木村豪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きむら まさる
木村 豪
生誕 1971年
国籍 日本の旗 日本
職業 アニメーター

木村 豪(きむら まさる)は、日本アニメーターufotable所属。作品によって木村豪(きむら ごう)と表記されることもある。

人物[編集]

1971年生まれ。テレコム・アニメーションフィルム出身。退社後はスタジオジュニオSynergySPを中心に原画マンとして活動。『爆転シュート ベイブレード』シリーズや『B-伝説! バトルビーダマン』シリーズにてメカニックデザインを務め、『爆球Hit! クラッシュビーダマン』にてキャラクターデザインを務めた。ufotableには同社のテレビアニメ初受注作品である『ヴァイスクロイツ グリーエン』から多数の作品に参加しており2007年から正式にufotable所属アニメーターとなる[1]

ufotableを代表するアクションアニメーターの一人であり、社内では小船井充國弘昌之と並び「ufotable動かし屋トップメンバー」といわれている[2]。2017年放送のテレビアニメ『活撃 刀剣乱舞』では実際に居合や抜刀術などの剣術指導を受けたうえでアクション原画の要となる剣戟アニメーターの役職を小船井、國弘と共同で務めた[3]。アクションアニメーターと紹介されることが多いが、木村は自身のことをアクションアニメーターとあまり意識していない[4]

ufotableのスタッフ陣からは「早い時間に出社し、しっかりと定時に帰宅するが、それでも凄いカット数を速いスピードで描いている」「地に足のついたアクションを描き、それ以外の派手ではない地味で大変な物量のカットもしっかり描く」と評されており、その速さから1つのテレビアニメ作品で参加する話数が多い[5][4]。『劇場版 空の境界 第五章 矛盾螺旋』では終盤の両儀式と荒耶宗蓮の最終決戦の原画を担当し、高い評価を得ている[1]。また、『劇場版 空の境界 第七章 殺人考察(後)』では全カット数の1割に当たる150カットの原画を一人で担当している[6]

作品リスト[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場版アニメ[編集]

ゲーム[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 月刊ニュータイプ 2017年6月号、P27、2017年5月10日発行
  2. ^ “「Fate/stay night」を作っているのはこんな人たち、スタッフトークイベント・前編”. (2014年9月8日). https://gigazine.net/news/20140908-fate-stay-night-staff-talk-1/ 2019年8月24日閲覧。 
  3. ^ 月刊ニュータイプ 2017年6月号、P21、2017年5月10日発行
  4. ^ a b アニメージュ2017年8月号、P23、2017年7月10日発行
  5. ^ “クライマックス突入記念! 『Fate/Zero』の舞台裏に迫る!!”. (2012年5月26日). https://news.mynavi.jp/article/20120526-s_fatezero/7 2019年8月24日閲覧。 
  6. ^ ufotable 15周年展 図録 P323

外部リンク[編集]