ビッグコミックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小学館 > 小学館の漫画レーベル > ビッグコミックス

ビッグコミックス (BIG COMICS) は、小学館が発行している漫画単行本レーベル。主に『ビッグコミック』系列誌に掲載されたものを収録している。略称BC

概要[編集]

ビッグコミック』を始めとする『ビッグコミックオリジナル』『ビッグコミックスピリッツ』『ビッグコミックスペリオール』及び増刊号である『ビッグコミック増刊号』『ビッグコミックオリジナル増刊』に掲載された作品、『週刊ポスト』『GORO』『FMレコパル』などの小学館発行の非漫画雑誌に掲載された男性向け作品、携帯コミック配信サイト『モバMAN』掲載作品、また同誌掲載作家の短編集などを収録している。

1973年9月1日、『さそり』(篠原とおる)の第1巻により創刊[1]

基本的にどの誌に掲載されても扱いは同じ「ビッグコミックス」であるが、『ビッグコミックスピリッツ』掲載作品の単行本には『ビッグスピリッツコミックス』の呼称が使われる場合もある(その場合でも型番は「BC」のまま)。背表紙上部も、通常は『BIG COMICS』の文字が書かれるだけのものが、スピリッツ掲載作品の単行本は『BIG』と『COMICS』の間に『S』の文字を合わせたものになっている。

また、2009年より発行され始めた『モバMAN』掲載作品の単行本もビッグコミックスが扱うことになった。『ビッグスピリッツコミックス』と同じく型番は「BC」だが、背表紙上部に「BC モバMAN」のロゴが載せられたり、奥付のレーベル名が『ビッグコミックス モバMAN』となっているなど区別されている。

また、ビッグコミックスをはじめとする小学館の一部レーベル[2]では、完結していない作品は「第○」表記とし、完結した作品に限って「第○」表記とするという様に、独自の表記規則が設けられている[3]。ただし、担当編集者によっては法則適用の姿勢に違いがあり、[独自研究?]少年サンデーコミックスなどでも「集」と表記される場合や、完結作品で「集」と表記される場合も見られる。

関連レーベル[編集]

ビッグコミックススペシャル
ビッグコミックスの特装版。『スピリッツ』掲載作品の場合は「ビッグスピリッツコミックススペシャル」の名前が使われることがある。また、作品によっては「スピリッツ怪奇コミックス[4]」「スピリッツゴーゴーコミックス[5]」など固有の名称がつけられることもある。
ビッグコミックスワイド
ビッグコミックスのワイド版。
ビッグコミックスイッキ
月刊IKKI』の前身誌『スピリッツ増刊IKKI』掲載作品の単行本。月刊IKKIにリニューアルした後は一部作品を除いてIKKI COMIXからの発売となる。
ビッグゴールドコミックス / ビッグコミックスゴールド
ビッグゴールド』掲載作品の単行本。前者は上製本、後者は通常のビッグコミックスと同じ。雑誌休刊に伴い廃止。
FLビッグコミックス(フォアレディビッグコミックス)
ビッグコミックフォアレディ』掲載作品の単行本。雑誌休刊に伴い廃止。
少年ビッグコミックス
少年ビッグコミック』掲載作品の単行本。雑誌休刊に伴い廃止。
My First BIG
廉価版のコンビニコミック
ポストコミックス
初期の『週刊ポスト』掲載作品の単行本を発行[6]。現在では『週刊ポスト』掲載作品もビッグコミックスとして発行されるので現存しない。

注記[編集]

  1. ^ 『THE ART OF 新書判コミックス - 別巻1 朝日ソノラマ 初期サンコミックス編』まんだらけ出版部、2008年、8頁。
  2. ^ ビッグコミックス、IKKIコミックス、サンデーGXコミックスなど。
  3. ^ コミックス巻末ソデ部分の既刊一覧を参照。
  4. ^ うずまき』(伊藤潤二
  5. ^ 伝染るんです。』『一生懸命機械』(吉田戦車
  6. ^ 減点パパ』(古谷三敏)、『GoGo虎エ門』(高橋春男)など。

外部リンク[編集]