フェデックス・エクスプレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
FedEx Express
FedEx Express.svg
IATA
FX
ICAO
FDX
コールサイン
FED EX
設立 1971
(Federal Expressとして)
運航開始 1973年4月17日
ハブ空港

"スーパーハブ"

保有機材数 668
就航地 375+
スローガン The World On Time
親会社 フェデックス・コーポレーション
本拠地 メンフィス (テネシー州)
代表者 David J Bronczek, President and CEO of Express division
外部リンク www.fedex.com
テンプレートを表示

フェデックス・エクスプレス(以前はフェデラル・エクスプレス)はアメリカ合衆国テネシー州メンフィス[2]を拠点にする貨物航空会社。フェデックス・エクスプレスは、フェデックス・コーポレーション貨物航空部門子会社として、フェデックス・ブランドの下で貨物航空機(カーゴ機)の運行を担当している。貨物輸送トン数で世界最大の航空会社である。1日あたりの平均輸送量は小包400万個以上、貨物1100万ポンド(約4990トン)以上に及び、220以上の国と地域、375の空港を結び貨物機を運行している[3]。また、保有機材数の面でも、セスナなどの小型機からボーイング777といった大型機まで、合計600機以上の航空機を有している[3]。この保有機材数は貨物航空会社としては世界最大、旅客航空会社を含めた場合でも有数の規模を誇る。現在フェデックス・エクスプレス社はどの航空連合にも属さない独立系の会社として運行している。

保有機材[編集]

マクドネル・ダグラスMD-11F
ボーイング777F
ボーイング757-200SF
エアバス A310
ATR42-300F
ボーイング747-200F(旧塗装)
ダッソー ファルコン20
MD-11F(旧塗装)

フェデックス・エクスプレス社の保有機材は、以下の航空機で構成されている(2015年3月現在[4][5][6])。

フェデックス・エクスプレスの機材
機材 運航中 発注 備考
エアバスA300F4-600R 71
エアバスA310-200F 12
エアバスA310-300F 11
ボーイング757-200SF 112
ボーイング767-300F 16 37 受領: 2014年に3機, 2015年に6機, 2016年に6機, 2017年に6機, 2018年に6機
ボーイング777F 25 18 受領: 2014年に2機, 2015年に2機, 2016年に2機, 2017年に2機, 2018年に2機
1機はパンダの塗装[7]

最大のボーイング777F運行者

ボーイングMD-10-10 45
ボーイングMD-10-30 16
マクドネル・ダグラスMD-11F 60
ATR 42-300/320 26 FedEx Feederとして運航
ATR 72-200 21 FedEx Feederとして運航
セスナ 208B 243 FedEx Feederとして運航
合計 668 55

フェデックスの保有する航空機は、子会社であるフェデックス・エクスプレス(FedEx Express)とフェデックス・フィーダー(FedEx Feeder)の2社によって運航されている。このうち、前者はMD-11などのジェット機の運航を、後者はセスナ208Bなどターボプロップ機の運航を担当している。

現在フェデックスでは、機材の大がかりな更新を進めている。

ボーイング727-200F

同社では、長年に渡ってボーイング727型貨物機をナローボディ貨物機の中核として使用し、近年の騒音規制強化の流れの中でも、ハッシュ・キットと呼ばれる騒音軽減装置を全機に装着して、使用を続けていた。しかし、老朽化がさらに激しくなっていることから、代替機としてボーイング757-200型機を中古で購入した。現在既に80機以上のボーイング757-200が導入されており、さらに数機が発注中である。ボーイング727については、2013年に全機退役。

また、A310などのワイドボディ機、特にDC-10などの3発機についても、更新を順次計画・進行している。この中で、A380-800F型機の納入遅延・発注キャンセル問題が発生した。フェデックスは当初、当時開発中であったエアバスA380-800F型機を最初に購入することを公表していたが、2006年11月、同機の納期遅延が慢性化しているなどの理由で発注を全てキャンセル、新たにボーイング777フレイター(ボーイング777F)を発注した。なお、エアバスA380-800Fについては、フェデックスの他にもユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)や、エミレーツ航空(エミレーツ・スカイカーゴ)が発注していたが、現在ではこの2社も発注を全てキャンセルしている。これらのキャンセルで発注を全て失ったことから、A380-800F型機の開発は凍結・中止されている。A380の代わりに発注していたボーイング777Fは2009年から順次受領し、ボーイングMD-10-10型、ボーイングMD-10-30型貨物機などとの更新などに充てている。また、米国内で使用目的によりボーイングMD-10シリーズと規模等の近いボーイング767F(ボーイング767-300ER/F)も導入する予定である。

その他、ターボプロップ機に関しても、フォッカー27 フレンドシップ、セスナ208A型機の退役を完了し、ATR-42/72やセスナ208Bといった新しい機体への更新を完了している。

なお、フェデックスが発注したボーイング製航空機のカスタマーコードはS2で、航空機の型式名は727-2S2F、777F-S2などとなる。

事故[編集]

脚注[編集]

  1. ^ FedEx Opens North Pacific Regional Hub at Kansai International Airport”. newswit.com (2014年7月3日). 2014年7月3日閲覧。
  2. ^ "FedEx in Memphis." FedEx. Retrieved on February 28, 2010.
  3. ^ a b [1]
  4. ^ "About FedEx Express." FedEx. Retrieved on February 28, 2010.
  5. ^ [phx.corporate-ir.net/External.File?item=UGFyZW50SUQ9MTQzNjE1fENoaWxkSUQ9LTF8VHlwZT0z&t=1 Q4 Fiscal 2012 Statistics]
  6. ^ 30 January 2015. “FedEx Express Fleet in Ch-aviation”. ch-aviation.com. 2015年1月30日閲覧。
  7. ^ “FedEx announces "Panda Express" to China”. FedEx. (2010年1月28日). http://blog.seattlepi.com/aerospace/2010/01/28/fedex-announces-panda-express-to-china/ 2012年1月15日閲覧。 

外部リンク[編集]