miHoYo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社miHoYo
miHoYo Inc.
米哈游网絡科技股份有限公司
MiHoYo Games.png
種類 株式会社(日本法人)
本店所在地 201103
中華人民共和国の旗 中国 上海市徐匯区宜山路700号C4棟6層
設立 2012年2月13日
業種 情報・通信業
法人番号 5010001170407 ウィキデータを編集
事業内容 ゲームの開発・運営
代表者 刘伟
外部リンク 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

miHoYo(ミホヨ)は、ソーシャルゲームの開発、運営を手がける中華人民共和国上海市に本拠を置く企業。正式名称は上海米哈游网絡科技股份有限公司。世界で2000万人以上のユーザーを獲得した崩壊学園を開発・運営していることで知られている[1]2015年には東京都に日本支社を開設した。

概要[編集]

miHoYoは2011年ごろに、IT分野を専攻していた3人の上海交通大学大学院生によって、日本のオタク文化を取り入れたモバイルゲームを制作するために立ち上げられた[2]

「miHoYo」という社名は萌え感が強くてオタクっぽい「み」(mi)を頭文字とし[注 1]、「Ho」と「Yo」は、経営者2人の名前に由来する[1]。会社のスローガンは「tech otakus save the world」(技術的なオタクは世界を救う)[1]

miHoYoのスタッフは『新世紀エヴァンゲリオン』のファンであり、初期に発表した同人ゲーム『Fly me 2 the moon』の題名はエヴァンゲリオンのエンディングに使われたジャズのスタンダード・ナンバー『フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン』に由来しており、代表作である崩壊学園シリーズに紫やオレンジが多用されているのも、これに由来する[3]

2015年2月には日本法人を立ち上げ、同年3月には『崩壊学園[注 2]の配信が行われた[3]

2019年にはコンシューマゲーム市場への参入を表明、第1弾タイトルとしてPlayStation 4用ソフト『原神』を発表した。

2020年9月に『原神』をPC, iOS, AndroidそしてPlayStation4にて同時リリース。

miHoYoは、シンガポールに国際事業を担当する完全子会社「miHoYo International Pte.Ltd.」を所有し、東南アジア市場および国際市場運営を担当しています。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 中国語で「オタク」、「マニア」の類いは「迷(mí)」と言って、「米(mǐ)」とほぼ同音。
  2. ^ 日本で配信されている『崩壊学園』は、中国語版『崩壊学園2』を日本向けにローカライズしたものである

出典[編集]

関連項目[編集]

 

外部リンク[編集]