向けの「NEW STANDARD」シリーズの一環として開発された音声用端末である。既存のW65K、ならびに児童専用音声用端末の安心ジュニアケータイ K001をベースに再設計された。同期に発表されたK001、ならびにケースのようなケータイ NS02(PTX01)同様、「LISMO Music」(EZ「着うたフル」 & LISMOビデオクリップ)やオープンアプリプレイヤーには対応しない。K001に対しEZ Felicaおサイフケータイ)やじぶん銀行などの実用的な機能を付加的に装備したもので、通話とメールの使用がほとんどで音楽再生機能などを必要としないユーザー向けに特化している。

本機の最大の特徴は背面に付いた15ミリ幅のベルトである。これは普通に携帯電話を構えて通話中には落下防止の役割を果たす他、昼休みに財布と携帯だけを持って出かけるOL向けに、携帯を持ち歩く際は逆向きに手の甲側にはめ、空いた指でコーヒーカップを持つといった使い方が発売時に提案された。

しかし多くのユーザーにはこうしたデザイナー側からの提案が目に止まらず、ズボンのベルトに携帯を固定するためのベルトと誤解された。また、装着して利用した場合通常使用に伴い汚れなどが発生するがオプション品としてのベルト販売も無く、想定どおりのユーザからも不満が相次いだ。 そのため4か月後に発売された本機種の実質的な後継機種にあたる同社製のmisora(KYX02・iidaブランド[1])ではベルトが排除され、それ以降ベルトが採用されたau端末は存在しない。

沿革[編集]

対応サービス[編集]

主な対応サービス
LISMO Book
(旧・EZブック)
EZ「着うた
(ハイクオリティステレオ(HE-AAC)対応)

EZ「着うたフル」
EZ「着うたフルプラス」

LISMOビデオクリップ LISMO Video
EZチャンネル
EZチャンネルプラス
au BOX Touch Message EZFeliCa
PCサイトビューア じぶん銀行アプリ EZアプリ(BREW) オープンアプリプレイヤー
ケータイ de PCメール デコレーションメール デコレーションアニメ au one メール
EZナビウォーク EZ助手席ナビ 安心ナビ 災害時ナビ
緊急通報位置通知 ワンセグ グローバルパスポート
(レンタルサービス)
フェイク着信
au Smart Sports
(Run & Walk / Karada Manager)
赤外線通信(IrDA)
auフェムトセル
(別途、ケータイアップデートにて対応)
制限モード 通話モード

など

不具合および新機能の追加[編集]

2010年6月24日に以下の新機能の追加がケータイアップデートにより行われた[3]

  • 宅内用小型基地局「auフェムトセル」に対応した。

関連項目[編集]

注釈[編集]

外部リンク[編集]