アイ・オブ・ザ・ビホルダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイ・オブ・ザ・ビホルダー
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 PC/AT互換機 (DOS)
開発元 Westwood Studios
発売元 Strategic Simulations, Inc.
ディレクター ブルット・W・スペリー英語版
デザイナー フィリップ・W・ゴロー
イーディ・ララモア
ポール・S・ムードラ
ジョセフ・ボスティック
シナリオ イーディ・ララモア
プログラマー フィリップ・W・ゴロー
音楽 ポール・S・ムードラ
美術 リック・パークス
アーロン・E・パウエル
ジョセフ・B・ヒューイット4世
シリーズ アイ・オブ・ザ・ビホルダーシリーズ
人数 1人
メディア 3.5インチフロッピーディスク
5インチフロッピーディスク
発売日 アメリカ合衆国 1991年
テンプレートを表示

アイ・オブ・ザ・ビホルダー』 (Eye of the Beholder) は、1991年アメリカ合衆国Strategic Simulations, Inc.から発売されたPC/AT互換機ロールプレイングゲーム

主人公であるパーティ一向を操作し、大魔法使いケルベンのお告げによって発覚した都市の地下より迫りくる邪悪な存在を捜索する事を目的としている。ゲームシステムおよび世界設定はテーブルトークRPGアドバンスト・ダンジョンズ&ドラゴンズ第1版』(1974年)をベースにしている。画面は3D形式で表示され、ゲーム中はリアルタイムで時間が進行していく他、戦闘以外にも様々な指示を与えられる自由度の高いシステムを特徴としている。

開発はアメリカ合衆国のWestwood Studiosが行い、開発ディレクターはパソコン用ソフト『DragonStrike』(1990年)を手掛けたブルット・W・スペリー英語版、プログラムはNES用ソフト『A Nightmare on Elm Street』(1989年)を手掛けたフィリップ・W・ゴロー、音楽はパソコン用ソフト『Mars Saga』(1988年)を手掛けたポール・S・ムードラが担当している。

同年にAmigaに移植された他、日本ではポニーキャニオンによりPC-9800シリーズメガCDカプコンによりスーパーファミコンに移植された。メガCD版の音楽は『ベア・ナックルシリーズ』(1991年 - 1994年)の古代祐三・川島基宏が、効果音を崎元仁が担当している。元々のPC版がマウス操作を前提に作られているため、スーパーファミコン版はスーパーファミコン・マウスに、メガCD版はセガマウスにそれぞれ対応していた。

後に続編となる『アイ・オブ・ザ・ビホルダーII ザ・レジェンド・オブ・ダークムーン』(1991年)、『アイ・オブ・ザ・ビホルダーIII アサルト・オン・ミス・ドラナー』(1993年)が発売された(後述)。また、日本国外では「DOS/V」版(英語版)の3部作を合わせたものがトリロジー版としてCD-ROMで発売されていた。

ゲーム内容[編集]

画面は3Dビュー形式で表示される。敵はマップ上の特定の位置にあらかじめ存在するか、マップ上の特定のエリアをワンダリングしている。ゲーム中はキーボードおよびマウスにより、戦闘以外にも様々な行動をとることができる。

ゲームはターン性で進行し、移動と戦闘も区別されない。また、ターン性ではあるが、自身が行動しなくても敵が行動したりするなど、疑似リアルタイムに近い。以上のような操作感覚は『ダンジョンマスター』に似ている。

パーティは4人のプレイヤーキャラクターと2人のNPCで構成される。

ストーリー[編集]

フォーゴトン・レルムの都市ウォーターディープの大魔法使い“黒き杖”ケルベンは、邪悪な存在が都市の地下より迫りつつあることを領主である“パラディン”ピアジェイロンに警告する。その領主に雇われたパーティ一向は、下水道に潜り地下の探索を行う事となる。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 Eye of the Beholder アメリカ合衆国 1991年
ヨーロッパ 1991年
Amiga Westwood Studios アメリカ合衆国 Strategic Simulations, Inc.
ヨーロッパ U.S. Gold
5インチフロッピーディスク -
2 アイ・オブ・ザ・ビホルダー 日本 199206181992年6月18日
PC-9801 オペラハウス ポニーキャニオン 3.5インチフロッピーディスク
5インチフロッピーディスク
-
3 アイ・オブ・ザ・ビホルダー 日本 199403181994年3月18日
アメリカ合衆国 1994041994年4月
スーパーファミコン カプコン カプコン ロムカセット 日本 SHVC-IB
アメリカ合衆国 SNS-IB-USA
4 アイ・オブ・ザ・ビホルダー 日本 199404221994年4月22日
アメリカ合衆国 1994081994年8月
ヨーロッパ 1994121994年12月
メガCD オペラハウス 日本 ポニーキャニオン
アメリカ合衆国 セガ
ヨーロッパ FCI
CD-ROM 日本 T-75014
アメリカ合衆国 4655
ヨーロッパ 4655-50
5 Eye of the Beholder I, II & III アメリカ合衆国 1995年
ヨーロッパ 1995年
PC/AT互換機 Westwood Studios Strategic Simulations, Inc. CD-ROM -
6 Eye of the Beholder I, II & III INT 201508202015年8月20日
Linux
Macintosh
Windows
Westwood Studios GOG Limited ダウンロード
(GOG.com)
-

スタッフ[編集]

PC/AT互換機版
  • Westwood Associates
    • 開発ディレクター:ブルット・W・スペリー英語版
    • ゲーム・デザイン:フィリップ・W・ゴロー、イーディ・ララモア、ポール・S・ムードラ、ジョセフ・ボスティック
    • オリジナル・プログラミング:フィリップ・W・ゴロー
    • Amigaプログラミング:ビル・ストークス
    • グラフィック:リック・パークス、アーロン・E・パウエル、ジョセフ・B・ヒューイット4世
    • 音楽、効果音:ポール・S・ムードラ
    • ライター:イーディ・ララモア
    • プレイテスティング:グレン・スペリー
    • ルールブック・ライター:マーク・クラム、マイケル・レッグ、イーディ・ララモア
  • Strategic Simulations
    • ゲーム開発:ジョージ・マクドナルド
    • 開発サポート:デヴィッド・A・ルッカ、リック・E・ホワイト
    • マニュアル:リチャード・ウィルソン
    • プレイテスティング:マイケル・H・ギルマーティン、サイラス・G・ハリス、ジョン・カーク、アラン・マレンコ、ジェフリー・ショットウェル、ラリー・ステファン・ウェバー、ジェームス・ヤング、ジョン・C・ブークホルト
    • スペシャル・IBM・テスティング:Top Star Computer Services
    • 追加Amigaプレイテスティング:マイケル・サイレン、マーク・ホール
    • アート、グラフィック・デザイン、DTP:ピーター・ガスコイル (Louis Saekow Design)
    • プリプレス・プロダクション:カーク・ニコルス (Louis Saekow Design)、レイ・ガルシア (Louis Saekow Design)
    • プリンティング:American Lithographers
    • ルールブック・ライター:ジョージ・マクドナルド、リチャード・ウィルソン
スーパーファミコン版
  • イントロ、キャラクター・ジェネレーション音楽:ポール・S・ムードラ
  • カプコン・ロゴ音楽:藤田靖明
  • 音楽:西村達也
メガCD版
  • プロデューサー:鵜飼泰隆、一ノ関誠
  • テクニカル・サポート:藤原博之、三木暁
  • グラフィック:郡司篤宏、赤木広司、たかぎけん、水谷康昭、さとうさえこ、よしむらきよと
  • ゲーム・デザイン:郡司篤宏、ふるやまさあき
  • 音楽:古代祐三、川島基宏
  • 効果音:YMO H.S(崎元仁
  • ビジュアル:一ノ関誠、よしむらきよと、おがさわらようこ
  • サウンド・エディット:おはらひでふみ、よしだけいいち、よしむらきよと

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
Computer and Video Games96% (DOS)
95% (Amiga)[1]
Dragon5/5stars (DOS)[2]
エレクトロニック・ゲーミング・マンスリー7.2/10点 (MCD)
6.2/10点 (SFC)[3]
ファミ通24/40点 (SFC)[4]
28/40点 (MD)[5]
GamePro3/5点 (SFC)[6]
4/5点 (MCD)[7]
Official Nintendo Magazine90% (SFC)[6]
The One92% (Amiga)[8]
Raze92% (DOS)[9]
92% (Amiga)[10]
Aktueller Software Markt9/12点 (Amiga)[10]
Game Players63% (SFC)[6]
ファミリーコンピュータMagazine18.6/30点 (SFC)[11]
Mean Machines88% (MCD)[7]
Sega Force80% (MCD)[7]
VG&CE7/10点 (MCD)[7]
メガドライブFAN21.6/30点 (MD)[12]
メガドライブ大全肯定的 (MD)[13]
スーパーファミコン版
項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.3 3.0 3.1 2.9 3.1 3.1 18.6
メガCD版
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では、7・8・7・6の合計28点(満40点)[5]、『メガドライブFAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、21.6点(満30点)となっている[12]
項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.3 3.6 3.8 3.6 3.9 3.4 21.5
  • ゲーム本『メガドライブ大全』(2004年太田出版)では、本作が『ダンジョンズ&ドラゴンズ』のシステムに準拠した作品である事を指摘した上で、テーブルトークRPGのコアなファンであれば馴染みの呪文やアイテムがあるため「設定を楽しんだりできるはずだ」と背景設定に関して肯定的に評価、また登場するモンスターも『ダンジョンズ&ドラゴンズ』に準拠している点を指摘した[13]

アイ・オブ・ザ・ビホルダーII[編集]

アイ・オブ・ザ・ビホルダーII
ザ・レジェンド・オブ・ダークムーン
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 PC/AT互換機 (DOS)
開発元 Westwood Studios
発売元 Strategic Simulations, Inc.
ディレクター ブルット・W・スペリー英語版
デザイナー ポール・S・ムードラ
ブルット・W・スペリー
ビル・ストークス
シナリオ マーク・クラム
プログラマー フィリップ・W・ゴロー
音楽 フランク・クルパッキー英語版
美術 ジョセフ・B・ヒューイット4世
ルイーズ・サンドヴァル
ジュディス・ピーターソン
レン・オルセン
リック・パークス
アーロン・E・パウエル
シリーズ アイ・オブ・ザ・ビホルダーシリーズ
人数 1人
メディア 3.5インチフロッピーディスク
5インチフロッピーディスク
発売日 アメリカ合衆国 1991121991年12月
ヨーロッパ 1992年
テンプレートを表示

アイ・オブ・ザ・ビホルダーII ザ・レジェンド・オブ・ダークムーン』 (Eye of the Beholder II: The Legend of Darkmoon) は、1991年12月アメリカ合衆国Strategic Simulations, Inc.から発売されたPC/AT互換機ロールプレイングゲーム

同社の『アイ・オブ・ザ・ビホルダー』(1991年)の続編。前作にて地下での捜索を終えたパーティに対し、ケルベンから街外れにあるダークムーンと呼ばれる寺院から邪悪な気配が感じられるため調査せよという新たな依頼状が届いた事により、今度はパーティ一向が寺院を捜索する旅に出るという内容。ゲームエンジンは前作のバージョンアップ版を使用している。前作がダンジョンの探索であったのに加え、今作では野外や建物内なども歩き回るようになった。

開発はアメリカ合衆国のWestwood Studiosが行い、前作からスタッフを引き継ぐ形でディレクターはブルット・W・スペリー英語版、プログラムはフィリップ・W・ゴローが担当、音楽はパソコン用ソフト『The Legend of Kyrandia: Fables and Fiends』(1992年)を手掛けたフランク・クルパッキー英語版が担当している。

ストーリー[編集]

ウォーターディープ地下での冒険を終えたパーティが宿屋に戻ると、“黒き杖”ケルベンから新たな依頼状が届く。街外れにあるダークムーンと呼ばれる寺院に邪悪な気配を感じ、1人の斥候を向かわせたが行方不明となってしまったという。パーティは斥候の救出と寺院の探索を命じられ、その寺院の近くにテレポートする事となる。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 Eye of the Beholder II: The Legend of Darkmoon アメリカ合衆国 1992年
Amiga Westwood Studios Strategic Simulations, Inc. フロッピーディスク -
2 アイ・オブ・ザ・ビホルダーII 日本 199311011993年11月1日
FM-TOWNS サイベル アローマイクロテックス CD-ROM HME-201
3 アイ・オブ・ザ・ビホルダーII 日本 199311191993年11月19日
PC-9801 Westwood Studios カプコン 5インチフロッピーディスク -
4 Eye of the Beholder I, II & III アメリカ合衆国 1995年
ヨーロッパ 1995年
PC/AT互換機 Westwood Studios Strategic Simulations, Inc. CD-ROM -
5 Eye of the Beholder I, II & III INT 201508202015年8月20日
Linux
Macintosh
Windows
Westwood Studios GOG Limited ダウンロード
(GOG.com)
-

スタッフ[編集]

  • Westwood Associates
    • デザイン:ポール・S・ムードラ、ブルット・W・スペリー英語版、ビル・ストークス
    • リード・プログラミング:フィリップ・W・ゴロー
    • 音楽:フランク・クルパッキー英語版
    • サウンド:ポール・S・ムードラ、ドワイト・ケンイチ・オカハラ
    • レベル・プログラマー、Amigaプログラマー:ビル・ストークス
    • ディレクター:ブルット・W・スペリー
    • オリジナル・コンセプト:フィリップ・W・ゴロー、ブルット・W・スペリー
    • イントロ&フィナーレ:ジョセフ・ボスティック
    • アート&グラフィックス:ジョセフ・B・ヒューイット4世、ルイーズ・サンドヴァル、ジュディス・ピーターソン、レン・オルセン、リック・パークス、アーロン・E・パウエル
    • ライター:マーク・クラム
    • スペシャル・サンクス:ザナザー・ザ・ビホルダー、マイクス・キャット・スパーキー、チャールズ・J・クレイゲルJr.
    • 品質保証:グレン・スペリー
  • Strategic Simulations
    • プログラミング:ニコラス・ベライエフ
    • プロデューサー:ダニエル・セルマク
    • サポート:キム・ゴイヤー

アイ・オブ・ザ・ビホルダーIII[編集]

アイ・オブ・ザ・ビホルダーIII
アサルト・オン・ミス・ドラナー
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 PC/AT互換機 (DOS)
開発元 Strategic Simulations, Inc.
発売元 Strategic Simulations, Inc.
プロデューサー ニコラス・ベライエフ
シナリオ エド・グリーンウッド英語版
クリス・カー
ジョン・カーク
ブライアン・ロー
プログラマー ジョン・マイルス
音楽 メイソン・B・フィッシャー
ブライアン・ロー
マイケル・プロバンス
ラルフ・トーマス
美術 モーリー・マニング
リチャード・ペイン
シャオウェイ・リュー
ジョン・シュー
シリーズ アイ・オブ・ザ・ビホルダーシリーズ
人数 1人
メディア 3.5インチフロッピーディスク
発売日 アメリカ合衆国 1993年
ヨーロッパ 1993年
テンプレートを表示

アイ・オブ・ザ・ビホルダーⅢ』 (Eye of the Beholder III: Assault on Myth Drannor) は、1993年アメリカ合衆国Strategic Simulations, Inc.から発売されたロールプレイングゲーム

同社の『アイ・オブ・ザ・ビホルダーII ザ・レジェンド・オブ・ダークムーン』(1991年)の続編。ダークムーン寺院での捜索を終えたパーティに対し、酒場にいた妖しげな男によってウォーターディープから遠く離れた場所にあるミス・ドラナーという廃都がAcwellanというリッチによって支配されているという情報がもたらされ、ミス・ドラナーを救う旅に出るという内容。ゲームエンジンは2作目の更なるバージョンアップ版である。

前2作のWestwood Studiosに代わり、今作ではStrategic Simulations, Inc.が開発している。プロデューサーはパソコン用ソフト『Veil of Darkness:』(1993年)を手掛けたニコラス・ベライエフ、プログラムはパソコン用ソフト『Ultima VI: The False Prophet』(1990年)を手掛けたジョン・マイルスが担当している。

前2作はタイトル通り、敵モンスターとしてビホルダーが登場するが、今作ではタイトルに反してビホルダーが登場しない。

ストーリー[編集]

ダークムーン寺院の冒険を終え、酒場で武勇伝を語るパーティに妖しげな男が近づく。彼によると、ウォーターディープから遠く離れた森にMyth Drannorという廃都があり、Acwellanという忌まわしいリッチに支配されている。ついては、そのリッチから、とあるアーティファクトを取り戻してMyth Drannorを救ってほしいという。依頼を引き受けたパーティはMyth Drannorの街外れの墓地にテレポートされる。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 アイ・オブ・ザ・ビホルダーIII アサルト・オン・ミス・ドラナー 日本 199411301994年11月30日
PC-9801 Strategic Simulations, Inc. ビング 5インチフロッピーディスク -
2 アイ・オブ・ザ・ビホルダーIII アサルト・オン・ミス・ドラナー 日本 1995年
FM-TOWNS Strategic Simulations, Inc. ビング CD-ROM -
3 Eye of the Beholder I, II & III アメリカ合衆国 1995年
ヨーロッパ 1995年
PC/AT互換機 Westwood Studios Strategic Simulations, Inc. CD-ROM -
4 Eye of the Beholder I, II & III INT 201508202015年8月20日
Linux
Macintosh
Windows
Westwood Studios GOG Limited ダウンロード
(GOG.com)
-

スタッフ[編集]

  • ショートストーリー "Moonrise over Myth Drannor":エド・グリーンウッド英語版
  • ルールブック・ライター:アイリーン・マツミ
  • コントリビューティング・ルールブック・ライター&エディット:アル・ブラウン、アンドレ・ヴリニョ
  • コントリビューティング・エディター:キム・ゴイヤー
  • ルールブック・バックグラウンド・インフォメーション:デヴィッド・A・ルッカ、ジョージ・マクドナルド、アイリーン・マツミ、リチャード・ウィルソン
  • プロデューサー:ニコラス・ベライエフ
  • アソシエイト・プロデューサー:デヴィッド・A・ルッカ
  • リード・プログラミング、エンジン・デザイナー:ジョン・マイルス
  • アシスタント・プログラミング:キャシー・ベイレス、マイケル・コースター
  • スクリプター:クリス・カー、ジョン・カーク、ブライアン・ロー
  • アート・コーディネーション:モーリン・スターキー、トム・ウォール
  • アーティスト:モーリー・マニング、リチャード・ペイン、シャオウェイ・リュー、ジョン・シュー
  • アニメーター:ジャスティン・R・チン、ピーター・デイヴィス、ドナルド・ワン
  • 音楽、効果音:メイソン・B・フィッシャー、ブライアン・ロー、マイケル・プロバンス、ラルフ・トーマス
  • スペシャル・サンクス:ジェームス・M・ワード
  • サンクス:マーク・ホール
  • グラフィック・デザイン、DTP:Louis Saekow Design、デヴィッド・ブードロー、リーダラ・シアーズ
  • プリンティング:BANTA ISG

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Computer and Video Games Issue 114. (May 1991). pp. 28–29. https://archive.org/stream/computer-video-games-magazine-114/CVG114_May_1991#page/n87 2016年1月18日閲覧。. 
  2. ^ Lesser, Hartley; Lesser, Patricia; Lesser, Kirk (July 1991). “The Role of Computers”. Dragon (171): 57–64. 
  3. ^ “Review Crew: Eye of the Beholder”. Electronic Gaming Monthly (EGM Media, LLC) (59): pp. 33, 36. (1994年6月) 
  4. ^ a b アイ・オブ・ザ・ビホルダー まとめ [スーパーファミコン]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2020年4月11日閲覧。
  5. ^ a b アイ・オブ・ザ・ビホルダー まとめ [メガドライブ]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2020年4月11日閲覧。
  6. ^ a b c Eye of the Beholder for SNES (1994)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2020年4月11日閲覧。
  7. ^ a b c d Eye of the Beholder for SEGA CD (1994)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2020年4月11日閲覧。
  8. ^ Presley, Paul (June 1991). “Eye of the Beholder Review”. The One (emap Images) (33): 80-81. https://archive.org/details/theone-magazine-33/page/n87. 
  9. ^ Eye of the Beholder for DOS (1991)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2020年4月11日閲覧。
  10. ^ a b Eye of the Beholder for Amiga (1991)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2020年4月11日閲覧。
  11. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 156頁、 ASIN B00J16900U
  12. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 821頁、 ASIN B00J16900U
  13. ^ a b 「Chapter 07 1994年」『メガドライブ大全(企画・編集:CONTINUE)』太田出版、2004年9月29日、227頁。ISBN 9784872338805

外部リンク[編集]