尻別岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
尻別岳
尻別岳.JPG
喜茂別町側から見た尻別岳
標高 1107.27[1] m
所在地 日本の旗 日本
北海道喜茂別町留寿都村真狩村
位置 北緯42度46分21.2580秒 東経140度54分37.2519秒 / 北緯42.772571667度 東経140.910347750度 / 42.772571667; 140.910347750座標: 北緯42度46分21.2580秒 東経140度54分37.2519秒 / 北緯42.772571667度 東経140.910347750度 / 42.772571667; 140.910347750
山系 独立峰
種類 溶岩ドーム
尻別岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

尻別岳(しりべつだけ)は、北海道喜茂別町留寿都村真狩村にまたがる第四紀火山である。標高は1107.27m、二等三角点(点名「後別岳」)[1]である。アイヌの人々はピンネシリ(雄岳)[2]と呼び、当時の入植者は前方羊蹄山と呼んだ。南側山麓の橇負山(枝脈)にはルスツリゾートが広がる。

特徴[編集]

約70万年~4万年前に活動した火山であり、地質は安山岩質の溶岩ドームである[3]。 約10-5万年前に留寿都岩屑なだれが発生し、西方に向かって10kmの範囲に崩壊物質が流れ下った。その際に形成された流れ山の一つが軍人山である[4]。この時崩壊した山体の体積は2 km3と推定されている[5]

登山ルート[編集]

南側から登る留寿都コース、北から登る喜茂別コースがある。共に所要時間は2時間程度

近隣の山[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b 基準点成果等閲覧サービス”. 国土地理院. 2014年7月12日閲覧。 “基準点コード TR26440172201”
  2. ^ 道新スポーツ『北海道の百名山』北海道新聞社、2000年
  3. ^ 東京天文台編纂 『理科年表2004』 丸善
  4. ^ 町田洋ほか編 『日本の地形2 北海道』 東京大学出版会 2003年
  5. ^ 吉田 英嗣、須貝 俊彦、大森 博雄 (2010). “山麓に拡散した火山性岩屑なだれが形成する流れ山の縦断分布特性”. 第四紀研究 49 (2): 55-67. http://ci.nii.ac.jp/naid/10026528982 2016年12月2日閲覧。. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]