原神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
原神
Genshin Impact logo.svg
ジャンル オープンワールドアクションRPG
ゲーム
対応機種 Windows 7/8.1/10(64-bit)
PlayStation 4(PS4 Pro対応)
PlayStation 5
iOS/Android
Nintendo Switch
必要環境 【Windows】
CPU:Intel® Core i5以上
RAM:8GB以上
GPU:NVIDIA® GeForce® GT 1030以上
DirectX:11
ROM:30GB以上
【iOS】
OS:iOS9.0以降
CPU:A11 Bionic以上
※Android版と違いフレーム上限は自動的に60FPS
GPU:3コア以上
RAM:3GB以上
ROM:8GB以上
【Android】
OS:Android 7以降
CPU:Snapdragon 835以上など
※ARMv8-A(64-bitのみ)
GPU:Adreno 540以上など
RAM:3GB以上
ROM:8GB以上
フレーム上限:30FPS
※SD720G以上には60FPS可能
推奨環境 【Windows】
CPU:Intel® Core i7以上
RAM:16GB以上
GPU:NVIDIA® GeForce® GTX 1060以上
【Android】
OS:Android 8.1以降
CPU:Snapdragon 845及びKirin 810以上
GPU:Adreno 630及びMali-G52 MP6以上など
RAM:4GB以上
フレーム上限:60FPS(iOS版と同様)
ゲームエンジン Unityエンジン
開発元 miHoYo
発売元 miHoYo
キャラクターデザイン miHoYo
メディア 基本プレイ無料ダウンロード
プレイ人数 1〜4人(オンライン専用)
発売日
  • Windows
    iOS/Android
    PlayStation 4
  • 2020年9月28日
  • PlayStation 5
  • 2020年11月12日
  • Nintendo Switch
  • 未定
売上本数 世界の旗 1000万以上(スマホ版)
レイティング 日本の旗 CEROC(15才以上対象)
アメリカ合衆国の旗 ESRBT(13歳以上)
欧州連合の旗 PEGI12
世界の旗 IARC:12歳以上(スマホ版)
コンテンツアイコン CERO:セクシャル
ESRB:Alcohol Reference, Fantasy Violence, In-Game Purchases, Users Interact
PEGI:In-Game Purchases, Violence
キャラクター名設定 変更可
画面サイズ 1920×1080ピクセル以上(4K対応)
キャラクターボイス あり(主人公パートボイス)
その他 ゲームパッド対応(PC版のみ)
クロスセーブ対応(miHoYoアカウント必要)

原神』(げんしん、英語: Genshin Impact)は、中国のゲーム会社miHoYoによって開発および運営されるオンラインゲーム[1]

内容は基本プレイ無料(アイテム課金制)スタイルのファンタジーオープンワールドアクションロールプレイングゲーム。PC(Microsoft Windows)、スマートフォン(iOS / Android)、PlayStation 4PlayStation 5Nintendo Switchのマルチプラットフォーム展開を予定しており、このうちPC・スマートフォン・PS4版は2020年9月28日より全世界同時にサービス開始され、PS5版では同年11月12日に配信開始(Switch版のリリース時期は未定)[要出典]

miHoYoとしては『崩壊学園』シリーズに続いて2番目のオリジナルIPタイトルとなり[2]、加えてPS5・PS4・Switch版はmiHoYo初のコンソール機用ゲームとなる[要出典]

本作は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』から影響を受けていると公言している[3]

内容[編集]

本作では冒頭で双子の兄妹から一方を選び、選んだキャラクターがプレイヤーの操作する主人公となる。ストーリーの進行やガチャによってさらに操作可能なキャラクターを入手できる。操作キャラクターは最大4人の編成から瞬時に切り替えることができる。

キャラクターはそれぞれ「元素」と呼ばれる7種類(炎、水、風、雷、草、氷、岩)の属性のうち1つを持ち、元素を帯びた攻撃を行う「元素スキル」を扱うことができる。敵キャラクターも元素による攻撃を行うほか、元素フィールド上にある水溜り、かがり火、草むらなどにも元素が存在する。元素はその組み合わせによって、「燃焼」や「凍結」、「超電導」などさまざまな効果を発揮する。フィールド上には元素に反応して起動する仕掛けが散りばめられており、この仕掛けを解くことでストーリーを進めたり、アイテムを入手したりできる。このように元素は本作のシステムを構成する中心的な要素の1つである。また、元素は本作の世界観にも大きく関わっている。

ストーリー[編集]

兄妹は多くの世界を渡り歩いていた。幻想世界テイワットに訪れた際、謎の神との戦いに敗北し、力の殆どを失って、長い時を眠ったまま過ごすこととなった。目が覚めた時、兄妹はその片割れと離れ離れになっており、未来のテイワットにおいて出会った謎の妖精パイモンを傍らに置くこととなる。双子の片割れとの再開を目指し、多くの人々と出会いながら、七つの国を巡り、七柱の神を尋ねる旅が始まる。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

空(そら) - Aether/蛍(ほたる) - Lumine ※デフォルト名
声 - 堀江瞬(空)、悠木碧(蛍)
性別 - 男(空)・女(蛍)/レア - ☆5/元素 - 岩・風/使用武器 - 片手剣/命の星座 - 旅人座/誕生日 - プレイヤー設定
本作の主人公。双子の兄妹であり、ゲーム開始時に選んだ性別でどちらを主人公とするか決定する。ゲーム開始後に変更することはできず、選ばなかった方の兄妹はゲーム内のNPCとしてストーリーに登場する。名前はプレイヤーが任意に決定することが出来、作中では主に「旅人」と呼ばれる。七国どれとも違う白い装束に身を包み、神の目に頼らずに元素力を扱う事ができる、主人公にして謎多き人物。現在は殆どの能力を失っており、テイワットを旅するうちに少しずつ本来の能力を取り戻していく。
ストーリーでは基本的に殆ど喋らないものの、メニュー画面からボイスを聞くとパイモンとの数多くの掛け合いを聴くことができる。
パイモン - Paimon
声 - 古賀葵
テイワットで主人公が最初に出会う謎の妖精。一人称は「オイラ」。小柄な子供で、常に浮遊している。性別は不明。
元気だが怖がりで非常に俗っぽい。相手を妙なあだ名で呼ぶのが癖で、怒ると屈辱的なあだ名をつける(日本語版ではウェンティを「吟遊野郎」と呼ぶが英語版では「Tone deaf bard(音痴な吟遊詩人)」と呼んでいる)。
ストーリーではめったに台詞を喋らない主人公の代弁者であり、システム的なナビゲート役でもある。
天理の調停者
声 - 釘宮理恵
オープニングのみで、主人公が交戦した謎の神。
正体は『崩壊』シリーズの主人公である空の律者(キアナ)が似ていると思われる。

モンド[編集]

風神バルバトスが切り開いた、流浪の民族を祖に持つ国。自由を信条とするバルバトスの意向により、王が存在していない。

アンバー - Amber
声 - 石見舞菜香
性別 - 女/レア - ☆4/元素 - 炎/使用武器 - 弓/命の星座 - 小兎座/誕生日 - 8月10日
モンド唯一の偵察騎士を務める少女。卓越した飛行技術を持ち、「飛行チャンピオン」として三連覇するという偉業を達成している。
主人公と出会い、モンドに導いた序盤の案内役。活発な少女で、自由な気風の持ち主。
ジン・グンヒルド - Jean Gunnhildr
声 - 斎藤千和
性別 - 女/レア - ☆5/元素 - 風/使用武器 - 片手剣/命の星座 - 仔獅子座/誕生日 - 3月14日
モンド西風騎士団において、大団長ファルカに代わり指揮を執る代理団長
モンドの危機の際に活躍した主人公に栄誉騎士の称号を授け、たびたびサポートしてくれる。トワリンを鎮める際には旅に同行する。
ガイア・アルベリヒ - Kaeya Alberich
声 - 鳥海浩輔
性別 - 男/レア - ☆4/元素 - 氷/使用武器 - 片手剣/命の星座 - 孔雀羽座/誕生日 - 11月30日
ジンの右腕を務める眼帯をつけた青年。口八丁が非常に達者な騎兵隊隊長。
先祖に海賊を持つとされ、その秘宝にまつわる話で主人公を振り回すが、それも宝盗団を捕らえるための作戦だったという腹黒さを物語る一幕がある。
リサ・ミンツ - Lisa Minci
声 - 田中理恵
性別 - 女/レア - ☆4/元素 - 雷/使用武器 - 法器/命の星座 - 砂時計座/誕生日 - 6月9日
西風騎士団の図書館司書で、ジンの友人。非常にマイペースな魔女。
おっとりした物腰の妖艶な美女。要領は良いものの仕事に対しては常に無気力で、難題を押し付ける相手には不機嫌を露わにし、怒ると非常に恐い。
ディルック・ラグヴィンド - Diluc Ragnvindr
声 - 小野賢章
性別 - 男/レア - ☆5/元素 - 炎/使用武器 - 両手剣/命の星座 - 夜梟座/誕生日 - 4月30日
モンド最大の酒造「アカツキワイナリー」のオーナーにして、名家ラグヴィンド家の当主。物静かな青年。
元は西風騎士団の優秀な騎士だったが、とある事件から騎士団を見限って退団。そのことからジンからは「先輩」と呼ばれている。トワリンを鎮める際にはジンとともに同行する。
たまにバーテンダーとしてカウンターに立っているが、実は下戸。
ウェンティ - Venti
声 - 村瀬歩
性別 - 男/レア - ☆5/元素 - 風/使用武器 - 弓/命の星座 - 歌仙座/誕生日 - 6月16日
モンドを旅する吟遊詩人の少年。目覚めた主人公が最初に目撃する人物でもある。
詩人として秀でているが非常に自由気ままで飄々とした性格。酒好きだが見た目が年若い少年のように見えるため、それで難儀をすることもあるらしい。
その正体はモンドを拓いた風神バルバトス。親友である四方守護トワリンが苦しんでいることを見かね、主人公とともに彼を鎮めるために旅に同行する。
バーバラ・ページ - Barbara Page
声 - 鬼頭明里
性別 - 女/レア - ☆4/元素 - 水/使用武器 - 法器/命の星座 - 金杯座/誕生日 - 7月5日
ジンの義妹で、西風教会に所属しているアイドル。
アストローギスト・モナ・メギストス - Astrogist "Mona" Megistus
声 - 小原好美
性別 - 女/レア - ☆5/元素 - 水/使用武器 - 法器/命の星座 - 映天座/誕生日 - 8月31日
クレー - Klee
声 - 久野美咲
性別 - 女/レア - ☆5/元素 - 炎/使用武器 - 法器/命の星座 - 四つ葉座/誕生日 - 7月27日
フィッシュル・ヴォン・ルフシュロス・ナフィードット(エミ)
Fischl von Luftschloss Narfidort (Amy)
声 - 内田真礼
性別 - 女/レア - ☆4/元素 - 雷/使用武器 - 弓/命の星座 - 幻ノ鴉座/誕生日 - 5月27日
ノエル - Noelle
声 - 高尾奏音
性別 - 女/レア - ☆4/元素 - 岩/使用武器 - 両手剣/命の星座 - 心護座/誕生日 - 3月21日
レザー - Razor
声 - 内山昂輝
性別 - 男/レア - ☆4/元素 - 雷/使用武器 - 両手剣/命の星座 - 狼座/誕生日 - 9月9日
ディオナ - Diona
声 - 井澤詩織
性別 - 女/レア - ☆4/元素 - 氷/使用武器 - 弓/命の星座 - 子猫座/誕生日 - 1月28日
ベネット - Bennett
声 - 逢坂良太
性別 - 男/レア - ☆4/元素 - 炎/使用武器 - 片手剣/命の星座 - 岐路座/誕生日 - 2月29日
スクロース - Sucrose
声 - 藤田茜
性別 - 女/レア - ☆4/元素 - 風/使用武器 - 法器/命の星座 - フラスコ座/誕生日 - 11月26日
アルベド - Albedo
声 - 野島健児
性別 - 男/レア - ☆5/元素 - 岩/使用武器 - 片手剣/命の星座 - 白亜の申し子座/誕生日 - 9月13日

璃月[編集]

りーゆえ。テイワット最大の繁栄を持つ国で、岩神モラクスや仙人と、璃月七星という商人たちにより統治されている。非常に長い歴史を持つ国で、古の契約の加護によって守られている商業国家。

凝光(ぎょうこう) - Ningguang
声 - 大原さやか
性別 - 女/レア - ☆4/元素 - 岩/使用武器 - 法器/命の星座 - 璣衝儀座/誕生日 - 8月26日
璃月七星・天権(てんちゅえん)。国一の莫大の富を持ち、実質璃月のトップともいえる才媛。
空中楼閣・群玉閣に居を構え、策謀を巡らせている。岩王帝君が殺害された後、無実を証明するために奔走していた主人公を自らの領域に招く。
刻晴(こくせい) - Keqing
声 - 喜多村英梨
性別 - 女/レア - ☆5/元素 - 雷/使用武器 - 片手剣/命の星座 - 紫金錘重座/誕生日 - 11月20日
璃月七星・玉衝(ゆんへん)。建設と土地管理を担う璃月の商人。年若い女性だが非常に勤勉。しかし周囲に自分と同じだけの労働を求める悪癖がある。
群玉閣へ向かう主人公たちの前にとある経緯で姿を現す。当初は岩神や仙人に対して強い反発意識を持ち、不敬な発言を物ともせず、人間たちの自立を目指している思想家でもある。だが…?
七七(なな) - Qiqi
声 - 田村ゆかり
性別 - 女/レア - ☆5/元素 - 氷/使用武器 - 片手剣/命の星座 - 三清鈴座/誕生日 - 3月3日
薬屋・不卜盧の店番をしている、小柄な少女の姿をしたキョンシー。薬師・白朮(びゃくじゅつ/声 - 遊佐浩二)によって蘇ったらしい。
送仙の儀を行うために璃月を回っていた主人公たちに、高額な薬品の対価として幻の仙獣・ココナッツヒツジの狩猟を願い出てくる。
鐘離(しょうり) - Zhongli
声 - 前野智昭
性別 - 男/レア - ☆5/元素 - 岩/使用武器 - 長杓武器/命の星座 - 岩王帝君座/誕生日 - 12月31日
葬儀屋・往生堂に招かれた謎の侠客。浮世離れした青年で、非常に博学だが商人の国の者らしからぬ金銭感覚の無さを弱点とする。
タルタリヤに助けられた主人公たちを庇護し、神事・送仙儀式を執り行うために行動を共にする。
その正体は死んだ筈の岩王帝君こと岩神モラクス。古い契約によって人間たちを守護し続けてきたが、とある商人との会話で自らの役目の終わりを見て、神の座から降りるためにとある計画を画策した。
魈(しょう) - Xiao
声 - 松岡禎丞
性別 - 男/レア - ☆5/元素 - 風/使用武器 - 長柄武器/命の星座 - /誕生日 - 4月17日
重雲(ちょううん) - Chongyun
声 - 斉藤壮馬
性別 - 男/レア - ☆4/元素 - 氷/使用武器 - 両手剣/命の星座 - 乾坤鋒座/誕生日 - 9月7日
香菱(しゃんりん) - Xiangling
声 - 小澤亜李
性別 - 女/レア - ☆4/元素 - 炎/使用武器 - 長柄武器/命の星座 - 長杓座/誕生日 - 11月2日
行秋(ゆくあき) - Xingqiu
声 - 皆川純子
性別 - 男/レア - ☆4/元素 - 水/使用武器 - 片手剣/命の星座 - 錦織座/誕生日 - 10月9日
北斗(ほくと) - Beidou
声 - 小清水亜美
性別 - 女/レア - ☆4/元素 - 雷/使用武器 - 両手剣/命の星座 - 南天海山座/誕生日 - 2月14日
辛炎(しんえん) - Xinyan
声 - たかはし智秋
性別 - 女/レア - ☆4/元素 - 炎/使用武器 - 両手剣/命の星座 - 紅檀四弦座/誕生日 - 10月16日
甘雨(かんう) - Ganyu
声 - 上田麗奈
性別 - 女/レア - ☆5/元素 - 氷/使用武器 - 弓/命の星座 - 仙麟座/誕生日 - 12月2日

稲妻[編集]

神里 綾華(かみさと あやか) - Ayaka Kamisato
声 - 早見沙織
性別 - 女/レア - ☆5/元素 - 氷/使用武器 - 片手剣/命の星座 - /誕生日 - 9月28日

スネージナヤ[編集]

氷に閉ざされた国。ファデュイという仮面をつけた者たちの組織を擁し、各国に外交圧力をかけながら暗躍している。

愚人衆[編集]

ファトゥス。ファデュイの中でも立場ある11人から構成された執行官たちを指す。

第六位『散兵』スカラマシュ - Scaramouche
声 - 柿原徹也
性別 - 男
イベント『帰らぬ熄星』に登場した愚人衆の一人。稲妻風の装束を纏った青年。
最初は稲妻からの浮浪人を名乗って主人公たちと接触するが、その目的は各地に降った隕石の調査である。普段は穏やかだか部下には非常に高圧的。
第八位『淑女』シニョーラ - Signora
声 - 庄子裕衣
性別 - 女
メインストーリーに登場した敵役。妖艶な美女で、右目を覆い隠す左右非対称の仮面をつけている。
風神バルバトスの『神の心』を奪い、璃月でもその暗躍の魔手を伸ばしている。
第十一位『公子』タルタリヤ(アヤックス) - Tartaglia (Ajax)
声 - 木村良平
性別 - 男/レア - ☆5/元素 - 水/使用武器 - 弓/命の星座 - 空鯨座/誕生日 - 7月20日
岩王帝君殺害の容疑をかけられそうになった主人公を助けた青年。顔の横に仮面を装飾具のようにつけている。
気さくな性格だが任務で動く冷徹な執行官であり、その本性は非常に好戦的な戦闘狂。しかし祖国に住む家族との仲は良好で、妹や弟には良き兄として尊敬されている。
本来は一つの属性しか使えないが、水の元素を持つ神の目の他に雷の元素を扱う『邪眼』を所有し、敵対時には二つの元素を操る。

商業的成績[編集]

リリース前に、ゲームには2130万人の事前登録者がおり、その内1600万人は中国からのものだった。コンピュータゲーム業界の専門家によると、『原神』は中国のコンピュータゲームとして最大規模の国際的なリリースが行われた[4][5]

リリース後4日間で、『原神』のダウンロード数は1700万本を超えたと推定されている。リリースの翌週には、その期間で2番目に売上の大きいモバイルゲームとなり、約6000万ドルの収益を得た[5]。 ゲームは12日間で1億ドルの収益を得て、開発費用を回収したと推定されている[6]。その収益は主に中国、日本、韓国、アメリカ合衆国から得ていた[7][8]。 10月10日時点で市場調査会社Niko Partnersのシニアアナリストダニエル・アフマド氏によると、このオープンワールドゲームは、無料でプレイできるとはいえ、「中国の開発者によるオリジナルIPとしては、これまでで最も成功した」と語っており、売り上げ1億ドル(約105億円)に達したと明らかにした。3年4カ月かけ豪快に使った開発費用約100億円を、わずか2週間で見事回収し、中国、日本、韓国、米国での成功に注目が集まっている。[9][10]。 10月20日19時よりイベント祈願「フレアの止まり」「神鋳賦形」の開催が功を奏したと見られ、10月21日に中国、アメリカ、ドイツ、カナダ、オランダ、シンガポール、インドネシア、ベトナム、香港、マカオ、ケイマン島、韓国(他)を含む12の国と地域でApp StoreゲームカテゴリのセールスランキングでTOP1位を獲得した。10月22日に中国App Storeの総合売上げランキングを首位でキープしている事が分かった。『原神』は本日の日本国内のApp Store売上ランキングで、昨日に引き続き2位をキープし、5周年を迎えた『プロ野球スピリッツA』に首位を阻まれ、初の首位獲得はお預けとなった。 [11]。 米国の調査会社Sensor Towerは、10月28日付けのレポート「Genshin Impact Hits Nearly $250 Million in Its First Month, Making It One of the Largest Mobile Game Launches Ever」で、miHoYo『原神』の初月(9月28日〜10月27日)の売上が2億4500万ドル(約255億円)に達したことを明らかにした。この記録はモバイルゲームのローンチとして過去最大級になったという。 『原神』が最も売り上げている国は中国で、売上のおよそ33.5%にあたる8200万ドル(約85億円)以上を稼いだ。2位は日本の5900万ドル(約61億円)、米国は4500万ドル(約47億円)で3位という結果になった。米国においても大きな成功を収め、初月売上世界トップを記録した。 [12]

受賞歴[編集]

  • 「メディアアワード2020」ユーザー投票部門1位
  • 「App Store Best of 2020 ベストiPhoneゲーム」ユーザー投票部門
  • 「Google Play Best of 2020 ベストゲーム2020」ユーザー投票部門 優秀賞[13]

トラブル[編集]

スパイウェア疑惑[編集]

9月25日、Generation-Gameにより原神PC版のアンチチートシステム(不正防止プログラム)MohoyoProtect「mhyprot2」がゲーム終了またはアンインストール後に停止せず、アンインストール後に当該ファイルが自動削除されないとし、これはカーネルレベルで動作するためスパイウェアとして情報を監視および読み取ることが可能であるとする記事が掲載された。[14]

9月28日、原神リリース日にツイッターで前出の記事を転載した投稿[15]がSNS上で広まったことにより、日本のゲームメディア各社に取り上げられ騒動に発展した。[16][17]

9月29日、miHoYoは「mhyprot2」は、不正行為を検知するためのプログラム(アンチチートプログラム)であると説明し、当日のアップデートで、このプログラムはゲーム起動中のみ動作するよう修正済みと報告した。[18]

修正前からゲームのアンインストール後に動作中の「mhyprot2」をコマンドプロンプトで停止する、またはOSの再起動によってこれを停止させることで再度当該プログラムが起動することはなく削除は可能であったが、この修正によりゲーム終了またはアンインストールの直後に停止するようになった。

クリップボード情報取得問題[編集]

iOSは、2020年9月に正式公開されたiOS14よりアプリがクリップボードを読み取る動作を検知すると警告文を通知する機能が実装されている。

iOS14にアップデートをしたiPhoneで本作を起動すると原神によってクリップボード情報がコピーされたことを示す通知が出るため、クリップボード情報を不正に取得しているのではないかと騒動が起きた[1][19]

本件について「テスト用の機能が削除されていなかった」と説明し、その後10月1日のアップデートで修正済みと報告した[20]

情報管理への疑念[編集]

公式サイトに掲載されている利用規約には、多くの中国製アプリ同様に「当社は提供された個人情報の完全なる保護を約束することはできません」とあり、中華人民共和国が制定した国家情報法との関係が指摘されている[17]

個人情報漏洩[編集]

miHoYo公式サイト上にあるパスワード確認ページにおいてアカウントと電話番号を紐付けていた場合、番号が伏せ字なしで表示されるという報告が相次いでいたAutomaton[21]、Gigazine[22]等のメディアで報じられた。本件に関してmiHoYoからのアナウンスはない。


開発[編集]

自社開発費用はリリース時点でおよそ100億円に登り、400人の開発者とスタッフによって3年半かけて作られた[23]

音楽はクラシックオーケストラに加え、ゲーム内の地域の風土・文化に合わせた要素が取り入れられている。収録にはロンドン・フィルハーモニー管弦楽団が協力した[23]

評価[編集]

評価
集計結果
媒体結果
MetacriticiOS: 83/100[24]
PC: 84/100[25]
PS4: 80/100[26]
レビュー結果
媒体結果
デストラクトイド7.5/10[27]
ゲーム・インフォーマー9.25/10[28]
GameSpot7/10[29]
IGN9/10[31]
Hardcore Gamer4/5 [30]
Jeuxvideo.com15/20[32]
ポケットゲーマー4.5/5stars[33]
PC Gamer (US)84/100 [34]

2020年10月9日にゲームメディアである、ファミ通電撃Vジャンプ4Gamerの4メディア合同で実施された東京ゲームショウ特別企画 メディアアワード2020”の結果が発表され、投票数6400超を超え、ユーザー投票1位を獲得した。[35]レビュー収集サイトMetacriticによると、『原神』はPC及びPS4ゲームとして一般的に好意的なレビューを受けた[25][26]ワシントン・ポストのジーン・パークは、『原神』がゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドからのインスピレーションを「誇りを持って」身に着けていると述べているが[36]、ガチャシステムを批判している[37]。本作は『ファミ通』のクロスレビューでは、プラチナ殿堂入りを果たした[38]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 株式会社インプレス (2020年9月30日). “miHoYo、iOS版「原神」の”クリップボード情報取得問題”について声明を発表 情報取得は事実。ただし情報は他所に流していない” (日本語). GAME Watch. 2020年9月30日閲覧。
  2. ^ 米哈游-TECH OTAKUS SAVE THE WORLD” (中国語). mihayo.com. 2019年10月22日閲覧。
  3. ^ 『原神』の開発スタジオに20の質問!超ボリュームのメールインタビュー”. IGN (2020年9月27日). 2020年10月16日閲覧。
  4. ^ “Genshin Impact is biggest international launch of a Chinese game ever”. South China Morning Post. (2020年9月30日). https://www.scmp.com/tech/apps-social/article/3103522/genshin-impact-works-its-magic-become-biggest-global-launch 
  5. ^ a b Genshin Impact Generates $60 Million in First Week as it Becomes World’s No. 2 Grossing Mobile Game”. Sensor Tower Blog. 2020年10月10日閲覧。
  6. ^ Bolding, Jonathan (2020年10月11日). “Grossing over $100m, Genshin Impact recoups development costs in two weeks”. PC Gamer. https://www.pcgamer.com/grossing-over-dollar100m-genshin-impact-recoups-development-costs-in-two-weeks/ 2020年10月14日閲覧。 
  7. ^ Webb, Jack (2020年10月12日). “Genshin Impact has earned over $100 million despite being free”. Evening Standard. https://www.standard.co.uk/tech/gaming/genshin-impact-free-to-play-money-game-a4568906.html 2020年10月12日閲覧。 
  8. ^ 『週刊ファミ通 2020年10月29日号』KADOKAWA、2020年、163頁。
  9. ^ “ゲームニュース 無料で遊べる『原神』、わずか2週間で収益1億ドルを突破”. 中国ゲームズ. (2020年10月12日). https://thedice.com/free-to-play-genshin-impact-grosses-100m-in-just-two-weeks/ 2020年10月12日閲覧。 
  10. ^ “中国産ゲーム「原神」日本でも大躍進、開発費100億円を2週間で回収”. ダイヤモンドオンライン. (2020年10月16日). https://diamond.jp/articles/-/251442 2020年10月16日閲覧。 
  11. ^ “【中国ゲーム】miHoYo『原神』が中国、米国、韓国含む12国・地域でセルランTop1!”. 中国ゲームズ. (2020年10月21日). https://chinagamenews.net/market-info-605/ 2020年10月21日閲覧。 
  12. ^ “miHoYoの『原神』、初月売上2億4500万ドル(約255億円)の衝撃デビュー モバイルゲームで過去最大級のローンチ【Sensor Tower調査】”. Social Game info. (2020年10月29日). https://gamebiz.jp/?p=280034 2020年10月29日閲覧。 
  13. ^ “この度『原神』は皆様からの厚いご支援を受け「The Game Award 2020 ベストモバイルゲーム賞」及び「The Game Award 2020 ベストRPGゲーム賞」にノミネートされました。”. Social Game info. (2020年12月11日). https://twitter.com/Genshin_7/status/1337232440268521472 2020年12月11日閲覧。 
  14. ^ Genshin Impact Installe Un Spyware Sur Votre PC Qui Vous Surveille Comment Le Supprimer (Mihoyo Protect Mhyprot2.Sys)”. Generation-Game (2020年9月25日). 2020年10月8日閲覧。
  15. ^ https://twitter.com/mkd_light/status/1310447808453861376” (2020年9月28日). 2020年10月8日閲覧。
  16. ^ 「原神」、ゲーム終了後は不正防止プログラムが停止する仕様に 開発元はスパイウェア疑惑を否定” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年9月30日閲覧。
  17. ^ a b 坂田憲亮 (2020年10月1日). “スパイウェア疑惑で炎上? 話題の『原神』を実際に遊んでみた”. リアルサウンド. blueprint. 2020年10月7日閲覧。
  18. ^ アンチチートプログラム(anti-cheat)について”. miHoYo (2020年9月29日). 2020年10月8日閲覧。
  19. ^ 「原神」iOS版に「クリップボードを読み取っている」と指摘 運営元は「テスト用の機能が削除されていなかった」と修正を発表” (日本語). ねとらぼ. 2020年9月30日閲覧。
  20. ^ 原神(Genshin)公式さんはTwitterを使っています 「【重要】 iOS版『原神』のクリップボード関連不具合のご報告と修正について、詳細は以下よりご確認ください。 ▼詳細 https://t.co/RSNAkIw34O #原神 #Genshin #miHoYo https://t.co/fYqCLUTsvl」 / Twitter” (日本語). Twitter. 2020年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月30日閲覧。
  21. ^ Yuki Kurosawa (2020年11月10日). “『原神』パスワード確認にて、一部ユーザーの「電話番号」が“丸出し”になっていたおそれあり。地域ごとに再現性異なり、すでに修正済みとの噂も” (日本語). Automaton. 2020年11月21日閲覧。
  22. ^ 人気オンラインゲーム「原神」の公式サイト上からユーザーの電話番号が漏洩” (日本語). Gigazine (2020年11月10日). 2020年11月21日閲覧。
  23. ^ a b 渋谷宣亮 (2020年10月22日). “『原神』の開発スタジオに20の質問!超ボリュームのメールインタビュー”. IGN Japan. 2020年10月21日閲覧。
  24. ^ Genshin Impact for iPhone/iPad Reviews”. Metacritic. 2020年10月27日閲覧。
  25. ^ a b Genshin Impact for PC Reviews”. Metacritic. 2020年10月24日閲覧。
  26. ^ a b Genshin Impact for PlayStation 4 Reviews”. Metacritic. 2020年10月16日閲覧。
  27. ^ Review: Genshin Impact”. Destructoid. 2020年10月6日閲覧。
  28. ^ Genshin Impact Review — Into The Great Wide Open”. Game Informer. 2020年10月6日閲覧。
  29. ^ Genshin Impact Review – Direct Hit”. GameSpot. 2020年10月15日閲覧。
  30. ^ a b Review: Genshin Impact”. Hardcore Gamer (2020年10月6日). 2020年10月10日閲覧。
  31. ^ Genshin Impact Review”. IGN. 2020年10月14日閲覧。
  32. ^ Test du jeu Genshin Impact” (フランス語). Jeuxvideo.com. 2020年10月10日閲覧。
  33. ^ Genshin Impact review - "A true AAA gacha game"”. www.pocketgamer.com. 2020年10月10日閲覧。
  34. ^ Genshin Impact review”. PC Gamer (2020年10月16日). 2020年10月16日閲覧。
  35. ^ “ユーザー投票1位は『原神』に!“東京ゲームショウ特別企画 メディアアワード2020”結果発表”. ファミ通App. (2020年10月9日). https://app.famitsu.com/20201009_1708652/ 2020年10月9日閲覧。 
  36. ^ 'Genshin Impact' tries an interesting live service trick: Make a good game at launch”. Washington Post. 2020年10月7日閲覧。
  37. ^ I spent $130 in ‘Genshin Impact.’ If you might do this, maybe don’t play it.”. Washington Post. 2020年10月10日閲覧。
  38. ^ 『週刊ファミ通 2020年10月29日号』KADOKAWA、2020年、163頁。

外部リンク[編集]