AQUOS Crystal

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
AQUOS Crystal
AQUOS Crystal 306SH 01.jpg
AQUOS Crystal 306SH 05.jpg
製造 シャープ
発売日 2014年10月10日
概要
OS Android 4.4.2 KitKat
CPU Qualcomm Snapdragon 400 MSM8926
1.2GHz 4コア
音声通信方式 CDMA:800(BC0)/1900(BC14)MHz
データ通信方式 LTE:800(B26)/1900(B25)/2500(B41)MHz
形状 ストレート型
サイズ 131 × 67 × 10 mm
質量 141 g
バッテリー 2040mAh
内部メモリ RAM:1.5GB
ROM:8GB
外部メモリ microSDXC
(最大128GB)
赤外線通信機能
Bluetooth 4.0
メインディスプレイ
方式 S-CG Silicon
解像度 HD
(1280×720ドット)
サイズ 5.0インチ
表示色数 約1677万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 800万画素CMOS
機能 オートフォーカス、LEDフラッシュライト
サブカメラ
画素数・方式 120万画素CMOS
カラーバリエーション
ブラック
ホワイト
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

AQUOS Crystal(アクオス クリスタル)とは、シャープよって製造された、第3世代移動通信システム第4世代移動通信システム対応の端末である。10月10日に米国で発売された[1]

商標は2014年4月1日にシャープから出願され、米国モデルの「AQUOS Crystal」と、日本モデルの「AQUOS CRYSTAL」の2種類が登録された[2]。日本モデルは全て大文字アルファベットだが、米国モデルはクリスタルを小文字に冠したAQUOS Crystal 306SHとしてリリースしている[3]

スプリントヴァージン・モバイルUSA英語版ブースト・モバイル英語版から発売される[4]。製品番号は306SH

その後2015年5月からはインドネシア国内においても「AQUOS Crystal SH825Wi」として発売されている[5]

概要[編集]

AQUOS Crystalは、米スプリントとソフトバンクモバイルによって共同開発されたグローバルモデルである。メーカーはシャープとなる[6][7]

特徴として、5インチのHDディスプレイには世界初のフレームレス構造が採用されており、ベゼルの幅が極限まで狭められている。部品は狭額縁液晶パネルと、前面パネルの光学レンズ効果が活用され、狭額縁化に成功している[8]。内部仕様は、Snapdragon 400のチップセットと、1.5GBメインメモリ、8GBのストレージ、128GBまで拡張可能なMicroSDXCスロットを搭載する。重量は141グラムと、日本向けモデルよりも1グラム重くなっている。

前面カメラは800万画素と、背面が120万画素となる[9]。通信方式は、CDMALTEWi-Fiに対応し、近距離無線通信NFCBluetoothに対応している。オペレーティングシステムはAndroid 4.4.2 KitKatを搭載。カラーバリエーションは米国モデルがブラックホワイトの2色展開で、日本向けモデルにはピンクブルーが追加された4色展開となっている。

対応通信方式は日本向けモデルよりも少なく、GSMにも非対応である。日本で使える通信方式は、沖縄セルラー電話auによって提供されるCDMA2000のバンドクラス0(800MHz帯)、LTEバンド26(auとNTTドコモの内包バンド18~19の800MHz帯)のみとなる。

OSはAndroid 4.4.2を搭載し、インターフェースはAOSPベースである標準Androidのデザインとなっている。

なおグローバルモデルの端末のため、ワンセグおサイフケータイなど日本特有の需要に特化した機能は非搭載である[7]

米国モデルの端末価格は低く抑えられており、日本ソフトバンクモバイル向けの305SHが一括で5万4480だが、対して米国スプリント向け306SHは239ドル(2万5000円)と、およそ半額以下になっている[4]。ヴァージン・モバイルと、ブースト・モバイルに至っては、さらに安価な149ドル(1万5000円)を縛り無しで購入可能となっており、ソフトバンクが無理やり価格を釣り上げている可能性についての指摘もされている[10]

各モデルの販売形態[編集]

販売国とキャリア毎の販売形態を表で記述。

製品番号 306SH 306SH 306SH 305SH
販売国 米国 日本
キャリア スプリント ヴァージン・モバイル ブースト・モバイル ソフトバンクモバイル
ホワイト/ブラック ブラック ホワイト ホワイト/ブラック/ピンク/ブルー
スピーカー付属 無し 有り
SIMロック ロック
※90日契約でSIMフリー可能
ロック
※解除不可
価格
(最低契約期間)
239.99ドル(14日) 149.99ドル(0日) 54,480円
脚注 [11][12][10][13][14]

脚注[編集]

  1. ^ Papaj, Natalie (2014年10月10日). “Sharp AQUOS Crystal now available” (英語). NEWSROOM. Sprint.com. 2017年3月13日閲覧。
  2. ^ あんそく (2014年5月5日). “シャープ、「AQUOS Crystal」商標を出願 AQUOS PHONEの新作か”. Geekles. 2017年3月10日閲覧。
  3. ^ AQUOS Crystal 306SH – SHARP
  4. ^ a b S-MAX編集部 (2014年8月26日). “ソフトバンクとスプリントの“シナジー”が加速!シャープ製スマホ「AQUOS CRYSTAL」の共同調達などで勢いづく「戦略的新商品発表会」を開催【レポート】”. S-MAX. ケーマックス・ラボ. 2017年3月10日閲覧。
  5. ^ AQUOS Crystal SH825Wiがインドネシアで発売、価格は約37,000円”. juggly.cn (2015年5月28日). 2017年3月12日閲覧。
  6. ^ 太田亮三 (2014年8月18日). “ソフトバンク、フレームレス構造で超狭額縁の「AQUOS CRYSTAL」”. ケータイ Watch. インプレス. 2017年3月10日閲覧。
  7. ^ a b あるかでぃあ (2014年8月19日). “正面全部液晶画面!?フレームレスデザインのソフトバンク向けグローバルスマホ「AQUOS CRYSTAL 305SH」を写真でチェック【レポート】”. S-MAX. ケーマックス・ラボ. 2017年3月10日閲覧。
  8. ^ ソフトバンクモバイル株式会社ならびにスプリント・コーポレーション向けスマートフォン「AQUOS CRYSTAL」を製品化”. ニュースリリース. シャープ (2014年8月18日). 2017年3月12日閲覧。
  9. ^ 小口貴宏 (2014年8月18日). “速報:ソフトバンクが日米共通新スマホ AQUOS CRYSTAL 発表。シャープ・Sprintと三社共同開発”. Engadget 日本版. AOL Online Japan. 2017年3月12日閲覧。
  10. ^ a b 石川温 (2014年8月29日). “AQUOS CRYSTALがアメリカでは縛り無しで149ドルで販売━━安価なはずの端末を安く買えない割賦販売は「制度疲労」か”. ITmedia Mobile. アイティメディア. 2017年3月12日閲覧。
  11. ^ Sharp AQUOS Crystal - Sprint公式ウェブサイト
  12. ^ Sharp’s First AQUOS Smartphone Comes to the U.S. – Sharp AQUOS Crystal Arriving Exclusively at Sprint, Boost Mobile and Virgin Mobile” (英語). NEWSROOM. Sprint.com (2014年8月19日). 2017年3月13日閲覧。
  13. ^ 西田宗千佳 (2014年8月29日). “シャープ「アクオス・クリスタル」の乾坤一擲”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2017年3月12日閲覧。
  14. ^ 吉田 (2014年3月21日). “VerizonとSprintも、SIMロック解除ポリシーに同意しているはずだが。GSMキャリアでない2社は、アンロックに対してあまり積極的ではなさそう。。。?”. ハナセル店長の日記. ハナセル. 2017年3月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]