ギョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギョ
ジャンル パニックホラー
漫画
作者 伊藤潤二
出版社 小学館
掲載誌 ビッグコミックスピリッツ
レーベル ビッグコミックス
発表号 2001年50号 - 2002年20号
発表期間 2001年11月12日 - 2002年4月15日
巻数 全2巻
OVA
原作 伊藤潤二
監督 平尾隆之
キャラクターデザイン 高橋タクロヲ
アニメーション制作 ufotable
製作 アニプレックス
ufotable
クロックワークス
小学館
発売日 2012年2月15日
話数 全1話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

ギョ[1]は、伊藤潤二による日本ホラー漫画小学館の『週刊ビッグコミックスピリッツ』で掲載された。奇妙な奇形魚に翻弄されるパニックホラー作品。2012年にアニメ化された。

ストーリー[編集]

忠は恋人の華織を連れて、沖縄にやって来たが、スキューバの最中に水中を弾丸のように泳ぐ生き物に出くわし、その直後にサメに襲われかける。別荘に戻った忠たちだったが、今度は華織がおかしな臭いがすると言い始めた事で口論になり、華織は部屋を飛び出す。しかし、今度は陸上でも目にも止まらない勢いで走る生き物が現れる。

登場人物[編集]

忠(ただし)
原作での主人公。沖縄に旅行に来た華織の恋人。突如歩行魚の襲来に遭う。
華織(かおり)
忠の恋人。神経質で匂いに敏感な潔癖症の女。歩行魚の細菌に感染し奇形化した後自殺、その後小柳の実験材料にされた。
芳山(よしやま)
小柳の研究所の助手。瀕死の小柳によってどこかに連れ去られる。
小柳教授
発明家で忠の叔父。
団長
混乱する都内に突如現れた歩行器を見世物にする謎のサーカス団の団長。

刊行情報[編集]

アニメ[編集]

アニメ文庫第1期作品として『百合星人ナオコサン』、『みのりスクランブル!』と共にアニメ化された。伊藤潤二作品としては初のアニメ作品となる。2011年10月29日から11月4日までプレミア上映も行われている。当初は30分を予定していたが、完成作品は約70分にも及ぶ作品となっている[2]。2012年2月15日にDVD&Blu-ray発売。

原作では犠牲者だった華織が主人公となったため、華織と忠の立場が逆転するなど、配役変更やそれに伴うストーリー展開も大きく異なっている。また、制作側は「ufotable史上もっとも赤字率の高い作品」と語っている。

キャッチコピーは「体感せよ。アノ不思議な魚のフォルム、音、動き。」。

ストーリー(アニメ)[編集]

女友達と共に卒業旅行で沖縄へ旅行に行く事になった華織。しかし、旅行先に足が生え死臭がする奇怪な歩行魚が現れ、更に巨大なサメの様な奇形魚にも襲われる。東京にいる婚約者の忠に連絡をするも不自然に途切れたため心配になり、急遽東京に戻るも既に東京も歩行魚によって埋め尽くされていた。それでも華織は忠を探しに奔走するが、凄惨な悲劇に見舞われてしまう。

登場人物(アニメ)[編集]

華織(かおり)
声 - 片岡未来
アニメでの主人公兼ヒロイン。婚約者の忠との結婚を控えている大学卒業間際の、真面目で恋人に一途な女子大生。国分寺市在住。大学の卒業旅行で沖縄に来たものの歩行魚に遭遇、次の日に忠との電話中に不自然に電話が途切れたため急遽単身で東京に戻る。原因は不明だが、細菌汚染されている環境の中で傷を負っても発症しなかった。
原作の忠と同じ役割を担っている。
忠(ただし)
声 - 根岸拓馬
音響関係の仕事をしている華織の婚約者。東京のお台場に在住しており、実家である沖縄の別荘を提供するもののカナヅチである事と仕事の都合のため華織の旅行には同行しなかった。沖縄での歩行魚の上陸が報道された後、東京で華織と電話中に歩行魚に襲われる。その後、小柳教授を手伝うものの、自身も感染し小柳教授の新型歩行器の実験に使われる。
原作の華織と同じ役割を担っている。
エリカ
声 - 谷口亜実
卒業旅行に来た華織の女友達。現在は彼氏がおらず持て余しており、旅行中に2人のナンパ男を別荘に連れ込む。アキによれば華織の男友達とも肉体関係を持っていた。サメ型歩行魚に襲われた際に足に怪我を負い感染し奇形化、アキに頭部を殴打され撲殺、その後歩行器に取り込まれる。派手な服装に化粧やカメラ写りにこだわるなど自信を持っているらしく、凄まじいTバックを穿いている。奇形化した際には鏡で自分の姿を見て激しいショックを受けていた。
一部原作の華織と同じ役割を担っている。
アキ
声 - 佐伯まさみ
卒業旅行に来た華織の女友達。杉並区在住。少し太り気味で地味であり、性格も暗く男性とは縁がない。普段は大人しいが華織とエリカに対して強い劣等感を抱いており、自分が見下されていることに不満を持っていた。エリカが奇形化するとその姿にショックを受けていたが、自身の醜い姿に絶望する様子を見ると「どう?自分が不細工になった気分は」などと激しく罵り、襲われたため撲殺した。
エリカを殺した後は錯乱状態で街を徘徊し、歩行器に取り込まれたエリカから逃げるうちに溝に転落し、その中で蠢いていた大量の歩行魚の群れに飲み込まれる。終盤のシーンではエリカと共に歩行器に取り込まれていた。
一部原作の忠と同じ役割を担っている。
白河剛(しらかわ つよし)
声 - 阿部英貴
華織が東京に戻る飛行機内で出会ったフリーカメラマン。羽田空港で別れようとするが、華織の婚約者が小柳教授と面識があることを知り、仕事のためと称して華織と同行する。同行の根拠は取材目的だが、華織の身の安全を第一に案じる誠実な人物。父親が冤罪を苦に自殺し、母親もその後を追うように他界した過去がある。
原作の芳山に近い役割。
小柳教授
声 - 岡崎宏
忠の叔父で研究者。新型歩行器に取り込まれた忠に致命傷を負わされ、死ぬ間際に自ら開発した飛行型の歩行器に取り込まれる。ただし原作とは異なり歩行器に取り込まれ腐敗し、切断した片腕には義手は装着していない。
団長
声 - 金子森
謎のサーカス団の団長。都内を進んでいた華織たちの前に突如出現した巨大なテントの中に居た。感染者や普通の人間を団員として従えており、感染者の発するガスを用いたパフォーマンスを披露している。体格や肌の色こそ通常の人間と同様だが、何故か眼だけが感染者と同様に緑色に染まっている。

スタッフ[編集]

ソフト情報[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ロゴ表記は『ギョ うごめく不気味』
  2. ^ 伊藤潤二の魚ホラー「ギョ」ufotableがビデオアニメ化コミックナタリー 2011年3月7日

外部リンク[編集]