ゲームシナリオライター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ゲームシナリオライターは、ゲームシナリオを書く人間のことである。企画の段階から関わるライターの他にキャラクター世界観の設定を元に他の部分を書くライターやプロットを元に書くライターまで様々な形態のライターが存在する。また、ディレクターシナリオライターを兼ねる場合もある。

ゲームシナリオの概要[編集]

ゲームのシナリオは、演出効果や分岐制御の組み込まれたコンピュータプログラムであり、同時に、台詞やト書きによって場面変化や人物の動作が描かれるという、一般的な脚本とは異なる特殊なフォーマットで構成されている。ゲームの進行に合わせて物語を展開させるため、シナリオ作成者には、脚本作成能力だけでなく、フラグやフローチャートの扱いに関する知識が要求される。

特にノベルゲームにおいては、制作現場での便宜と、文章表現による読者へのイメージ伝達とを兼ねるために、漫画原作小説の中間のような執筆形態(つまり、シーン毎に柱が立てられるが、ト書きではなく地の文が台詞と共に書かれた状態)でシナリオが作成されることが多い。制作現場によっては、シナリオの文面のみならず、実際にプログラムに組み込むところまでをシナリオ作成担当者本人自らが担当する。

アクションゲームやロールプレイングゲームにおいては、ゲーム本編の仕様に基づき、そのゲーム内でプレイヤーが取り得る動作や選択行動、それに反応するNPCキャラクタの挙動にあわせ、多種多様なテキストが書かれる。これらは、制限された文字表示領域やボイスROM容量に収めるべく、できるだけ簡潔になるよう工夫される。

シナリオ制作に伴い、そのシナリオをゲーム上で実現するためにゲームシステムの一部または全部を考案したり、世界観描写を充実させるために詳細な設定資料が作り込まれることもある。また制作現場向けに、ゲームシーンの映像イメージを伝えるため字コンテネームを作成する場合もある。これらも広義的には、ゲームシナリオライターの仕事の範疇となる。これらは通常、一般の映像制作現場では企画・演出・撮影・道具・衣装・設定考証等の各担当スタッフがシナリオとは別途に対応するものである。

さらに、ゲーム開発の大規模化に伴っては複数のライターによるシナリオ作成の必然が高まっており、その複数ライターのスケジュールの進行管理、文面の編集とゲームバランスを含めての調整、そして各編の整合性の確保も、ライター自身の仕事となりうる(ゲーム制作の現場の多くで「制作」や「編集」もしくは「シリーズ構成」に相当する業種が存在しない為)。