平尾隆之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ひらお たかゆき
平尾 隆之
生年月日 (1979-01-10) 1979年1月10日(43歳)
出生地 日本の旗 日本香川県
職業
ジャンル テレビアニメアニメ映画
活動期間 1999年 -
配偶者 千葉絵美
主な作品

映画
魔女っこ姉妹のヨヨとネネ
映画大好きポンポさん


テレビアニメ

GOD EATER
テンプレートを表示

平尾 隆之(ひらお たかゆき、1979年1月10日 - )は、日本アニメーション監督、アニメーション演出家小説家香川県大川郡津田町(現・さぬき市)出身。配偶者はアニメーションの色彩設計者である千葉絵美。

マッドハウスufotableを経て、現在はフリーの演出家としてCLAPを中心に活動している。

来歴[編集]

大阪デザイナー専門学校アニメーション学科卒業。

1999年にマッドハウスに入社し、2002年公開の映画千年女優』に制作進行として参加[1]

2003年の『TEXHNOLYZE』第8話「CRUCIBLE」にて演出デビューを果たす[2]

マッドハウスからufotableに移り、2008年に劇場アニメ劇場版 空の境界 第五章 矛盾螺旋』で監督デビューを果たす。

2015年、バンダイナムコのビデオゲーム『GOD EATER』のテレビアニメシリーズを監督。平尾は作品の完成度にこだわり、監督だけでなく全話で脚本・絵コンテ・音響をひとりでこなすが、最終話の脚本完成が放送開始直前になるなど、放送開始の延期や一時中断などのスケジュールの破綻に繋がった[3]。その結果、2016年に所属していたufotableを退社することになった[3]

退社後はフリーランスとしてマッドハウス、WIT STUDIONAZなどの作品に参加。2019年5月にライトノベル『のけもの王子とバケモノ姫』を富士見ファンタジア文庫より出版し、小説家デビュー。

2021年、劇場アニメ『映画大好きポンポさん』で監督として再起を果たす。

人物[編集]

「マイノリティがマジョリティに一矢報いる」というテーマを自分の中に持っており、フリーランスになった時にはっきり意識して言葉にできるようになった[4]。ただし、作風や語り口、演出などすべてマイノリティにしてしまったら、マジョリティに受け入れられないので、彼らにも伝わるように意識して作るようにしている[5]

演出志望だったが、当初与えられた制作進行の仕事が面白くなってそればかりをやっていた時期がある[6]。しかし、同期たちがどんどん演出に転向するのを見て危機感を感じた[6]。初演出を経験した後、社内では平尾を制作進行に戻そうという声もあったが、今敏が自分の作品『妄想代理人』に呼んでくれたおかげで演出を続けることが出来た[2]

デジタルの作業については、『千年女優』のときに今敏がマッキントッシュで作中の映画ポスターなどを作り、それを出力してセルに貼っていくのを見て「こんな作り方があるんだ」と感銘を受け、「デジタルならみんなゼロからのスタートなので先にやっておけば演出への近道になる」と判断してフォトショップを使い始めた[2]

2011年の『桜の温度』で監督以外に原作・脚本・絵コンテ・演出までの役職をひとりで担当した。2013年の『魔女っこ姉妹のヨヨとネネ』以降はそれだけでなく、音響監督までも担当することがある。

もともとは漫画家になりたかったが、中学から高校二年までずっと続けていた柔道部を辞めたあとに入った美術部の教師に「君は漫画家に向いていない。どちらかと言えば映像の方に入ったほうがいいんじゃないかな」と言われたことをきっかけに映像関係の仕事を目指すことになる[6]。最初は実写の専門学校を探したが、アニメも見ていたということでアニメ業界入りのために大阪デザイナー専門学校に入った[6]

5歳上の兄の影響で自分よりも少し年齢層の高い小説やマンガを読んでいた[6]。最初に読んだ漫画は『AKIRA』で、『ドラゴンボール』や『ジョジョの奇妙な冒険』といった少年ジャンプの漫画を読み始めたのはそのあとである[6]。アニメも兄と一緒に学休期間中にOVAやアニメーション映画を中心に放送する関西ローカルの番組「アニメだいすき!」が流していた『MAROKO 麿子』や『迷宮物件 FILE538』といったマニアックな作品ばかり見ていた[6]。ただし、メジャーな作品を見ずに業界に入ったので、みんなの話題に追いつくのが大変だったという[6]

「社会から外れてしまった人が一矢報いる」というような作品に救われたような感じがあり、作品にもそういうものに惹かれるという。それは雑誌なら『ヤングガン』、アニメでは『ふしぎの海のナディア』や『機動警察パトレイバー』だった[5]。漫画だと『AKIRA』だが、感情移入するのはヒーローの金田ではなく鉄雄の方で、その後、今敏の薦めでプロになってから見た『機動戦士ガンダム』でも主人公で天才のアムロではなく脇役で平凡なハヤトだったという[1][5]

交友関係[編集]

アニメーション映画監督の故今敏を師と仰いでいる[7]。新人当時の平尾にとって、今は社会というものを知っていて、なおかつ作品づくりで素晴らしいものを残している"唯一の大人"のような存在であった[2]

富澤祐介(『テイルズ オブ』シリーズで知られるバンダイナムコのゲームプロデューサーで平尾がufotableを辞める原因となった『GOD EATER』の企画を立ち上げた人物)は、退社後に彼が最初にコンタクトを取った相手である[3]。その際、平尾はアニメの専門家でもなければ、アニメ業界に対して強い伝手があるわけでもない富澤に「僕のプロデューサーになってくれないか」と頼んでいる[3]。その後、富澤は実際に平尾に合いそうな企画を探し続け、映画『映画大好きポンポさん』の原作漫画を紹介した[8]。その後も、富澤は本業のバンナムのプロデューサーとしてではなく、ほぼ個人として自己負担で映画制作に関わり続けた[9]

松尾亮一郎(マッドハウス出身のプロデューサー)は、平尾からの誘いを受けて彼の監督復帰作となる『映画大好きポンポさん』でプロデューサーを務め、自身が代表を務めるCLAPで制作も担当した[1][8]

編集技師今井剛実写映画るろうに剣心』シリーズ(大友啓史監督)をはじめ、佐藤信介行定勲李相日らの作品など実写作品の編集も多く担当する)と『フタコイ オルタナティブ』から仕事をするようになる[10]。以後、ほとんどの監督作品で今井とタッグを組み、『魔女っこ姉妹のヨヨとネネ』から、今井にストーリーラインの精査をしてもらうなど一歩踏み込んだかたちで一緒に作品づくりをしている[10]。アニメの場合、基本的にアフレコ前に編集で尺を決めて先にリズムを作っておいて声優にそれに合わせてもらうのが主流だが、平尾と今井による制作スタイルとして、今井が編集という立場で絵コンテの段階から作品作りに足を踏み入れている[10]。まず仮のカッティング(編集)をして、その段階で今井を交えて脚本が映像となった時に文脈として見ている人に物語や感情が伝わるのかどうか、面白いのかどうかというなどについて一度話し合う工程をとっている[10]。そしてその後に再度絵コンテやムービーを直すかたちでストーリーの部分をふくめてブラッシュアップしていく[10]

アニメーション監督の荒木哲郎はマッドハウス時代の同期であり、平尾が監督を務める作品に原画として参加することもある。次の仕事を決める前にufotableを辞めることになった平尾は、荒木の助けでWIT STUDIOの『甲鉄城のカバネリ』の制作に参加することができた[5]。2014年より月刊アニメ雑誌アニメージュにて荒木哲郎と対談形式のコラム「バリウタの愛を知りたい!!」を連載している[11]

作品リスト[編集]

テレビアニメ[編集]

1999年
2002年
2003年
  • TEXHNOLYZE(8, 14話絵コンテ、21話演出)
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2010年
2015年
  • GOD EATER(-2016年、監督[12]・音響監督・脚本・全話絵コンテ)
2016年
2017年
  • 鬼平(11話絵コンテ)
  • 進撃の巨人 Season 2(32話絵コンテ・演出、36話絵コンテ、30話共同絵コンテ、37話共同演出)
2018年
  • 進撃の巨人 Season 3(39話絵コンテ)

劇場アニメ[編集]

2000年
2002年
2008年
2011年
2013年
2021年

OVA[編集]

2004年
2012年

ゲーム[編集]

2010年
  • ゴッドイーター - アニメーションPV(監督・脚本・絵コンテ・演出)
  • ゴッドイーター - OP・EDアニメーション(監督・絵コンテ・演出)
  • ゴッドイーター バースト - OP・EDアニメーション(監督・絵コンテ・演出)
2013年
2015年
2017年

出版物[編集]

ライトノベル[編集]

雑誌連載[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 今敏監督をしのんで 平尾隆之監督が今監督に教わったこと”. アニメハック. エイガ・ドット・コム (2020年8月24日). 2022年1月19日閲覧。
  2. ^ a b c d 今敏監督をしのんで 平尾隆之監督が今監督に教わったこと (2)”. アニメハック. エイガ・ドット・コム (2020年8月24日). 2022年1月19日閲覧。
  3. ^ a b c d 「僕のプロデューサーになってくれないか」──劇場アニメ『映画大好きポンポさん』は、一度挫折したアニメ監督と『テイルズ オブ』Pが「本当にやりたいこと」を貫く逆襲の物語だった”. 電ファミニコゲーマー. 株式会社マレ (2021年6月28日). 2022年1月19日閲覧。
  4. ^ 平尾隆之が、「映画大好きポンポさん」をアニメ化したい本当の理由【アニメ業界ウォッチング第67回】”. アキバ総研. 株式会社カカクコム (2020年6月21日). 2022年1月19日閲覧。
  5. ^ a b c d アニメ映画「映画大好きポンポさん」平尾隆之監督インタビュー、「マイノリティがマジョリティに一矢報いる」作品をいかにマジョリティにも伝わるように作ったか?”. GIGAZINE. 株式会社OSA (2021年7月20日). 2022年1月19日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h 「桜の温度」監督の平尾隆之とはどんな人物なのか? 徹底インタビュー”. GIGAZINE. 株式会社OSA (2011年7月7日). 2022年1月19日閲覧。
  7. ^ スタッフみんなが作品を愛したことで生まれた「魔女っこ姉妹のヨヨとネネ」のビジュアル面の見所とは?”. GIGAZINE. 株式会社OSA (2013年12月23日). 2022年1月19日閲覧。
  8. ^ a b “『映画大好きポンポさん』平尾隆之監督×松尾亮一郎P インタビュー【前編】”. アニメイト. (2021年6月1日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1622523881 2022年1月19日閲覧。 
  9. ^ 「僕のプロデューサーになってくれないか」──劇場アニメ『映画大好きポンポさん』は、一度挫折したアニメ監督と『テイルズ オブ』Pが「本当にやりたいこと」を貫く逆襲の物語だった (2)”. 電ファミニコゲーマー. 株式会社マレ (2021年6月28日). 2022年1月19日閲覧。
  10. ^ a b c d e 平尾隆之と今井剛が語る「映画大好きポンポさん」映像編集の世界(前編)”. アニメハック. エイガ・ドット・コム (2021年6月1日). 2022年1月19日閲覧。
  11. ^ 近藤光(ufotable) [@hikaruufo] (2014年11月10日). "新連載のお知らせ" (ツイート). Twitterより2022年1月19日閲覧
  12. ^ GOD EATER :作品情報”. アニメハック. 2020年11月5日閲覧。
  13. ^ 桜の温度 :作品情報”. アニメハック. 2020年11月5日閲覧。
  14. ^ 魔女っこ姉妹のヨヨとネネ :作品情報”. アニメハック. 2020年11月5日閲覧。
  15. ^ 映画大好きポンポさん :作品情報”. アニメハック. 2020年11月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]