LOST JUDGMENT 裁かれざる記憶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
LOST JUDGMENT 裁かれざる記憶
ジャンル リーガルサスペンス
対応機種 PlayStation 4
Xbox One
Xbox Series X/S
PlayStation 5
開発元 龍が如くスタジオ
セガ第一CS研究開発部)
発売元 セガ
人数 1人
メディア BD-ROM
ダウンロード販売
発売日 日本の旗 2021年9月24日
対象年齢 CEROD(17才以上対象)
エンジン ドラゴンエンジン
テンプレートを表示

LOST JUDGMENT 裁かれざる記憶』(ロストジャッジメント さばかれざるきおく、英題:Lost Judgment)は、セガより2021年9月24日に発売予定のゲームソフト。

2018年に発売された『JUDGE EYES:死神の遺言』の続編にあたる。

リマスター等を除けば、龍が如くスタジオでは初の世界同時発売タイトルとなる予定。

概要[編集]

木村拓哉が前作に引き続き主演を務める。

時系列としては前作(2018年)から3年、『龍が如く7』(2019年)から2年後になる2021年が舞台となる。神室町に加えて伊勢佐木異人町が舞台に加わるが、『7』のように殆ど物語の舞台になる訳ではなく、『比率としては少し多い』程度であると語られている[1]

今回の物語は色々な「不条理」や「正義とは何なのか」といったセンシティブな内容をテーマにしており、名越によれば、物語の結末はスタッフの間でも意見が分かれたという[1]

ストーリー[編集]

2021年12月、東京地方裁判所。

源田法律事務所の城崎さおりは、現役警察官・江原明弘(53歳)の弁護人を担当している。

江原は電車内で痴漢を働いたあげく、周囲に取り押さえられ激高する映像が何度もメディアで取り上げられていた。

おかげで彼に厳罰を求める世論の声は大きい。

そして、“公正な審理”により有罪判決がくだされたまさにその時――

突然、被告人席の江原が裁判官の言葉を遮るように立ち上がってこう言った。

「3日前に、横浜の廃ビルから死体が出てきたはずです。もう身元はわかりましたか?」

意味不明の発言に戸惑う法廷。すると、江原は続けて言う。

「では、どうか神奈川県警に知らせてあげてください。その死体の主は御子柴弘といいます。彼は4年前……私の息子を自殺に追いやった……万死に値する人間です」

江原の言葉に嘘はなかった。

事実、伊勢佐木異人町の廃ビルから、御子柴弘の無残な他殺体が発見されていたのである。

ただし、その死亡推定時刻は、ちょうど江原が痴漢を働いていた時間帯であった。

裁判所が公正な審理の結果、痴漢によって有罪判決を下した事で江原は自分が御子が殺される事を知っていたか、殺した黒幕である事を匂わせながらその時間のアリバイを完璧に証明してみせたのだ。

有罪判決と言う裁判所の認定は鉄壁のアリバイで、痴漢はそのため茶番だとしたら法を軽んじた重大な挑戦だった。単なる痴漢として裁かれた江原について何か見落としがあると踏んださおりは探偵・八神に調査を依頼する。

(公式サイトより引用[2]

登場人物[編集]

八神 隆之(やがみ たかゆき)
演 - 木村拓哉
本作の主人公で、神室町を中心に活動する「八神探偵事務所」所長。元々は源田法律事務所所属の弁護士だったが、ある事件で無罪判決を勝ち取った被告が再び殺人容疑(冤罪)で逮捕されたことで弁護士を続ける気力を失い、探偵業に転身した経緯を持つ。前作の事件を経て弁護士としての名誉も挽回し、古巣の法律事務所からも弁護士への復帰を勧められるも断り、現在も探偵業に勤しんでいる。
海藤 正治(かいとう まさはる)
声 - 藤真秀
八神探偵事務所の探偵助手で、八神の兄貴的存在。元々は松金組所属の極道。
杉浦 文也(すぎうら ふみや)
声 - 寺島惇太
神室町でいわゆる義賊として暗躍していた窃盗団の元メンバー。現在は更生済み。
源田 龍造(げんだ りゅうぞう)
演 - 中尾彬
「源田法律事務所」所長。
城崎 さおり(しろさき さおり)
声 - 甲斐田裕子
源田法律事務所所属の女性弁護士。
星野 一生(ほしの いっせい)
声 - 林勇
源田法律事務所所属の男性弁護士。城崎の後輩。

ゲームシステム[編集]

劇中の主な用語[編集]

伊勢佐木異人町
『7』にも登場した横浜の街。行動できる範囲はおよそ神室町の3倍以上にも及び、場所ごとに異なった顔を持つ。マップは『7』から手が加えられており、本作の重要部分である『高校』もこの街にある。
横浜流氓(ハンピンリューマン)
『7』にも登場していた伊勢佐木異人町を拠点とする中国系マフィア。トレイラーでは八神やその仲間に襲いかかっているが、その目的は明かされていない。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]