テイルズ オブ アライズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テイルズ オブ アライズ
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 PlayStation 4
Xbox One
Microsoft WindowsSteam
開発元 バンダイナムコスタジオ
発売元 バンダイナムコエンターテインメント
プロデューサー 富澤祐介
シリーズ 『テイルズ オブ』シリーズ
発売日 日本の旗 2020年
エンジン Unreal Engine 4
テンプレートを表示

テイルズ オブ アライズ』(Tales of Arise、略称:TOARISE / アライズ)は、2020年バンダイナムコエンターテインメントより発売予定のコンピュータゲームソフト。『テイルズ オブ』シリーズのマザーシップタイトル(本編作品)第17作目。

対応プラットフォームはPlayStation 4Xbox OneMicrosoft WindowsSteam)。

本作はシリーズ25周年となる2020年に発売され、他のマザーシップタイトルと世界観や設定を共有する(具体的には『テイルズ オブ エクシリア』と『テイルズ オブ エクシリア2』や、『テイルズ オブ ゼスティリア』と『テイルズ オブ ベルセリア』のような関係)ことのない、完全な新規タイトル作品となる[1]

ストーリー[編集]

自然あふれる豊かな大地に覆われた星・ダナは隣り合うもうひとつの星・レナのことを「死者が住まう地」として崇めていた。

300年前、ダナはレナから突然の侵攻を受ける。科学や魔法が発達したレナに対し、科学力はほとんどなく魔法も使えないダナは圧倒的な力の差で敗北し、ダナの人々はレナによる終わりなき隷属を強いられることになる。

ある日、ダナの青年・アルフェンは同族から追われるレナの少女・シオンと出会う。痛みを失ったダナの青年と他者に痛みをもたらすレナの少女の思いがけない邂逅は、ふたつの星の運命を揺るがす物語の始まりに過ぎなかった[2][3]

登場キャラクター[編集]

アルフェン (Alphen)[2]
声 - 佐藤拓也[4]
本作の主人公。顔に鉄仮面を付けたダナの青年。痛みと記憶をなくしている。
シオンとの出会いから、レナからの解放のために戦いに身を投じる。
シオン (Shionne)[2]
声 - 下地紫野[4]
本作のヒロイン。アルフェンが出会うレナの少女。
ある秘めた目的のために、アルフェンと手を組みレナへの戦いに身を投じる
触れる者に激痛をもたらす「荊」という呪いを受けている。

スタッフ[編集]

プロデューサーは、2019年発売のHDリマスター版『テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTER』より『テイルズ オブ』シリーズIP総合プロデューサーを務め、同スタジオが手掛ける『GOD EATER』シリーズのIP総合プロデューサーでもある富澤祐介。本作が初のマザーシップタイトルのプロデュースとなる[3]

メインキャラクターデザインはバンダイナムコスタジオに所属する岩本稔が担当。さらに、アートディレクションも同時に努めている。岩本にとってメインキャラクター全員のデザインを担当することは初となり、同時にメインキャラクターデザインとアートディレクションを同一人物が担当するのもマザーシップタイトルでは初となる[3]

アニメーション制作はこれまでの『テイルズ オブ』シリーズや富澤がプロデューサーを務めた作品でもアニメーション制作を務めてきたアニメーションスタジオufotableが担当している。

開発はバンダイナムコスタジオが担当。スタッフ陣には『テイルズ オブ ファンタジア』から参加しているメンバーもいるほか、前作のマザーシップタイトル『テイルズ オブ ベルセリア』からのメンバーも多く参加している[3]

スタッフ

開発[編集]

企画

企画は富澤が『テイルズ オブ』シリーズで初のプロデューサーを務めた2019年発売のHDリマスター版『テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTER』より以前から進められていた[3]

本作は「継承と進化」の両立を意識したゲーム作りを目指して企画された。これは、今後もブランドを継続していくにあたり、ユーザーも成長し、年代も変わっていくため、若い新規ユーザー層にも新たな『テイルズ オブ』シリーズに目を向けてもらう大きな窓口を作る必要があった。そのため、これまでの規定路線からあえて外すグラフィックやデザイン、アクションを設計している。しかし、『テイルズ オブ』シリーズの持つ根本的な魅力、継承されるべきポイントは踏まえたうえで開発が行われている[3][1]

タイトル

タイトルは開発初期から使用されていた開発コードネーム『アライズ』より取られている。『テイルズ オブ』シリーズをこれからも継続していくために、開発に取り組む中で生まれた言葉であり、その後、数百もの案を世界中の開発・宣伝メンバーと検討した結果、新生していくという意志を伝えられるタイトルとして決定された。『アライズ』は作品のテーマにも紐づいており、抑圧された環境を覆すべく立ち上がる主人公たちの心情に『ARISE』の文字が重ねられている[3][1]

また、『テイルズ オブ』シリーズでは、暗黙のルールとして略称に英単語の頭文字を取ってくるのが通例であった。しかし、このルールでは『テイルズ オブ アライズ』の略称は『TOA』となり、マザーシップタイトル『テイルズ オブ ジ アビス』と被り区別がつけづらくなってしまう。だが、今後、タイトルを重ねていくたびに、アルファベットの残りを数えて潰していく作り方を避けるために『アライズ(ARISE)』というタイトルが選択された。また、他作品と区別を付けるために略称は『TOARISE』となった[3][1]

グラフィック・デザイン

メインキャラクターデザインはバンダイナムコスタジオに所属する岩本稔が担当。加えて、アートディレクションも同時に担当している。そのため、キャラクターとフィールドを馴染ませるための調整も含めて、全体のビジュアルを管理している。メインキャラクターデザインとアートディレクションを同一人物が担当するのはマザーシップタイトルでは初となる。この試みは、世界観全体の統一性を取るために行われた。また、岩本は開発のバンダイナムコスタジオ所属のクリエイターであるため、常にゲームの中身を監修してアップデートができるという内部制作のメリットを生かせる点からも起用された[3][1]

本作ではこれまでの『テイルズ オブ』シリーズで使用されていた専用エンジンではなく、空気感や光の表現などフォトリアルな表現が特徴の「Unreal Engine4(アンリアルエンジン4)」をベースに採用している。しかし、フォトリアルなグラフィックを目指しているのではなく、キャラクター表現に特化したシェーダーを独自で開発し、Unreal Engine4を使用しながらも『テイルズ オブ』らしいキャラクター表現を目指している[3][1]

キャラクターモデルも従来のシリーズと比べて頭身が高くなっている。これは、これまでのシリーズ以上に没入感の高い体験を提供するため。水彩調で描かれるフィールドとキャラクターを馴染ませ、さらに、キャラクターの頭身を上げることで人間らしさをより強調している。また、モーションに関しても従来のゲームキャラクターらしい動きではなく、リアリティのあるモーションを取り入れている。そのため、キャラクターモデルだけでなく演技やアクションなども含めて、「キャラクターがこの世界で生きている」という感覚を提供できるような演出を取り入れている[3]

キャラクターモデルの表情の変化やカメラワークなどのモーション・演技に関しては、3DCGによるテレビアニメや劇場アニメと同レベルのものを目指している。そのため、3Dのキャラクターモデルによる演技力や表現力は上がっているが、シリーズで採用されてきた従来のゲーム内2Dアニメーション(作画)は今回も採用しており、アニメーションスタジオufotableが制作する映像と併用しながら、双方でドラマがより盛り上がるよう設計している[3][1]

デザインについては、海外市場も意識したテイストを入れることを意識した側面もあるが、『テイルズ オブ』シリーズらしいキャラクター性に基づいたデザインという点も考慮に入れながら、新しいキャラクターデザインの要素を取り入れている[3]。敵のデザインに関しては脅威感を強めており、倒し甲斐のある敵を倒すことで、より達成感を味わえるデザインとしている。また、敵デザインは基本的に世界観のトーンに沿ったデザインとなっているが、従来のシリーズと同じく可愛らしいデザインの敵も登場する[3]

マップ・モーション

本作はオープンワールド形式ではなく、マップを踏破しながら、時折ダンジョンを踏破していく伝統的なRPGの作りを踏襲している[1]

バトルモーションでは、新規ユーザーにも爽快感のあるバトルを体感してもらうことをテーマに、より直観的でスピード感のあるアクションを目指している。また、バトルではシリーズ従来のエンカウント形式を採用している[3]

プロモーション

本作は、海外市場も意識して開発・プロモーションが行われている。これまでのシリーズでは宣伝の際に、日本の媒体で発表した後に海外にて1カ月後遅れで発表することが多かった。しかし、富澤がプロデューサーを務めた『テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTER』にて海外から大きな反響があったため、本作のプロモーション展開でも、海外向けの情報は海外で先行したり、日本向けの情報は日本先行で公開したりするなど、世界中でバランスをとりながら発表していく体制がとられている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]