プリマベーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

プリマベーラ(Primavera)は日本のタニプロモーションとフォーチュンエンターテイメントに所属する女性タレントで構成されたイリュージョン&マジックユニット。

概要・来歴など[編集]

  • 現役学生を含む、主に1980年代生まれの10代から20代の総勢10人(メイン6人、研修生2人)の女性メンバーで構成されているイリュージョンアイドルユニット。
  • テレビやネット番組などへの出演、小中学校や各種イベントでの公演、舞台公演などをこなす。また、一部メンバーにおいては、グラビア活動も展開するなど、各メンバーの個性を生かした活動を行っている。
  • 全ての公演がフルメンバーでの出演というわけではなく、フレキシブルに対応する形態を取る。
  • プリマベーラとはイタリア語で「春」の意。
  • 現在は東京と名古屋に拠点置き全国規模で活動している。

メンバー[編集]

メンバーそれぞれの芸名は、原則として、プリマベーラとしては下の名前をアルファベットで、個人としては名字+名前(ひらがな)で活動している。

Primavera(プリマベーラ)[編集]

4期

  • CHIKA(チカ):松田ちか、広島県出身、9月8日生まれ、身長157cm B 80cm W 57cm H 84cm、O型

6期

  • MIO(ミオ):藤井みお、奈良県出身、6月2日生まれ、身長162cm B 80cm W 53cm H 81cm、O型

期不明

  • KOYAN(コヤン):東京都出身、1月29日生まれ、身長156cm B型(2016年4月加入)

研修生

  • NATSUMI(ナツミ)
  • RAN(ラン)

卒業生[編集]

1期

  • KAORI(カオリ):石井かおり、茨城県水戸市出身、12月12日生まれ、身長163cm、B84 W58 H85、AB型
  • AKANE(アカネ):深水あかね、大阪府出身、2月7日生まれ、身長165cm、B 83cm W 59cm H 84cm、B型
  • TOMO(トモ):大澤とも、静岡県出身、1月30日生まれ、身長160cm、B90(Gカップ) W59 H87、A型
  • HARUKA(ハルカ):安部はるか、東京都出身、9月11日生まれ、身長161cm B 80cm W 57cm H 83cm、A型
  • EIKA(エイカ)
  • RIE(リエ)

2期

  • RYOKO(リョウコ)
  • KUMI(クミ):堀内くみ、東京都出身、5月27日生まれ、身長161cm B82cm W59cm H 84cm、O型
  • MAI(マイ):福成まい、東京都出身、6月30日生まれ、身長157cm、B82 W57 H82、A型

3期

  • MAMI(マミ):岡部まみ、東京都出身、10月20日生まれ、身長161cm B 84cm W 56cm H 85cm、A型
  • YUI(ユイ):井上ゆい、東京都出身、1月31日生まれ、身長165cm B 83cm W 59cm H 84cm、O型
  • RINA(リナ):奥りな、鹿児島県出身、2月28日生まれ、身長165cm B 73cm W 58cm H 85cm、B型
  • YUNA(ユナ)
  • ERINA(エリナ)
  • AYAKA(アヤカ)
  • YUZUKI(ユズキ):東京都出身、3月13日生まれ、身長160cm、B 85cm W 59cm H 86cm、A型

他名前不明 2名。

4期

  • MINA(ミナ)

5期

  • AYAME(アヤメ):水島あやめ、神奈川県出身、7月13日生まれ、身長161cm B型
  • KANA(カナ)

6期

  • ANZU(アンズ)

7期

  • SUMINA(スミナ):池田すみな、福島県出身、2月9日生まれ、身長162cm B 81cm W 58cm H 82cm、A型

8期

  • HIRO(ヒロ):小宮ひろ、三重県出身、4月30日生まれ、身長161cm B 80cm W 61cm H 86cm
  • NAO(ナオ)
  • MARINA(マリナ)
  • プリマベーラセカンド
  • プリマベーラキッズ
  • ミニプリ

卒業生(詳述)[編集]

  • KAORI:プリマベーラのリーダー兼名古屋チームのリーダー。1期生でありオリジナルメンバー。プリマベーラ結成以前から所属事務所との関わりがある。安室奈美恵ファンで、かつての夢はバックダンサーになること。ダンスの能力はメンバー随一でプリマベーラセカンドやプリマベーラキッズのダンス教育係を兼任する。2012年8月結婚を機に卒業、TOMO・YUIに続き3回目の卒業式が行われた。
  • AKANE:1期生でありオリジナルメンバー。プリマベーラ結成以前から、所属事務所との関わりがある。大阪の天王寺が地元。食べ物の試食や貯金も趣味だが、お笑いが大好き。プリマベーラ一番の「アホ」として自他ともに認められている(これは「ボケ」ではなく、知識のない「アホ」である)。プリマベーラのなかでは、YUIと同じく身長が高い。プリマベーラでデビューしたときは標準語に対応していたが、現在は大阪弁も解禁されているので、両方しゃべる。よみうりテレビの「WWW」(スリーダブリュー)において、「WWWガールズ」の一員として出演していた頃は、極端なアホぶりを発揮した。2011年1月某日、ニコ生三銃士のリーダーである生放送主クニオちゃんからナンパされニコニコ生放送で話題となる。2012年2月のライブを最後に脱退。
  • TOMO:1期生であり、オリジナルメンバー。プリマベーラ結成以前から、所属事務所との関わりがある「古株」。静岡県出身ゆえか、「全国どこからでも富士山が見える」と勘違いをしていた。グラビアアイドルとして、個人の「大澤とも」名義でもグラビアDVDを3枚出している。自然と脱退していくメンバーが多い中、唯一「卒業」と発表され「卒業式」が行われた。
  • KUMI:遠征では、AKANE、MAMIとトリオを組むことが多かった。プリマベーラの中では、歌をそつなくこなすレベル。ちなみに、父親はマスターズで水泳の日本一を争うレベルである。2期生
  • MAMI:プリマベーラのメインメンバーでは最年少。本番でも動じない強心臓の持ち主で、アクシデントがあってもフォローするタフさがある。アニメ好きで、美少女戦士セーラームーン新世紀エヴァンゲリオンローゼンメイデンが好きである。緒方恵美のファン。
  • YUI:動物好きで、「チョコ」という名前の犬を飼っている。背の高さは、AKANEと同じレベルであり、ダンスや撮影時にはAKANEと対称位置になることも多い。
  • HARUKA:プリマベーラの「元祖清純派」。努力家であり、地道な努力によってカード(トランプ)さばきはメンバー随一である。天然ボケ度がかなり高いが、セカンドメンバーのRINAほどは天然ボケではない。

ユニット[編集]

プリマベーラS[編集]

MAMI、KUMI、MAI、AKANE、YUI、KAORIの6人による選抜ユニットであるプリマベーラSが結成され、2009年4月22日に『毎日がキセキ!』でコロムビアレコードよりCDデビューを果たしている。

TOKYO Primavera5[編集]

東京チームのYUZUKI、RINA、CHIKA、MIO、SIMINAで構成されたユニット。2011年3月28日サンシャイン栄のサンシャインスタジオで行われたプリマベーラ名古屋月イチライブで初お披露目、当日は東日本大震災の募金活動も行った。

服装は5色カラーで決められ、YUZUKIは緑色、RINAは青色、CHIKAは赤色、MIOは黄色、SUMINAはピンク(見た目は黒色)のブレザーを着ており胸には、各頭文字のイニシャルワッペンが付けられている。

またブレザーとスカート下はランニングシャツと短パンの夏用の衣裳が仕込まれている。

たまごひめ[編集]

MIOとCHIKAで結成されたユニット。株式会社エッグボックスが運営するアミューズメント施設「VIVACE(ビバーチ)」のPRキャラクター[1]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 楽曲制作 最高位
1st 2009年4月22日 毎日がキセキ! 作詞:tsubasa
作曲:樫原伸彦
編曲:樫原伸彦
196位
2nd 2010年9月22日 夢の扉-DREAM GATE- 作詞:YOFFY
作曲:YOFFY
編曲:大石憲一郎
圏外

出演歴[編集]

テレビ[編集]

ほか

映画[編集]

CM[編集]

  • サンクスホーム(2011年)- MAI・KAORI・AKANE

ライブ・イベント[編集]

  • 新章ぷりまじこ「さあ、今、ここからはじまる」ワンマン公演(2016年10月2日、OSMAND 魔法ダイニングバー)

その他[編集]

  • GyaO (2006年 - 2007年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NEWS&TOPICS”. 株式会社エッグボックス. 2013年5月5日閲覧。

関連項目[編集]

  • ドスパラ - イメージガールを務め、定期的にイベントに出演している

外部リンク[編集]