URBANO BARONE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

URBANO BARONE(アルバーノ・バローネ)は、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(現:ソニーモバイルコミュニケーションズ)が日本国内向けに開発した、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話CDMA 1X WIN対応携帯電話である。製造型番はSOY03(えすおーわい ぜろさん)。

au URBANO BARONE
(SOY03)
キャリア au
製造 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ
発売日 2010年2月5日
概要
OS KCP+(統括用OS)
CPU Qualcomm MSM7500
600MHz
音声通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xMC)
800MHz/2GHz/新800MHz)
データ通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xEV-DO Rev.A)
形状 折りたたみ式
サイズ 108 × 50 × 16.3 mm
質量 129 g
連続通話時間 250分(国内)
連続待受時間 270時間
(国内・移動と静止の組合せ)[1]
外部メモリ microSD
(2GB・KDDI公表)
microSDHC
(16GB・KDDI公表)
日本語入力 POBox Pro 3.0E
iWnn
FeliCa 対応
赤外線通信機能 あり
(IrDA)
Bluetooth 対応
放送受信機能 ワンセグ対応
備考 1. LISMO Playerは2009年モデル以降の一部のBluetoothに対応したトヨタ純正カーナビとの連携機能にも対応
2. 電池パックはW51S用およびW64S用、S001(SO001)用と共通
3. SAR値:0.516W/Kg
メインディスプレイ
方式 透過型微反射TFT液晶ディスプレイ
解像度 ワイドVGA+
(480×854ドット
サイズ 3.0インチ
表示色数 26万色
サブディスプレイ
方式 有機EL
解像度
サイズ 0.9インチ
表示色数 1色
メインカメラ
画素数・方式 514万画素CMOS
機能 AF
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
プレミアムブラック
ラグジュアリーオリーブ
グレイスフルピンク
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

概要[編集]

同キャリア向けURBANOシリーズの第2弾となる音声用端末で、前作はシャープ製だったが、本機はソニー・エリクソン製となっており、今回は更なる高機能化が図られハイエンド寄りの機種となっているのが特徴。

行動的な40代から50代のエルダー層のほか、往年のソニー製品に慣れ親しんだ一部のユーザー層もターゲットとしており、デザイン面でもヒンジ部分に同社のVAIOとの類似点が見られる[2]。高音域の音声を補正する「はっきりモード」の搭載、キーが独立していて押しやすくなっている点が特徴となっている。

その他の機能と対応サービスに関しては、防水機能(IPX5/IPX7等級)などを除き、同時発表された同社製のBRAVIA Phone U1(SOY02)にやや準拠している。

沿革[編集]

主な機能・対応サービス[編集]

主な機能・対応サービス
LISMO!
(EZ「着うたフル」)
(EZ「着うたフルプラス」)
(LISMOビデオクリップ)
(LISMO Video)
(LISMO Book)
EZケータイアレンジ バーコードリーダー&メーカー PCサイトビューアー
au BOX ワイヤレスミュージック
(端末本体からのボリュームコントロールおよびカーナビ×LISMO![3]に対応)
au Smart Sports
Run & Walk
Karada Manager
カロリーカウンター
EZナビウォーク
EZ助手席ナビ 安心ナビ 災害時ナビ ナカチェン
EZアプリ FullGame!
Bluetooth対戦
(複数対戦モード対応)
EZアプリ (BREW) オープンアプリプレイヤー PCドキュメントビューアー
アレンジメニュー au oneガジェット
マルチプレイウィンドウ[4]
クイックアクセスメニュー
じぶん銀行アプリ EZ・FM
EZチャンネル
EZチャンネルプラス
EZニュースフラッシュ
EZニュースEX
Touch Message EZFeliCa ケータイ de PCメール
デコレーションメール デコレーションアニメ au one メール 緊急通報位置通知
EZテレビ(ワンセグ) グローバルパスポート
(CDMA)
赤外線通信
(IrDA)
無線LAN機能
(Wi-Fi WIN)
Bluetooth
auフェムトセル
(別途、ケータイアップデートにて対応)

不具合および新機能の追加[編集]

2010年6月24日に以下の新機能の追加がケータイアップデートにより行われた。[5]

  • 宅内用小型基地局「auフェムトセル」に対応した。

純正オプションの卓上ホルダにおいて、利用開始から比較的早期に接触不良を起こして充電出来なくなると言う報告が、少なからず見られる。 (初期不良以外、無償交換の対象ではないため注意が必要。)


名前の由来[編集]

「URBANO」はイタリア語で「都会」を意味し、一方、「BARONE」は「男爵」を意味する「BARON」から取った言葉である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ カウンター設定OFF時。なお、カウンター設定ON時は260時間(国内・移動と静止の組合せ)となる。
  2. ^ 5つのカテゴリーで選べるau 2009年秋冬モデル” (日本語). ケータイ Watch 法林岳之のモバイルCatchUp. インプレス (2009年10月20日). 2011年6月21日閲覧。
  3. ^ Bluetoothに対応した2009年モデル以降の一部のトヨタ純正カーナビ(2009年モデルでの例・NHZA-W59G、NSDT-W59、2010年モデルでの例・NHZA-W60G、NHZH-W60G)が必要。
  4. ^ ただし2画面同時表示には非対応。
  5. ^ ケータイアップデートのお知らせKDDI 2010年6月24日

外部リンク[編集]