プール・オブ・レイディアンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プール・オブ・レイディアンス
ジャンル ロールプレイングゲーム
シミュレーションRPG
対応機種 PC/AT互換機
開発元 Strategic Simulations
発売元 Strategic Simulations
ディレクター チャールズ・J・クローゲル・ジュニア
デザイナー ラッセル・ブラウン
ジョージ・マクドナルド
ポール・マレー
ビクター・ペンマン
デヴィッド・シェリー
シナリオ マイケル・ブレオー
デヴィッド・クック
ジェームス・M・ワード
スティーヴ・ウィンター
プログラマー キース・ブロース
ブラッド・マイヤーズ
音楽 デヴィッド・ウォーホル
美術 フレッド・バッツ
スーザン・マンレイ
ダリア・マラスコ
モーリス・モリーネックス
ビンス・レイノルド
トム・ウォール
シリーズ AD&Dシリーズ
人数 1人
メディア 3.5インチフロッピーディスク
発売日 アメリカ合衆国 1988061988年6月
エンジン Gold Box
テンプレートを表示

プール・オブ・レイディアンス』 (Pool of Radiance) は、1988年に米国Strategic Simulations, Inc. (SSI) から発売されたPC/AT互換機コンピュータRPGテーブルトークRPGアドバンスト・ダンジョンズ&ドラゴンズ』第1版をベースにしている。

日本語版の発売元はポニーキャニオンで、PC-9800シリーズPC-8800シリーズ(mkIIMR以降、2HDフロッピーディスク)、ファミリーコンピュータに移植された。

続編や同様のシステムを使用したゲーム(「ゴールドボックス」シリーズ)も多数発売された。

2001年にはユービーアイソフトから同一タイトルを冠した 『Pool of Radiance: Ruins of Myth Drannor』 (日本語版は『プール オブ レディアンス』のタイトルで、メディアクエストから)が発売されたが、こちらはダンジョンズ&ドラゴンズ第3版をベースにした完全な新作である。

概要[編集]

ストーリーは、モンスターに占領され廃墟となったフラン市をモンスターの手から取り戻すというもの。市役所から依頼されるクエストを順次こなしていくという形でゲームが進行する。全体のボリュームはそれほど大きくはないが、ひとつひとつのクエストが丁寧に作られ、プレイヤーの選択次第で多様な展開をみせる。当時のコンピュータRPGはクエストの解決方法が決まっているものが多かったが、本作はひとつのクエストに対して複数の解決方法が用意されているなど、テーブルトークRPGのシナリオを意識した構成になっている点が特徴的である。

他機種版[編集]

No.タイトル発売日対応機種開発元発売元メディア型式売上本数
1Pool of Radiance
アメリカ合衆国 1988101988年10月
ヨーロッパ 1990年
コモドール64Strategic SimulationsStrategic Simulationsフロッピーディスク--
2Pool of Radiance
アメリカ合衆国 1989年
Apple II
Macintosh
Strategic SimulationsStrategic Simulationsフロッピーディスク--
3プール・オブ・レイディアンス
日本 198912211989年12月21日
PC-8801mkIIMR以降
PC-9801
Strategic Simulationsポニーキャニオン2HDフロッピーディスク--
4Pool of Radiance
アメリカ合衆国 1990年
ヨーロッパ 1990年
AmigaStrategic SimulationsStrategic Simulationsフロッピーディスク--
5プール・オブ・レイディアンス
日本 1990101990年10月
X1Strategic Simulationsポニーキャニオンフロッピーディスク--
6プール・オブ・レイディアンス
日本 199106281991年6月28日
アメリカ合衆国 1992年
ファミリーコンピュータマリオネット日本 ポニーキャニオン
アメリカ合衆国 FCI
ロムカセット日本 PNF-QA
アメリカ合衆国 NES-QA-USA
-

スタッフ[編集]

PC/AT互換機版
  • シナリオ:マイケル・ブレオー、デヴィッド・クック、ジェームス・M・ワード、スティーヴ・ウィンター
  • ゲーム・クリエイト:SSI・スペシャル・プロジェクト・グループ
  • プログラマー:キース・ブロース、ブラッド・マイヤーズ
  • アディショナル・プログラマー:レイモンド・J・ヒューズ、エリック・ニケルソン、ピーター・シュミット
  • アーティスト:フレッド・バッツ、スーザン・マンレイ、ダリア・マラスコ、モーリス・モリーネックス、ビンス・レイノルド、トム・ウォール
  • アディショナル・アート:Westwood、ダグ・バーネット、スコット・A・M・ラグルズ、デヴィッド・シェリー、ロブ・ウォン、ジョアナ・ゼグリ
  • 音楽、効果音:デヴィッド・ウォーホル
  • 開発:ラッセル・ブラウン、ジョージ・マクドナルド、ポール・マレー、ビクター・ペンマン、デヴィッド・シェリー
  • プロジェクト・マネージャー:チャールズ・J・クローゲル・ジュニア
ファミリーコンピュータ版
  • 開発:賀川邦彦
  • テクニカル・アドバイス:安田均
  • 翻訳:清松みゆき
  • グラフィック・デザイナー:横田青史
  • 音楽:戸田誠司
  • シニア・プログラマー:坂口芳明
  • コ・プログラマー:さとうひろみ、わたなべたかつぐ
  • シニア・ECLプログラマー:ひみもとき
  • ECLプログラマー平島正之、小林眞人、ごとうゆきひろ、古橋秀幸
  • 音楽プログラマー:田所広成
  • 音楽コーダー:石井吉幸
  • SSI開発:ダニエル・サーマク、ニコラス・ベライエフ

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
Dragon4.5/5stars (DOS)[1]
Electronic Gaming Monthly23/40点 (FC)[2]
ファミ通23/40点 (FC)[3]
Amiga Action79% (Amiga)[4]
Commodore User9/10 (C64)[5]
G.M.n/a[6]
The Games Machine89% (C64)[7]
Zzap!6480% (C64)[8]
Aktueller Software Markt10.75/12点 (C64)[9]
ファミリーコンピュータMagazine17.5/30点 (FC)[10]
ファミリーコンピュータ版

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計23点(満40点)[3]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、17.5点(満30点)となっている[10]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.2 3.0 2.4 3.0 2.8 3.3 17.5

続編[編集]

本作の直接の続編は3作発売され、以下のように全4作の連作シナリオとなっている。次のシナリオにキャラクターを持ち越すこともできる。キャラクターの上限レベルも徐々に上がっていき、最終的には20レベルを超える高レベルでの冒険となる。

また、番外編としてアクションRPGの『ヒルズファー』がある。システムは本作とは全く異なるゲームであるが、本作からキャラクターを転送して使うこともできるようになっている。

  • プール・オブ・レイディアンス(本作)
  • カース・オブ・アジュア・ボンド (Curse of the Azure Bonds)
  • シークレット・オブ・シルバーブレイド (Secret of the Silver Blades)
  • プールズ・オブ・ダークネス (Pools of Darkness)
  • 番外編
    • ヒルズファー (Hillsfar)

また、同様のシステムでドラゴンランスやSavage Frontierを舞台にしたシリーズも発売された(日本語版はドラゴンランスの最初の2作のみ発売)。このほか、同様のシステムを使ったMMORPGやRPG制作ソフトも発売された。

  • ドラゴンランスシリーズ
    • チャンピオンズ・オブ・クリン (Champions of Krynn)
    • デス・ナイト・オブ・クリン (Death Knights of Krynn)
    • The Dark Queen of Krynn
  • Savage Frontierシリーズ
    • Gateway to the Savage Frontier
    • Treasures of the Savage Frontier
  • MMORPG
  • シナリオ制作
    • Forgotten Realms Unlimited Adventures

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Lesser, Hartley; Lesser, Patricia; Lesser, Kirk (March 1989). “The Role of Computers”. Dragon (143): 76–78. 
  2. ^ Pool of Radiance for NES (1991) - MobyGames” (英語). Blue Flame Labs. 2018年6月3日閲覧。
  3. ^ a b AD&D プール・オブ・レイディアンス まとめ [ファミコン] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2018年6月3日閲覧。
  4. ^ Simmons, Alex; Johns, Doug; Mitchell, Andy (November 1990). “US Gold/SSI - Pool of Radiance”. Amiga Action (14): 72–73. http://amr.abime.net/issue_87_pages. 
  5. ^ Dillon, Tony (October 1988). “Pool of Radiance”. Commodore User: 34–35. http://amr.abime.net/issue_805_pages. 
  6. ^ Advanced Dungeons & Dragons”. G.M. The Independent Fantasy Roleplaying Magazine (Croftward) 1 (1): 18–20. (September 1988). 
  7. ^ “Pool Your Resources”. The Games Machine (12): 69. (November 1988). http://amr.abime.net/issue_825_pages. 
  8. ^ Pool of Radiance. Zzap. (December 1988). p. 127. http://www.zzap64.co.uk/cgi-bin/displaypage.pl?issue=044&page=127&thumbstart=0&magazine=zzap&check=1 2008年2月21日閲覧。. 
  9. ^ Pool of Radiance for Commodore 64 (1988) - MobyGames” (英語). Blue Flame Labs. 2018年6月3日閲覧。
  10. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 21頁、 ISBN 雑誌26556-4/15{{ISBN2}}のパラメータエラー: 無効なISBNです。

外部リンク[編集]