Xperia Z3 Tablet Compact

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソニー > Xperia > Xperia Z3 Tablet Compact
Xperia Z3 Tablet Compact
製造 ソニー
発売日 2014年11月7日 (日本市場)
概要
OS Android 4.4→5.1→6.0
CPU Qualcomm
Snapdragon 801
MSM8974AC 2.5GHz
(クアッドコア)
形状 タブレット
サイズ 123.6 × 213.4 × 6.4 mm
質量 270 g
充電時間 約258分
内蔵メモリ RAM:3GB
ROM:16GB・32GB
外部メモリ microSD (2GBまで)
microSDHC (32GBまで)
microSDXC (128GBまで)
日本語入力 POBox Touch
手書き入力対応
Bluetooth 4.0[1]
放送受信機能 FM放送
メインディスプレイ
方式 TFT
トリルミナスディスプレイ for mobile
IPS方式
解像度 画素数:
WUXGA(1920×1200ピクセル)
サイズ 8.0インチ
表示色数 16,777,216色
無線LAN
規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
周波数範囲 2.4GHz/5GHz
メインカメラ
画素数・方式 810万画素裏面照射積層型CMOS
Exmor RS for mobile
機能 オートフォーカス
手ぶれ防止機能(静止画)
Full HD動画撮影
3Dパノラマ撮影(静止画)
サブカメラ
画素数・方式 220万画素裏面照射型CMOS
Exmor R for mobile
機能 Full HD動画撮影
カラーバリエーション
 
White (16GB・32GBモデル)
 
Black (16GB・32GBモデル)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

Xperia Z3 Tablet Compact(エクスペリア ゼットスリー タブレット コンパクト)は、ソニーによって開発された、Android搭載のタブレット型端末である。

概要[編集]

Xperia Z2 Tabletの小型モデルで、Xperia Tabletとしては初の8インチモデルとなる。日本国内向けとして、32GBモデル「SGP612JP/B・W」および16GBモデル「SGP611JP/B・W」がある。日本国内モデルはWi-Fi専用機だが、海外ではLTE対応モデルが販売されている。初期搭載OSはAndroid 4.4 (KitKat)

搭載アプリ[編集]

連絡先 メッセージ Eメール カレンダー カメラ FMラジオ アラームと時計 電卓 ノート リモコン ブラウザ ファイル転送 設定 取扱説明書 officeSuite WALKMAN アルバム ムービ Sonyselect ニュースsocialie playストア ハングアウト Gmail Google+ フォト Music Unlimited Video Unlimited

歴史[編集]

  • 2014年
    • 9月3日 - ドイツで開かれたIFA2014に先立つ記者会見で、2014年秋販売予定の製品として発表。
    • 10月1日 - ソニー及びソニーモバイルより日本市場モデルの公式発表[2]
    • 11月7日 - 発売開始。
  • アップデート・不具合など
2015年7月31日のアップデート (OSバージョンアップ)
  • Android 5.1.1(Lollipop)にアップデートされる。
  • ロック画面に表示される時計のデザインを3種類の中から選べるようになるが、ウィジェットが置けなくなる。
  • 戻る、ホーム、タスクのアイコンが変更される。
  • 設定アプリのアイコン及びレイアウトが変更される。
  • 通知画面及び、クイック設定のレイアウトが変更され、クイック設定の移動可能なアイコンが最大4x4+設定1の17個から3x3の9個になる。
  • 通知、タスクの全終了ボタンのアイコンが変更される。
  • メール、カレンダーアプリのUIが変更される。
  • 更新センターがシステムアップデート時を除き使用できなくなり、アプリはの更新はWhat's newアプリから行うようになる。
  • USB経由でハイレゾ音源を再生する際4.4.4では設定を有効にしないと使用できなかったが、本バージョンからは接続時に自動的に有効になるようになった。
  • 電卓アプリで計算結果のコピー&ペーストが出来なくなる。
  • SensMe slideshowアプリが削除される。
  • ビルド番号が23.4.A.0.570になる。
2015年10月7日のアップデート
  • セキュリティ機能の改善
  • ビルド番号が23.4.A.1.200になる。

2016年1月14日のアップデート

  • セキュリティ機能の改善。
  • その他の機能の向上。
  • ビルド番号が23.4.A.3.6になる。

2016年5月11日のアップデート (OSバージョンアップ)

  • Android 6.0.1(Marshmallow)にアップデートされる。
  • STAMINAモード機能がAndroid標準の省電力機能に置き換わる。
  • DUALSHOCK3の非対応。
  • ビルド番号が23.5.A.0.570になる。

2016年9月6日のアップデート

  • STAMINAモードの再対応
  • ビルド番号が23.5.A.1.291になる。

脚注[編集]

  1. ^ 対応プロファイル:A2DP、AVRCP、DID、GAVDP、GAP、HDP、HID、HSP、IOPT、MAP、OPP、PANU、SPP、HOGP
  2. ^ 世界最軽量タブレット『Xperia(TM) Z3 Tablet Compact』 Wi-Fiモデルを発売 | プレスリリース | ソニー

関連項目[編集]

外部リンク[編集]