ロールプレイングゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Jeu-role.jpg
ロールプレイングゲーム

ロールプレイングゲーム(roleplaying game、略称はRPG)とは、本来的には軍隊や登山隊、探検隊の様式から派生したものと考えて良い。軍人、登山家あるいは冒険家が考案した、本番前の頭の体操シミュレーションとしてのテーブルゲームが奔りである。

今日では、ロールプレイングゲームからの派生物として、コンピュータを用いて同様のゲームを再現したことに始まるコンピュータゲームの一種、コンピュータRPGが有名である。

概要[編集]

ロールプレイングゲームとは、参加者が各自に割り当てられたキャラクター(プレイヤーキャラクター)を操作し、 一般にはお互いに協力しあい、架空の状況下にて与えられる試練(冒険、難題、探索、戦闘など)を乗り越えて目的の達成を目指すゲームの一種である。 または、このような遊びを行うために作られたルールのことである。 様々な設定と制約の元、空想上の世界で物語の登場人物のように活躍できる。

シミュレーションにおいて、プレイヤーが操作していた戦車や戦闘機、軍団といったユニット(ゲーム上のコマ)を、兵士個人に置き換え、 そこに仮想人格としての信条や個性、能力を付加すると、ロールプレイングゲームへと繋がる流れになる。

今日では、ロールプレイングゲームからの派生物として、コンピュータを用いて同様のゲームを再現したことに始まるコンピュータゲームの一種、コンピュータRPGが人気である。 コンピュータRPGは、コンピュータを用いるというシステム的な制約から、自由度は制限されるものの、本来のロールプレイングゲーム同様に、個性的なキャラクターを操って、架空の世界に遊ぶというゲームの本質は維持されている。 それに対して、本来の遊び方はテーブルトークRPGと呼ばれる。

なお、日本では、雑誌・新聞の「TRPG」はホビージャパンの(第4803260号)、 玩具、ゲーム関係などの「ロールプレイング」はホビージャパン関係者の(第1798172号)、 菓子・パン関係の「ロールプレイング」はロッテの(第2155432号)、 ゲーム関係などの「ロールプレイドラマ」はチュンソフトの(第4794245号)、 略称の「R.P.G」がおもちゃ関係でバンダイの(第1792020号)、 「ロープレゲーム」はゲームおもちゃなどでセガの(第3046648号、第3046649号)登録商標である。 略称の「RPG」はコンピューター・通信関係でバンダイの登録商標だった(第4381951号)。

ロールプレイングの意味[編集]

ロールプレイング(roleplaying)とは、他の誰かのふりをすること、誰かを演じることである。 ゲームデザイナーのゲイリー・ガイギャックスは、「ロールプレイとは、想像上のある役柄を演じること」「自分が現在(または未来永劫)決してなることができない何者かを演じること」であるとしている [1]

テーブルトークRPGでは、プレイヤーは、単なる無名の「戦士」や「魔法使い」ではなく、名前や仮想の人格などが付与されたプレイヤーキャラクターを担当する。 ゲームによっては、「ライフパス」(出自や人生の遍歴を示す要素)や「性格」「属性」(あるいはシステムによっては「癖」や「趣味」といったところまで)といったルールにより、 仮想の人格にシステム的な裏付けを与える工夫がなされる。 同じ「戦士」であっても、豪胆な人物、細心な人物、明朗快活な人物、謎めいた影のある人物といった千差万別な個性を表現することにより、 キャラクターは差別化され、一層生き生きとし、仮想世界での冒険の楽しみを増加させるのである。 またプレイヤーが温厚で慎重な性格であるのにも拘らず、向こう見ずな戦士を演じたり、狡猾な魔術師を演じたりすることは、 それがキャラクターに合致している限り、「上手なロールプレイ」であると見なされる。

ロールプレイング(roleplaying)を辞書で引くと、役割演技と翻訳される[2]。 しかし、これだけでは「役割とは何か」「演技とは何か」が曖昧である。 ロールプレイング(roleplaying)を英語で説明すると、その意味は「pretending to be someone else(他の誰かのふりをする)」となる[3]。 つまり、役割とはキャラクターという役柄のことであり、社会的な役目のことではない (「医者のふりをする」ことと、「医者の役割を果たす」ことには、大きな違いがある)。

ゲームデザイナーの小太刀右京は、「roleplay。演技の意。しばしばrole-play(役割を演じる)と解釈するものがいるが、誤訳である」としている [4]

かつて、このロールプレイの意味を「役割を果たす」と解釈して、仮想の人格を演じることは抑制的であるべきで、 キャラクタークラスなどの任務分担を果たすのみで足りるとする主張がネット上にあらわれて、 日本のテーブルトークRPGプレイヤーの間で議論の元になったこともある(ウォーシミュレーションゲームなどへの先祖帰り的主張と言えよう)。 しかし、アマチュアファンの主張ということもあり、そうした理論を取り入れた市販ゲームは現れていない。

ゲームの分類[編集]

本来のロールプレイングゲームは、ジャンル的にはテーブルゲーム(あるいはアナログゲーム)に分類される。

  1. プレイヤーが一堂に集まり、
  2. ゲームマスター(審判役)が提示するルール・状況・シナリオ・課題に従い、
  3. ゲーム世界内での自分の代理人であるキャラクターにどんなことをさせるかを申告しながら、
  4. 他のプレイヤーと共に課題達成へ向けてゲームを進める

……というスタイルが一般的なプレイである。

将棋囲碁などのボードゲームは、その性質から二人零和有限確定完全情報ゲームないしはアブストラクトゲームとしても知られるが、 ロールプレイングゲームは、多人数・非零和・無限・不確定・不完全情報ゲームで、かつきわめて具象的なテーマを持つことが基本であり、これらの古典的ゲームとは対極に位置する。 特にゲームマスターを配置した、非零和(協力型)の遊びであることは競技としてのゲームの枠を、非限定的な様々な具体的事象を扱うことからは(アドリブによる裁定を余儀なくされるという点で)、 事前に定められたルールに従うというゲームの枠を、いずれも半ば飛び越えるものであるということができる。

この遊び方をとくにコンピュータゲームのRPGと区別するため、英語では「テーブルトップRPG」「ペンシル・アンド・ペーパーRPG」などと呼ぶことがある(テーブルトップゲームとは卓上で行うゲームの意)。 日本では一般に「テーブルトークRPG」と呼ばれる。

商業的には、1974年に米国でTSR社から発売された "Dungeons and Dragons" (通称、D&D)が、 商品として広く販売された世界初の「テーブルトップRPG」ルールシステムである(その前身である "chainmail" が最初と見なされることもある)。

これら本来のロールプレイングゲームのあり方については、ページを分けて詳述する。テーブルトークRPGの項を参照のこと。

派生と分化[編集]

コンピュータRPGとテーブルトークRPG[編集]

ロールプレイングゲームの原義は上述の通りだが、日本では、欧米で言うところの(=原義通りの)ロールプレイングゲームより前に、そこから派生した電子ゲームの方が広く普及してきた。

まずロールプレイングゲームの遊び方や世界設定(例えば『D&D』などに登場する魔法やアイテムやゲーム目標など)を元に作られた アメリカ製のコンピュータRPGが1980年代前半に日本でもプレイされ始め、まもなく日本製の製品も登場し人気を博した。 さらに、ロールプレイングゲームの入門的な存在であるゲームブックが邦訳・紹介され、一時ブームとなった。 その後、ゲームブックはほぼ姿を消してしまうが、コンピューターRPGはパソコンゲーム機の普及に伴い、売上の点でも内容の点でも大きく成長するに至った。

他方、テーブルトークRPGはそれまで一部のウォーゲーム愛好家が英文のままでプレイしていた程度で、広く知られるようになったのはコンピュータRPGやゲームブックを通してであった。 日本語化されての販売もコンピュータRPGの国産化より遅れていたのである。

そのため、ロールプレイングゲームまたはRPGと言えばコンピューターRPGのことを指すものだという認識が、日本では広く定着している (注意:現在では、英語圏でもコンピューターRPGの意味合いでRPGという言葉は普通に通じる)。 これらは「ロープレ」と俗称されることもある。今やコンピューターRPGはコンピューターゲームの中でも特に人気の高いゲームジャンルである。

なお、初期のロールプレイングゲームは大半がファンタジーに題材を採った架空世界を舞台とし、モンスターとの戦闘を介して経験値を取得することでキャラクターが成長し、 成長することで探索・行動範囲を広げるというものであったため、今日においてもRPGと言えばそういうものと思われがちである。 この傾向はコンピューターRPGにおいて特に顕著なものとなっている。

実際には、SFホラーをはじめとして多彩なジャンルが題材として選ばれている。 システム面を見ても、特にテーブルトークRPGではキャラクターの成長はむしろ戦闘によらずミッションやクエストのクリアをもってもたらされるものが多いなど、 キャラクターの成長方法一つを取っても作品により多彩である(さらには、『トラベラー』のようにキャラクターが成長しない作品もある)。 このように、ロールプレイングゲームを形成する要素自体が初期のものに比べて様々に分化している。

とはいえ現在でも主流となっているのは、戦闘と成長が主体となっている作品で、それも主にファンタジーを題材としたものである。

最近では、テーブルトークRPGの特定の作品を出来るだけ忠実にコンピューターRPG化した作品も制作・販売されている。

その他のRPG[編集]

少数ではあるが、上記以外でRPGと名のつくゲームに次のようなものがある。

  • メールRPG - 郵便を利用して遊ぶプレイバイメールゲームのうち、一つの作品世界につき1プレイヤーごと原則1プレイヤーズ・キャラクター(PC)の登録を行って遊ぶゲームを「メールRPG」と呼ぶことがある。
  • ライブRPG

コンピュータ/テーブルトーク双方が存在するRPG[編集]

コンピュータゲーム化[編集]

テーブルトークRPGを原作として、コンピュータゲーム化されたもの

テーブルトークRPG化[編集]

コンピュータRPGを原作として、テーブルトークRPG化されたもの

同列派生[編集]

共通の原作が存在したり、メディアミックス展開された結果として、双方が存在するもの

コンピュータゲームでは別のジャンルになっているもの[編集]

  • ダンジョンズ&ドラゴンズ(アクションゲームやシューティングゲーム(NESのDragon Strike))
  • バトルテック(TRPGは「メックウォリアー」)
  • ヘビーギア(リアルタイムロボット操縦シミュレーション)
  • ナイトウィザード(カードバトルアドベンチャーゲーム)
  • シャドウラン(Xbox 360ではFPS

参考文献[編集]

  1. ^ ゲイリー・ガイギャックス『ロールプレイング・ゲームの達人』教養文庫、1989年、18頁より ISBN 4-390-11312-7
  2. ^ 『新英和中辞典』研究社
  3. ^ 『ケンブリッジ英英辞典』ケンブリッジユニバーシティプレス
  4. ^ 小太刀右京トワイライトガンスモークエンターブレイン、2014年、20頁より ISBN 978-4-04-729263-5

関連項目[編集]