ユービーアイソフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユービーアイソフト
Ubisoft Entertainment SA
Ubisoft2017.png
Rue Armand Carrel, 28 (Montreuil).jpg
種類 SA(株式会社
市場情報 EuronextUBI
本社所在地 フランスの旗 フランス
35200
107, avenue Henri Fréville Rennes
北緯48度6分51.01秒 西経1度40分50.99秒 / 北緯48.1141694度 西経1.6808306度 / 48.1141694; -1.6808306座標: 北緯48度6分51.01秒 西経1度40分50.99秒 / 北緯48.1141694度 西経1.6808306度 / 48.1141694; -1.6808306
設立 1986年3月28日
業種 情報・通信業
事業内容 ゲームソフトウェアの開発および販売
代表者 イヴ・ギユモ(創業者、会長兼CEO
売上高 15億9400万ユーロ(2020年3月期)[1]
従業員数 18045人
(グループ全体、2020年3月31日現在)[1]
決算期 3月31日
主要子会社 ユービーアイソフト株式会社(日本法人)
ハイブリッド・テクノロジーズ
Ubisoft Motion Pictures
外部リンク www.ubisoft.com ウィキデータを編集
テンプレートを表示

ユービーアイソフト: Ubisoft Entertainment SA)は、フランスに本社を置くコンピュータゲームの開発・販売会社。

概要[編集]

事業内容
2015年現在、世界96ヵ国にて事業展開、19ヵ国に29の開発スタジオがあり、開発スタッフ約7,800人を含む約10,000人のスタッフを抱える世界3位のパブリッシャー
アクションゲームファーストパーソン・シューティングゲームオープンワールドの分野で世界的に高い評価を受けている。
2001年アメリカの老舗ゲームメーカー「ブローダーバンド」の有する知的財産権を取得し、『MYST』、『プリンス・オブ・ペルシャ』など旧ブローダーバンドのゲームは現在ユービーアイソフトから発売されている。また、2003年には連邦倒産法第11章を申請した3DO社より130万ドルで人気RPGマイト・アンド・マジック』シリーズの権利を取得している。
2007年5月23日フランスE3と位置づけた「UbiDays」を地元フランスパリで開催。年内発売予定の自社タイトル約20作品を披露した。
2009年4月1日以降、日本国内でのタイトル販売はスクウェア・エニックスが行う事が発表された。
主な関連会社として、Ubisoftの日本の開発スタジオであるUbisoft Osaka株式会社、ゲームロフトがある。
社名
社名の由来は「Ubiquity」(広く、いつ、どこにでも存在する)から取ったもので創業者の一人であるジェラールが世界中どこにでも在りたいという想いから考案した[2]
「Ubi」はフランス語では「ウビ」[y'bi](IPAを参照)、英語では「ユビ[3]と発音される事もある。最近では「ウービィ」「ユービィ」と発音するのが一般的だが、創設者の一人であるイヴ・ギユモは「好きに呼んでほしい」と答えている[4]。日本では日本語での覚えやすさを考慮して、登記上も含め「ユービーアイ(UBI)」の読み方を採用している[5][6]

歴史[編集]

日本法人[編集]

ユービーアイソフト株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
150-0013
東京都渋谷区恵比寿4丁目3-8
KDX恵比寿ビル
設立 1994年4月11日
業種 卸売業
法人番号 9011001057409
事業内容 ゲームソフトのパブリッシング及びライセンス事業
代表者 スティーヴ・ミラー(代表取締役)
資本金 5,000万円
外部リンク www.ubisoft.co.jp
テンプレートを表示

ユービーアイソフトの日本法人は、1994年ユービーアイソフト株式会社として設立された。

自社作品の発売を手がけるのみならず、F1シリーズやロード オブ ザ フォールンなど日本国外では他社から発売されている作品の発売を手がけることもある。

企業データ


アサシンクリード ヴァルハラの流血表現に関する論争

2020年11月10日に発売されたアサシン クリード ヴァルハラにおいて、事前に告知することなく流血表現が削除され、ユーザーから不満の声が上がった[20]。この騒動に対し、ユービーアイソフト日本法人は「関係機関と協議の上表現の修正を行った」と、暗にCEROの指示に従ったことを示唆する内容の声明を発表した[20]。ところがCEROはこの件について同社からの連絡や協議は一切無く、無関係であることを表明[21]。これを受けてユービーアイソフト日本法人は同日に、流血表現の修正にCEROは無関係であり「弊社内の問題である」と発表[21]。その後、流血表現をオンにするためのパッチを配信すると発表した[22]

また、ユービーアイソフトのプラットフォームUplayで販売していたPC版において、CEROは11月30日にレーティング審査時にユービーアイソフト株式会社から提供された審査資料にはない表現内容が含まれていたのにも関わらず、CEROレーティングマーク「Z」を表示して販売していたことが判明し、ユービーアイソフト株式会社に対し詳細の説明を求めていることを発表した[23]

主なゲームソフト一覧[編集]

シリーズ商品[編集]

あ行

か行

さ行

た行

は行

ま行

や行

ら行

単体商品[編集]

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

ら行

スマートフォンアプリ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 2020 UNIVERSAL REGISTRATION DOCUMENT”. Ubisoft Entertainment. 2020年11月23日閲覧。
  2. ^ 社長が訊く『Wii U』ZombiU(ゾンビU) 篇
  3. ^ 2006年E3で米国任天堂のレジー社長が、『Red Steel』を紹介する際に「ユビソフト」と発音していた。
  4. ^ Is it OO-BE-SOFT or YOU-BE-SOFT?” (2016年7月13日). 2016年7月16日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i 会社概要 ユービーアイソフト株式会社
  6. ^ Gamasutra - The Ubisoft Vision: Why Yves Guillemot Believes (Page 3/3)
  7. ^ Quand Yves Guillemot, le patron d'Ubisoft, se rêve en Disney français”. Challenges (2015年1月5日). 2016年4月1日閲覧。(フランス語)
  8. ^ Company / OverviewUbisoft、2016年4月1日閲覧。(英語)
  9. ^ Ubisoft DOS Games Archive、2016年4月1日閲覧。(英語)
  10. ^ レッド・オクトーバーを追え!』『今そこにある危機』などで知られる作家トム・クランシーによって創立された会社。
  11. ^ 英:Academy of Interactive Arts & Sciencesの記事を参照。
  12. ^ Game sponsored by PC World in 2006 BAFTA、2016年4月1日閲覧。(英語)
  13. ^ UBISOFT® ACQUIRES HYBRIDE TECHNOLOGIES, CREATOR OF VISUAL EFFECTS FOR THE FILMS 300 AND SIN CITY”. Ubisoft (2008年7月8日). 2016年4月1日閲覧。(英語)
  14. ^ Ubisoft,映画の視覚効果で有名なHybride Technologiesを買収”. 4Gamer.net (2008年7月8日). 2016年4月1日閲覧。
  15. ^ UBISOFT® ACQUIRES THE ASSETS OF MASSIVE ENTERTAINMENT®”. Ubisoft (2008年11月10日). 2016年4月1日閲覧。(英語)
  16. ^ Ubisoft,「World in Conflict」のMassive Entertainmentを買収”. 4Gamer.net (2008年11月11日). 2016年4月1日閲覧。
  17. ^ Ubisoftが映像制作スタジオを設立”. Livedoor ニュース (2011年5月4日). 2016年4月1日閲覧。
  18. ^ かつてActivisionを傘下に置いた「Vivendi」がUbisoftとGameloftに計220億円規模の出資、ビデオゲームビジネスに再進出”. doope! (2015年10月15日). 2016年4月1日閲覧。
  19. ^ VivendiがUbisoft株式を全て売却することで合意。敵対的買収を予期させた長き攻防戦に終止符が打たれる”. AUTOMATON (2018年3月21日). 2018年3月22日閲覧。
  20. ^ a b CERO「『アサシン クリード ヴァルハラ』は流血表現アリで審査通っていた」 日本版の表現修正、UBIの説明に反論”. ねとらぼ (2020年11月19日). 2020年12月1日閲覧。
  21. ^ a b 【UPDATE】『アサシン クリード ヴァルハラ』の流血表現規制にCEROは関与していないと、Ubisoftが謝罪。発売前の説明なく批判を招く”. AUTOMATON (2020年11月19日). 2020年12月1日閲覧。
  22. ^ ユービーアイ、「アサクリ ヴァルハラ」流血表現は「不具合」と追加で報告。修正するパッチを後日配信予定”. GAME Watch (2020年11月26日). 2020年12月1日閲覧。
  23. ^ ユービーアイソフト株式会社「アサシン クリード ヴァルハラ」 未審査版の販売について” (日本語). 特定非営利活動法人コンピュータエンターテインメントレーティング機構. 2020年11月30日閲覧。

外部リンク[編集]