enish

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社enish
enish,inc.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 3667
2012年12月11日上場
本社所在地 日本の旗 日本
106-6139
東京都港区六本木6-10-1
六本木ヒルズ森タワー39F
設立 2009年2月24日
業種 情報・通信業
法人番号 9011001068959 ウィキデータを編集
事業内容 ソーシャルアプリ事業
代表者 代表取締役社長 安徳 孝平
資本金 18億137万円
発行済株式総数 9011001068959
売上高 54億4901万8000円
(2018年12月末日現在)
営業利益 900万1600株
経常利益 △7億1267万1000円
(2018年12月末日現在)
純利益 △7億1909万9000円
(2018年12月末日現在)
純資産 13億640万2000円
(2018年12月末日現在)
総資産 18億7404万8000円
(2018年12月末日現在)
従業員数 134人(2018年12月末日現在)
決算期 12月末日
会計監査人 東邦監査法人
主要株主 安徳孝平(9.19%)
公文善之(9.19%)
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(3.98%)
外部リンク https://www.enish.com/
テンプレートを表示

株式会社enish(えにっしゅ)とは、ソーシャルアプリの開発・運営を行う会社である。

社名は「縁(えにし)」にちなむ。

概要[編集]

2009年、株式会社シンクロア(現・Kii株式会社)のアプリケーション開発事業部門が母体となり、ヤフー出身の安徳孝平(現・役員)と公文善之(同)が株式会社Synphonieを設立。当初はmixiにゲームを提供していた。その後、GREEのプラットホームオープン化に伴いグリー株式会社が資本参加しGREEでもゲームを提供。

2011年5月、株式会社ザッパラスの経営者であった杉山全功、松本浩介が合流し体制を強化、現社名に商号変更し2012年12月に東証マザーズへ上場を果たす。2013年12月には東証一部に市場変更している。

2013年11月、韓国子会社「enish korea,inc.」を設立。

2014年3月、事業展開のスピードアップを図ることを目的に、安徳孝平が代表取締役に就任した。

2014年4月には中国子会社、2014年7月にはタイ子会社を設立しアジア展開を進めている。

2014年6月、森春幸監査役が辞任し、佐藤完が監査役に就任

2014年12月、杉山全功、松本浩介が辞任

レストランやアパレルショップなどの経営シミュレーションゲームが得意で、ユーザーの半数以上が女性である。2013年からネイティブアプリを提供し[1]欅坂46初の公式ゲームアプリ「欅のキセキ」の開発も行っている。

沿革[編集]

  • 2009年2月 - 株式会社Synphonie設立
  • 2009年10月 - 全国の飲食店と位置情報に連動したケータイゲーム「ぼくのレストラン」を公開
  • 2009年12月 - 「ぼくのレストラン」利用者がmixiアプリ公開からわずか13日で50万人を突破
  • 2011年2月 - 「ぼくのレストランⅡ」がGREE Platform Award 2010 「特別賞」を受賞
  • 2011年4月 - 会社を渋谷区広尾へ移転
  • 2011年6月 - 探索型ロールプレイングゲーム『ポケットダンジョン』を「GREE」にて提供開始
  • 2011年7月 - フジテレビ、グリーと共同企画のソーシャルゲーム「料理の鉄人 forGREE 新たな挑戦者達」を提供開始
  • 2011年8月 - 「ぼくのレストランⅡ」が「GREE Platform 2011年上半期優秀アプリ表彰」においてシミュレーションゲーム最優秀賞を受賞
  • 2012年8月 - 「ぼくのレストランⅡ」が「GREE Platform Award – The first half of 2012 -」において優秀賞を受賞
  • 2012年9月 - 株式会社enishに社名変更
  • 2012年12月 - 東京証券取引所マザーズに上場
  • 2013年3月 - 「ぼくのレストランⅡ」が「GREE Platform Award 2012」においてシミュレーションゲーム最優秀賞を受賞、「ドラゴンタクティクス」が「GREE Platform Award 2012」において優秀賞を受賞。会社として「GREE Technology Award 2013」において優秀賞を受賞
  • 2013年5月 - 「魁!!男塾 ~連合大闘争編~」提供開始
  • 2013年11月 - 初の海外拠点「enish Korea,inc(韓国・ソウル支社)」設立
  • 2013年12月 - 東京証券取引所マザーズ市場から市場第一部へ株式市場変更
  • 2013年12月 - 本社機能を東京都港区の六本木ヒルズ森タワー39Fに移転
  • 2014年3月 - 安徳孝平が代表取締役に就任
  • 2014年4月 - Enish China Limited.(中国・上海支社)設立
  • 2014年5月 - 「ぼくのレストラン3」提供開始
  • 2014年6月 - 「バハムートクライシス」提供開始
  • 2014年11月 - 「千年の巨神」提供開始
  • 2015年11月 - ソーシャルメディアアプリ「EDIST.」提供開始。
  • 2016年1月12日 - 女性向けのファッションレンタルサービス「EDIST. CLOSET」開始(2018年12月1日に株式会社アドベンチャーに譲渡[2]
  • 2017年6月 - 「Yahoo!ゲーム プレイヤー」の提供開始(enishが開発に携わる[3]
  • 2017年10月 - 「欅のキセキ」提供開始。欅坂46初の公式ゲームアプリで、配信から2日で100万ダウンロードを達成[4]、2019年4月4日には400万ダウンロードを突破[5]

提供アプリ[編集]

  • ぼくのレストランⅡ(2010年6月提供開始)
  • ガルショ☆(2010年11月提供開始)
  • 料理の鉄人 ~新たな挑戦者達~(2011年7月提供開始)
  • ドラゴンタクティクス(2012年7月提供開始)
  • 魁!!男塾 ~連合大闘争編~(2013年5月提供開始)
  • 欅のキセキ(2017年10月提供開始)
  • HiGH&LOW THE GAME ANOTHER WORLD(2019年10月提供開始)

リリース予定のアプリ[編集]

運営が移管またはサービスが終了したアプリ[編集]

  • ぼくのレストラン(2009年12月提供開始 終了日不明)
  • ボクらのポケットダンジョン2(2012年1月提供開始 その後タイレルシステムズに移管 2017年10月23日終了)
  • プラチナ☆ガール(2011年12月提供開始 2017年4月株式会社ビジュアライズへ譲渡)
  • PROJECT ARMS(2012年10月提供開始 終了日不明)
  • ぼくのレストラン3(2014年5月提供開始 終了日不明)
  • MIRAMIRA(2015年8月提供開始 2016年4月28日終了)
  • バハムートクライシス(2014年6月提供開始 2015年1月26日より株式会社コアエッジにより「バハムートクライシス ゼロ」として再始動 2018年5月30日終了)
  • 千年の巨神(2014年11月提供開始 2015年11月4日よりインタラクティブブレインズへ移管 2016年8月22日終了)
  • ゆるかみ!(2015年10月提供開始 2016年4月15日終了)スクウェア・エニックスとの共同開発
  • EDIST.(2015年11月提供開始 終了日不明)ソーシャルメディアアプリ
  • 12オーディンズ(2016年1月提供開始 2018年10月31日終了)
  • ぼくのレストラン3DX(2015年6月提供開始 2016年5月株式会社ビジュアライズへ移管)
  • 仮面ライダー バトルラッシュ(2016年7月25日提供開始 2019年6月27日終了)開発。提供はバンダイナムコエンターテインメント
  • metune(2017年4月提供開始 2018年3月31日終了)恋活・婚活アプリ

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]