LGL22

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
au isai LGL22
キャリア au
製造 LGエレクトロニクス
発売日 2013年11月23日
(Aqua・White)
2013年11月28日
(Black)
2013年12月5日
(Blue)
概要
OS Android 4.2.2
(Android 4.4へのバージョンアップ可)
CPU Qualcomm
Snapdragon 800
MSM8974
2.3GHz(クアッドコア)
音声通信方式 3G:CDMA2000 1xMC
CDMA 1X
(新800MHz/2GHz)
W-CDMA
(850MHz/2GHz)
2G:GSM
(1.9GHz/1.8GHz/900MHz)
データ通信方式 3.9G: FDD-LTE
au 4G LTE
(新800MHz/1.5GHz/2.1GHz)
3.5G:CDMA2000 1xEV-DO MC-Rev.A
WIN HIGH SPEED
CDMA2000 1xEV-DO Rev.A
CDMA 1X WIN
CDMA2000 1xEV-DO Rel.0
(CDMA 1X WIN)
UMTS
W-CDMA
3G:CDMA2000 1xMC
(CDMA 1X)
その他:無線LAN
(IEEE 802.11a/b/g/n/ac 5GHz/2.4GHz)
形状 ストレート型
サイズ 144 × 72 × 9.1 mm
質量 152 g
連続通話時間 約1000分
連続待受時間 約550時間(3G)/約530時間(LTE)
充電時間 約130分
バッテリー 2500mAh(取り外し不可)
内部メモリ ROM:32GB
RAM:2GB
外部メモリ microSD
(最大2GB・KDDI公表)
microSDHC(最大32GB・KDDI公表)
microSDXC(最大64GB・KDDI公表)
日本語入力 LG日本語キーボード(iWnnベース)
FeliCa Felica/NFC
赤外線通信機能 あり
テザリング あり(最大8台)
Bluetooth 4.0
放送受信機能 ワンセグ
外部接続 microUSB
(SlimPort共用)
3.5φイヤホンマイク端子
備考 1. 製造国:
大韓民国の旗 韓国
2. 最大192kHz/24bitによるハイレゾ音源の再生機能に標準で対応
3. SAR値
0.216W/kg(側頭部)[1]
メインディスプレイ
方式 IPS
解像度 FHD
(1920×1080ドット
サイズ 5.2インチ
表示色数 約1677万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 1320万画素CMOS
機能 フルハイビジョン動画撮影
高解像度ズーム
マルチポイントAF
デュアル録画/デュアル撮影
サブカメラ
画素数・方式 240万画素CMOS
カラーバリエーション
Aqua
Blue
White
Black
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

isai LGL22(イサイ エルジーエル ニーニー)は、韓国のLGエレクトロニクス(輸入発売元:LGエレクトロニクスジャパン)によって日本国内向けに開発された、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話CDMA 1X WIN、および第3.9世代移動通信システムau 4G LTE)対応スマートフォンである。製品番号はKS1204

概要[編集]

LGエレクトロニクスとKDDIが共同開発をした機種である。かつてのau design project、現在のiida projectの中心人物だった小牟田啓博率いるデザイン事務所の「Kom&Co.」が本機のデザインの企画を担当している[2]

機種名の「isai」には「スマートフォンの異才でありたい」という意味が込められている。キャッチコピーは「イガイなデアイを」LG G2と似ているがG2はベースになっていない[3]

基本的な性能はLG G2とほぼ同等である。UIも通常のLG製端末で採用されているモノではなく独自の「isaiスクリーン」を採用している。G2などと同じUIにすることも可能。

カラーバリエーションは「水」をテーマとした4色展開となっている。G2と異なり音量キー・電源キーは背面ではなく側面に配置されており、カメラから光学手ブレ補正機能が省略されている。

最大192kHz24bitによるハイレゾ音源(ハイレゾリューションオーディオ)の再生機能に標準で対応している[4]。LGの日本市場向けスマートフォンでは初めて、Quadbeatシリーズのイヤホンを標準で同梱している。同梱されているのはQuadbeat2で、試供品扱いである。

他にも日本向け機能としてワンセグ・赤外線通信・防水・おサイフケータイに対応している。

沿革[編集]

  • 2013年10月2日 - KDDI、およびLGエレクトロニクスジャパンより公式発表。
  • 2013年11月23日 - Aqua、およびWhiteが先行発売。
  • 2013年11月28日 - Blackが発売。
  • 2013年12月5日 - Blueが発売。

搭載アプリ[編集]

  • 電話
  • インターネット
  • Eメール
  • Eメール (au)
  • SMS
  • 連絡先
  • カレンダー
  • アラーム時計
  • ボイスレコーダー
  • 天気
  • 電卓
  • カメラ
  • ギャラリー
  • 音楽
  • Qリモート
  • 赤外線
  • POLARIS Viewer 5
  • 辞書
  • テレビ
  • タスクマネージャ
  • 動画
  • スクリーンショットシェア
  • LGキーボード(iWnnカスタマイズ版)
  • ファイルマネージャー
  • おサイフケータイ
  • バーコードリーダー
  • ナビウォーク
  • メモ
  • ノートブック
  • タスク
  • auショッピング
  • au Market
  • auスマートパス
  • SmartWorld
  • ビデオパス
  • ブックパス
  • ゲームギフト
  • TOLOTフォトブック
  • LAWSON
  • テレビ
  • auテレビ Gガイド
  • ビデオエディタ
  • ANAP INTERFACE auホームアレンジ
  • じぶん銀行
  • LISMO
  • うたパス
  • KKBOX
  • 音楽番組Ch
  • おはなしアシスタント
  • ライフスクエア
  • auお客さまサポート
  • au ID 設定
  • au災害対策
  • 3LM Security
  • NFCメニュー
  • リモートサポート
  • NFCタグリーダー
  • GLOBAL PASSPORT
  • auかんたん設定
  • 安心アクセス
  • 取扱説明書
  • Facebook
  • LINE
  • 音声検索
  • Chrome
  • Gmail
  • Google
  • Google+
  • Google設定
  • Playブックス
  • Playストア
  • Playムービー
  • Playゲーム
  • ハングアウト
  • 音声検索
  • マップ
  • ナビ
  • ローカル
  • YouTube

メモ Qスライド Qメモ

主な機能[編集]

※PC向けWebブラウザが標準装備されている。携帯向けサイト(EZWeb)は他のスマートフォンやPCと同じく閲覧不可。

主な機能・対応サービス
auウィジェット
Webブラウザ
LISMO!
for Android
[5]
メディアプレイヤー[6]
LISMO WAVE
ハイレゾ音源再生プレイヤー
(最大192kHz/24bit
おサイフケータイ
NFC
ワンセグ[7]
フルセグ
DLNA/DTCP-IP
au one メール
PCメール
Gmail
EZwebメール
デコレーションメール
デコレーションアニメ
Skype au PCドキュメント
au Smart Sports
Run & Walk
Karada Manager
ゴルフ(web版)
Fitness、歩数計
GPS
方位計
au oneナビウォーク
au one助手席ナビ
au one ニュースEX
au one GREE
かんたんメニュー[8][9]
じぶん銀行
緊急速報メール Bluetooth 無線LAN機能
(Wi-Fi)
赤外線通信 WIN HIGH SPEED
au 4G LTE[10][11]
グローバルパスポート auフェムトセル
microSD
microSDHC
モーションセンサー(6軸) 防水
防塵
簡易留守録
着信拒否設定

アップデート・不具合など[編集]

2014年3月10日のアップデート[12]
  • Wi-Fi オン設定時のスリープ状態で電源オフとなる場合がある事象の改善。
  • 伝言メモ再生時、音声がスピーカーから出力される場合がある事象の改善。
2014年7月16日のアップデート[13]
  • Android 4.4へのバージョンアップによる機能、および操作性の向上。
  • 絵文字の入力方法変更、および絵文字の個数追加。
  • ノックコード機能に対応した。

脚注[編集]

  1. ^ au電話の比吸収率について|isai LGL22 - au(KDDI)
  2. ^ 石野純也のMobile Eye(10月28日~11月8日):イー・アクセス版「Nexus 5」の狙い/LG「isai」の開発経緯/シャープスマホの強み (2/3) 「isai」の共同企画で互いの強みを生かすKDDIとLG - ITmedia Mobile(ITmedia) 2013年11月11日閲覧。
  3. ^ [「isai LGL22」開発者インタビュー] 細部にまでこだわり抜いた日本オリジナルモデル - ケータイ Watch
  4. ^ みんなのケータイ・isaiでハイレゾ音源を楽しむ【isai LGL22】 - ケータイWatchインプレス) 2013年12月18日閲覧。
  5. ^ 過去にCD等からPC上のLSIMO Portへ取込んだ楽曲のLシリーズ端末への転送、及び、過去に同電話番号のLISMO対応au携帯電話で購入した着うたフル着うたフルプラス、ビデオクリップのLISMO Portでのバックアップ&Lシリーズ端末への転送は、LISMO Port 5.0が必要(当ツールは2013年11月29日を以て無償ダウンロードによるサービスを終了)となる。このほか携帯のmicroSDからの差し替えやMP3やMP4(M4V含む)などにも対応している。
  6. ^ USB接続のMTPモードにすることによりWindows標準のWindows Media PlayerからWMAでの転送にも対応。ただしWMAはあらかじめインストールされているメディアプレイヤーかLISMO以外のプレイヤーアプリで対応。
  7. ^ 連続視聴時間:約6時間30分
  8. ^ 別途、au one Marketからのダウンロードにて対応
  9. ^ au one Market「かんたんメニュー」 - KDDI
  10. ^ 受信:最大150Mbps/送信:最大12Mbps(2GHz)
  11. ^ 受信:最大75Mbps/送信:最大25Mbps(800MHz)
  12. ^ isai LGL22 アップデート情報 | 製品アップデート情報 | au(KDDI)2014年3月10日
  13. ^ isai LGL22 アップデート情報 | 製品アップデート情報 | au(KDDI)2014年7月16日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
-
LG isaiシリーズ
isai LGL22
次代:
G Flex LGL23