E30HT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
au E30HT
キャリア au
製造 HTC
発売日 2009年5月1日
概要
OS Windows Mobile 6.1
Professional Edition
日本語版
CPU Qualcomm MSM7500A
600MHz
音声通信方式 3G:CDMA 1X
(CDMA2000 1xMC)
(800MHz/新800MHz/2GHz)
データ通信方式 3.5G:CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xEV-DO Rev.A/Rel.0)
3G:CDMA 1X
(CDMA2000 1xMC)
形状 スライド式(QWERTY)
サイズ 106 × 52 × 18 mm
質量 154 g
連続通話時間 約260分(国内モード利用時)
連続待受時間 約330時間(国内モード利用時・移動と静止の組み合わせ)
内部メモリ 約512MB(ROM
約256MB(RAM
外部メモリ microSD
(2GBまで・KDDI公表)
microSDHC
(8GBまで・KDDI公表)
日本語入力 Advanced Wnn
FeliCa なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth あり(2.0+EDR)
放送受信機能 なし
備考 1. 無線LAN対応
IEEE 802.11b/g
2. 製造国:
中華民国の旗 中華民国
3. SAR値:0.563W/Kg
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 640×480ドット
サイズ 2.8インチ
表示色数 6万5536色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約320万画素CMOS
機能 AF(静止画)
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ソフィスティケイティッドブラック
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

E30HT(いー さんぜろ えいちてぃー)は、HTCによって開発された、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話CDMA 1X WIN対応スマートフォンである。HTC Touch ProのKDDIおよび沖縄セルラー電話の各auブランド向けモデルにあたる。

概要[編集]

HTCの端末、HTC Touch Pro(の北米向け[1]CDMA2000派生仕様)がau向けにカスタマイズされた端末。引き出し式のQWERTY配列のキーボードを有しており、長文の入力に適している。Wi-FiBluetoothを搭載しているが、赤外線通信は搭載していない。

後発の同キャリア向け個人ユーザー向けスマートフォンのdynapocket IS02(TSI01/RP8-J01)同様EZwebに対応していない為、@ezweb.ne.jpのEメールアドレスを使ってメールを送受信する事ができない。Cメールは受信のみ可能だが絵文字非対応である[2]。同様にEZサービスであるEZ Felica、「LISMO Music & Video」、EZアプリ(BREW)/EZアプリ「Full Game!」、EZナビウォーク、じぶん銀行用アプリ「じぶん通帳」などには対応していない。

ただし、au ICカードには対応しているので、端末増設での機種変更であれば上記のサービスに対応する旧端末とSIMカードを移し変えれば、これらのサービスは継続して使用できる。希望するのであれば端末増設時にEZwebのオプション(EZ WINコース)も残すことが可能である。EZナビウォークに関してはGPS自体の機能は搭載されている為、付属しているNAVITIMEのアプリケーションを使えばルート検索等もできる。音楽再生機能に関してもWindows Media Player Mobileが搭載されている為、音楽を聴くことや動画を楽しむ事は可能(下記参照)。但し着うた着うたフル着うたフルプラスには対応しない。

本端末で通信を行うためには、EZ WINコースに加入していない場合au.NET(525円/月[3])を利用するか、Packet Win対応のプロバイダとの契約が別途必要となる。また本来はISシリーズのスマートフォンで提供されているIS NETコース(315円/月)を契約して利用することもできる。こちらはEZ WINコースに加入している場合は手続き不要で、利用したときはIS NETへの接続となる。

基本的に法人ユーザー向けの端末であるが、既存の法人ユーザー向け音声用端末のE03CA(2009年5月現在、既に製造終了)及びE05SHE07K(2009年10月29日発売)、E08T2010年2月16日発売)同様、一般ユーザーも入手することが可能だった。

歴史[編集]

ソフトウェア[編集]

ソフトウェアは内蔵のアプリの他、様々なサイトで公開されている。ダウンロードサイトにアクセスし、インストールすることも可能だが、PCでアプリをダウンロードし、Microsoft ActiveSyncを使い、USB経由でE30HTへインストールすることも可能である。

ActiveSync[編集]

同梱されているMicrosoft ActiveSyncはVer4.5である。これはアプリケーションのインストールのほかに、PC上のMicrosoft OutlookとE30HTのPIM(メール、予定表、連絡先、仕事)との同期ができる。企業利用であれば、Microsoft Exchange Serverとのリモートでの同期が図れる。その他に、音楽、動画、WordやExcelなどのファイルのPCとの共有などができる。

搭載されている主なアプリケーション[編集]

主な機能・サービス[編集]

主な対応サービス
LISMO! LISMOビデオクリップ LISMO Video 着うたフル
着うたフルプラス
au BOX ワイヤレスミュージック au Smart Sports
Run & Walk
Karada Manager
カロリーカウンター
EZナビウォーク
EZ助手席ナビ 安心ナビ 災害時ナビ ナカチェン
EZアプリ FullGame!
Bluetooth対戦
EZアプリ(BREW) オープンアプリプレイヤー PCサイトビューアー
EZケータイアレンジ
アレンジメニュー
au oneガジェット じぶん銀行アプリ EZ・FM
EZチャンネル
EZチャンネルプラス
EZニュースフラッシュ
Touch Message EZFeliCa ケータイ de PCメール
デコレーションメール デコレーションアニメ au one メール 緊急通報位置通知
ワンセグ グローバルパスポート
(CDMA・GSM)
無線LAN機能
(Wi-Fi WIN)
赤外線通信 (irSimple)
Bluetooth
auフェムトセル

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 例・スプリント・ネクステル向け等
  2. ^ ただし後発のIS02の場合、システムアップデートを実行する事により同キャリア独自の顔文字を含むCメールの送信が可能となる(2010年10月22日よりシステムアップデートにて対応。ただしIS02単体でアップデートする事ができず、アップデートする際には別途、WindowsがインストールされたPCが必要となる)。
  3. ^ 2010年12月1日改定以前は945円/月
  4. ^ Windows Mobile 6.x Marketplace のサービス終了について - 日本マイクロソフト 2012年5月18日。

外部リンク[編集]