重言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

重言(じゅうげん、じゅうごん)は、「から落馬する」「頭痛が痛い」のように、同じ意味の語を重ねる日本語表現である。多くは誤用と見なされるが、意味を強調したり語調を整えるため[1]、あるいは理解を確実にさせるため[2]に、修辞技法として用いられる場合もある。二重表現重複表現ともよばれる[3]

「びっくり仰天」「むやみやたら」[4]「好き好んで」などは、意味の重複が語呂のよさをともなうことからあえて用いられる。

えんどう豆」[5]青海湖」「しし肉」などは、語源的には重複表現だが、慣用的に誤用とは見なされない。[6]

外来語においてはあまり馴染みのない語の性質を表すために意図的に用いられることもある。例えば日本語ではアム・ダリヤ(ダリヤは大河の意)を「アムダリヤ川」とすることで川であることを簡潔に示し、英語では荒川を指して "Arakawa river" などと表現することがある。

日本語における重言[編集]

日本語の重複[編集]

  • 馬から落馬する[7]
  • 頭痛が痛い
  • 満天の星空
  • 学校に登校する
  • アメリカへ渡米
  • 訃報のお知らせ
  • 事前予約 - 「予約」の「予」は、「事前に」という意味である。
  • 暇の合間

日本語と外来語の重複[編集]

  • 排気ガス - 気はガスという意味である。排気、排ガスが正しい。
  • チゲ鍋 - チゲは韓国語で「鍋」の意。
  • ハングル文字 - グルは韓国語で「文字」の意。
  • クーポン券 - クーポン(フランス語: coupon)に「券」の意味がある。
  • アイヌ人 - アイヌはアイヌ語で「人」の意。
  • ニポポ人形 - ニポポはアイヌ語で「人形」の意。

外来語と外来語の重複[編集]

固有名詞における重言[編集]

商標など[編集]

地名など[編集]

「Higashioji-dori Avenue」という表記の看板

漢語における重言[編集]

漢語において、同じ漢字を重ねた「堂々」「悠々」などの熟語を、畳語の意で重言という。これは日本語でいう重複表現とは異なる。

また、荘子は、自著『荘子』にて寓言中国語版、重言、巵言という3つの文章術を提示したが、ここでいう重言とは古の偉人の言葉を引用して説得力を増す話法を指し、同義語の重複表現とは無関係である。

英語圏における重言[編集]

頭字語などの略語や熟語を使うときに、元の言葉の一部である単語を重ねて使ってしまうことが、RAS症候群として揶揄されている。 なお、RASは「Redundant Acronym Syndrome(冗長頭字語症候群)」の略である。

重言のようで重言でないもの[編集]

  • 違和感を感じる - 違和感の「感」はこの場合「感じ、感覚」という意味のため、「感じる」とは意味が異なる。
  • 歌を歌う - 「歌」と「歌う」は意味が異なる。
  • 数を数える - 「数」と「数える」は意味が異なる。
  • 音楽を楽しむ - 「音楽」の「楽」はこの場合「かなでる」という意味のため、「楽しむ」とは意味が異なる。

以上の例はすべて、漢字が重複しているだけで意味が重複しているわけではないので、重言とは言えない[8]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本語大辞典(第二版)』
  2. ^ 『新版日本語学辞典』
  3. ^ 有名な重言としては長嶋茂雄が引退時に述べた「我が巨人軍は永久に不滅です」がある。
  4. ^ 『日本語解釈活用事典』
  5. ^ 『広辞苑(第5版)』
  6. ^ きつねうどん」のように、地域によって意味が重複するかどうかの認識に差がある場合もある。
  7. ^ 浄瑠璃鑓の権三重帷子(やりのごんざかさねかたびら)』(近松門左衛門作、1717年初演)で重言という言葉が使われる。この作品に何度か出てくる「馬から落ちて落馬」というフレーズは有名で、典型的な重言の例として頻繁に言及される。

    の駒にもけつまづき、馬から落ちて落馬いたしたと、片言やら重言やら

    これが現代にも伝わり、「古の昔、武士の侍が―」と頭に挿入される言葉遊びになった。
  8. ^ これは英語に翻訳して考えればわかりやすい。たとえば「歌を歌う」は英語だと「sing a song」、「数を数える」は「count the number」である。どう見ても普通の表現で、重言ではない。

関連項目[編集]