サードウェーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社サードウェーブ
THIRDWAVE CORPORATION
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
101-0021
東京都千代田区外神田二丁目4-4
第一電波ビル 5F
設立 1984年昭和59年)3月31日
業種 小売業
法人番号 4010001018053
事業内容 グループ会社の管理業務及び小売事業
代表者 尾崎健介(代表取締役社長
資本金 4,000万円(2011年7月1日時点)
売上高 320億円(グループ合計:2011年7月期)
従業員数 771名(グループ合計:2012年2月末日時点)
決算期 7月末日
外部リンク http://www.twave.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社サードウェーブ英称: THIRD WAVE CORPORATION)は、「ドスパラDOSPARA)」の商号で日本全国にパソコンショップチェーンを展開する企業。

2012年8月、旧・株式会社サードウェーブから、パソコンの製造事業を行う株式会社サードウェーブデジノス(英称:Thirdwave Diginnos Co., Ltd.)、法人向けコンピューター機器等の製造・販売事業を行う株式会社サードウェーブテクノロジーズ(英称:Thirdwave Technologies Co., Ltd.)、パソコン販売ショップチェーン・通販サイト「ドスパラ(DOSPARA)」運営の株式会社ドスパラ(英称: Dospara Co., Ltd.)の計3社が分割・設立されたが、その後再統合されている。

サードウェーブエクスチェンジ(じゃんぱら)は、発足当初関係会社だったが、現在は独立している。

概要[編集]

1984年の創業当時は、秋葉原の路地裏に小型店舗を構え、海外メーカーのパソコン商品の販売を行っていた。1992年にPC/AT互換機の普及とともに、当時あまり入手ができなかった海外輸入のPCパーツを中心に取り扱い、屋号も「DOS/Vパラダイス」とした。その後全国にチェーン展開を進め、2003年には屋号を「ドスパラ」と改めた。2012年、事業ごとに会社分割され、「ドスパラ」は株式会社ドスパラが運営にあたっていたが2018年に再統合された。現在では、PC専門店として日本最大手の1つとして数えられている。

主たる事業[編集]

パソコン製造事業[編集]

いわゆる「ホワイトボックスベンダー」として、BTO(Build To Order)パソコンを国内で生産している。パソコンでは、オンラインゲーム向けパソコンとしてコアなファンの多い「GALLERIA(ガレリア)」や、映像・DTM製作者向けの「Raytrek(レイトレック)」など、ヘビーユーザー仕様の商品に特徴を持っている。また、一般向けパソコンとして、価格対性能の高い「Diginnos(デジノス)」(以前は「Prime(プライム)」)を展開している。

法人向け事業[編集]

旧・テクノロジーズ。ハードウェアのソリューションベンダーとして、法人向けにサーバ、ワークステーションの製品の販売を行っている。 受注企画を中心に行っており、大手ハードウェアベンダーでは対応しない1台からPC・サーバの仕様を企画するなどの営業活動をしている。 CentOSDebianなどのLinuxの動作保証をしたサーバや、スペックで個別のニーズのあるパソコンを販売している。 近年では、データセンター向けの消費電力の優れた製品や大学・研究所向けにCUDA技術を採用した製品などの開発を行い、特定業界に対しての製品を強めている。

パソコン販売事業[編集]

ドスパラパーツ館(2013年)

「ドスパラ」店舗・通信販売サイトを運営。

パソコン、パソコンパーツおよび周辺機器を中心に、国内外の商品を豊富に取り揃え、販売している。ビデオカードでは、海外で著名であり価格性能比が高いPalitなど、パソコンパーツ輸入商社の老舗らしいマニアックな商品が並べられ、それを目当てとするコアなファンが多い。(パソコンについては「パソコン製造事業」を参照)

2012年8月より、関東地域を対象に、ウェブ通販サイトで正午までの注文を即日で配達するサービスを開始した。

2018年2月現在、22店舗を全国の主要都市に展開[1]

PCアクセサリー・知育玩具販売事業[編集]

株式会社エバーグリーン→ドスパラが展開するも、サードウェーブに吸収合併。

世界中から便利な商品・一風変わったユニークな商品を輸入し、販売を行っている。 IT周辺機器や家電製品を中心に、近年では有名ブランド商品や知育玩具など、ジャンルはこだわらない。 販売ルートとして、上海問屋(店舗、通販)、ダイレクトーキョー(通販)を運営。2013年7月31日に後述の通りドスパラが展開した後サードウェーブに吸収合併。

携帯機器端末リユース事業[編集]

リプロ電子株式会社が展開。

携帯電話下取り支援サービスとして、データ消去、中古携帯の下取り・買取りを行う「Re-secure(リセキュア)」を提供。 自社リユース製品「REPROX(リプロックス)」など、環境に配慮したオリジナルのエコ製品の製品化も積極的に行っている。

主な沿革[編集]

  • 1984年 - コンピュータ関連機器販売を主たる目的として設立。資本金500万円。秋葉原電気街にパソコンショップをオープン。
  • 1988年 - パソコンレンタル事業を開始。
  • 1992年 - 店名「DOS/Vパラダイス」 にてDOS/Vパソコン販売を開始。
  • 1993年 - 「DOS/Vパラダイス」 の全国展開を開始(秋葉原・大阪など)。
  • 1994年 - 関連会社で中古パソコン買取・販売店を出店開始。
  • 1998年 - 秋葉原・大阪・名古屋など主要店舗にて通信販売を開始。
  • 2000年 - 通信販売を統合、インターネット通販サイトのサービスを開始。法人事業部を開設。東京・大阪の2地区に展開。
  • 2003年 - 店名を「DOS/Vパラダイス」から「ドスパラ」へ改名。
  • 2004年 - 名古屋地区に法人事業部署を開設、全国3地区展開に。
  • 2008年 - ホールディングス化。[2]
  • 2010年 - 店舗の大型化リニューアルにより近隣店舗を併合、全国23店舗に集約。
  • 2011年 - 秋葉原に日本最大規模のPCパーツショップ「ドスパラ パーツ館」オープン。[3][補足 1]
  • 2012年
    • 8月 - PCの製造事業・小売事業・法人向け販売の各事業を分割。株式会社サードウェーブデジノス、株式会社ドスパラ、株式会社サードウェーブテクノロジーズが誕生する。
  • 2013年
    • 1月 - グループ会社である株式会社エバーグリーンが運営するユニーク雑貨等を扱う通販サイト「上海問屋」のリアル店舗が、「ドスパラ」店舗内(秋葉原)にオープン。以降、「上海問屋」商品の取り扱いを全国の「ドスパラ」に拡大[4]
    • 7月31日 - グループ会社の株式会社エバーグリーンを株式会社ドスパラが吸収合併[5]
  • 2015年
    • 4月1日 - 株式会社ドスパラと株式会社サードウェーブテクノロジーズが合併[6]
  • 2018年
    • 2月1日 - 株式会社ドスパラおよび株式会社サードウェーブデジノスをサードウェーブに統合[7]。放射線測定器関連事業を東洋メディックに譲渡[8]

イベント協力タレント[編集]

補足[編集]

  1. ^ 2010年11月29日に、株式会社T・ZONEストラテジィよりT・ZONEストラテジィのPC関連製品販売事業の資産譲渡を受けることで、同社と基本合意。資産譲渡の本契約成立後の「T-ZONE. PC DIY SHOP」の跡地に「ドスパラ パーツ館」が開店した
    MAGねっと、T・ZONEの資産をサードウェーブに譲渡,Impress Watch,2010年11月29日)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ドスパラ店舗 全店マップ
  2. ^ 南謙治 (2008年9月17日). “【インタビュー】サードウェーブ 代表取締役 社長 尾崎健介氏にその新展開を訊く”. マイコミジャーナル. 毎日コミュニケーションズ. 2011年3月1日閲覧。
  3. ^ 【三浦優子のIT業界通信】サードウェーブ尾崎健介社長インタビュー~日本最大級「ドスパラ パーツ館」開店の狙い”. PC watch. impress watch (2011年3月4日). 2011年3月4日閲覧。
  4. ^ ユニーク雑貨の注目店「上海問屋」が週末オープン、内部を公開”. PC watch. impress watch (2013年1月23日). 2013年1月23日閲覧。
  5. ^ 株式会社ドスパラ 株式会社エバーグリーン 合併のお知らせ”. 株式会社ドスパラ (2013年7月31日). 2013年10月11日閲覧。
  6. ^ 株式会社ドスパラ 株式会社サードウェーブテクノロジーズ 合併のお知らせ”. 株式会社ドスパラ (2015年3月9日). 2018年4月1日閲覧。
  7. ^ 株式会社サードウェーブは株式会社ドスパラ並びに株式会社サードウェーブデジノスを統合いたしました”. 株式会社サードウェーブ (2018年2月1日). 2018年4月1日閲覧。
  8. ^ 放射線測定器関連事業を東洋メディック株式会社に譲渡いたします”. 株式会社サードウェーブ (2018年2月1日). 2018年4月1日閲覧。

関連項目[編集]

  • デジカ - ドスパラとのタイアップでダウンロードストア「GAMELINER」を運営している。

外部リンク[編集]