真・女神転生 STRANGE JOURNEY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
女神転生 > 真・女神転生 STRANGE JOURNEY
真・女神転生 STRANGE JOURNEY
ジャンル RPG
対応機種 ニンテンドーDS
開発元 アトラス
ランカース[1]
発売元 日本の旗アメリカ合衆国の旗 アトラス
人数 1人
メディア DS専用カード
発売日 日本の旗 2009年10月8日
アメリカ合衆国の旗 2010年3月23日
対象年齢 日本の旗 CEROC(15才以上対象)
アメリカ合衆国の旗 ESRBM (17歳以上)
コンテンツ
アイコン
CERO:
犯罪
ESRB:
Blood
Fantasy Violence
Language
Partial Nudity
Sexual Themes
テンプレートを表示

真・女神転生 STRANGE JOURNEY』(しん・めがみてんせい ストレンジジャーニー)はアトラスより2009年10月8日ニンテンドーDS用ソフトとして発売されたコンピュータRPG

概要[編集]

真・女神転生III-NOCTURNE マニアクス』から5年ぶりに発売された。ナンバリングタイトルでは無いが、外伝ではない『真・女神転生シリーズ』として製作された[2](ただしファンブックである『シュバルツバース回顧録』では「最初から外伝作品として作成していたが、販売の方はナンバリングとして売りたかったらしい」という記述がある)。『真・女神転生III』同様、前作の直接的な続編ではなく、全く新しい女神転生となっている。副題は奇妙な旅を意味する。

キャッチコピーは、「人類よ。これ以上、何を望むのだ。」「人類最後の旅(ジャーニー)が始まる。」。

ストーリー[編集]

21世紀初頭に地球が70億ほどの人間を抱えた頃、あらゆる物を分子崩壊させながら巨大化する亜空間が南極に突如出現し、人類は消滅の危機に立たされていた。
国連はこの亜空間を「シュバルツバース」と名付けて対策機関を設立し、民間人がパニックにならないよう非公表で問題解決を図るが、人智の及ばないその存在に対策法はおろか調査もままならない状況であった。
拡大を続けるシュバルツバースに猶予を失った国連はその内部に有人探索艦を送るという最後のプラン「シュバルツバース調査隊」を承認し、調査隊には各国の優秀な兵士や科学者が召集され、国家間の利害を越えた最高のテクノロジー支援がなされた。

人類の命運を担い、4機の調査艦が保護シールドを張りシュバルツバースの内部に突入するも、座礁して位置もわからぬ場所に不時着する。しかしそこは神話や伝承などで語り継がれる悪魔たちが闊歩し、生命が簡単に失われる恐ろしい世界であった。
調査隊はシュバルツバース内で入手した「悪魔召喚プログラム」を使用し、悪魔を使役しつつ調査を進めていくが、驚くべきことにシュバルツバース内は「戦場」や「歓楽街」や「ショッピングモール」など人間世界を模した世界で形成されており、調査の中でシュバルツバースが出現した理由を知ることになる。

システム・用語[編集]

今作では未知の空間を探索するという世界観から、従来の女神転生シリーズとは異なる部分も多い。

デモニカ
米軍が開発した機能拡張型特殊強化スーツ。着脱拡張型・次期能力総合兵装「DEMOuntable Next Integrated Capability Armor」の略称。
あらゆる極地で活動できる上に、装着者の戦闘経験に応じてスーツ自身がレベルアップする成長的な拡張性を持っており、調査隊はこのスーツを装備してシュバルツバース内を探索する。ゆえに今作では戦闘を経験して人間がレベルアップするのではなく、デモニカがレベルアップすることでプレイヤーが強化される。
デモニカのヘルメットに「アプリケーション」をインストールすることで、デモニカに特殊な機能を追加することができる。「アプリケーション」には基本機能である「メインアプリ」と、容量が限られているが強力な効果を持ち脱着可能な「サブアプリ」の2種類が存在する。なお、ニンテンドーDSにおける上下ゲーム画面は、それぞれデモニカのヘルメットとアームの機能になぞらえてある。
シュバルツバース
南極に突如出現し、周囲を破壊・吸収しながら拡大する未知なる空間現象。
発生直後は直径1mにも満たない柱状の領域だったが、それは徐々に拡大していくと同時に各国の観測基地を呑み込んでいき、やがて半径数100kmにも達する円盤状の空間を形成するに至った。この亜空間の外縁部は高度数1000mに達するプラズマ雲に囲まれ、それに触れたものを分子レベルで崩壊させる。
シュバルツバースの出現は今回が初めてではなく、10万年以上前にも出現しており当時文明を発展させていた先代人類を滅亡させている。
セクター
シュバルツバース内にいくつか存在する次元または世界。各セクターは量子トンネルで接続されているが、その入口付近には重力場が存在するため自由な出入りは妨げられている。
セクターにはその世界を支配するボス悪魔が存在する。ボス悪魔の持つ「ロゼッタ」と呼ばれる特殊な情報物質を入手し、それを用いることでレッドスプライト号はそのセクターから脱出できるようになる。
セクター名について、調査隊は「アントリア」・「ボーディーズ」・「カリーナ」・「デルファイナス」と星座名で呼んでいるが、シュバルツバースに住む悪魔からは「焼け焦げた国」・「遊びふける国」・「買いあさる国」・「腐りただれた国」とそのセクターの様相に相応する名称で呼ばれている。
フォルマ
シュバルツバース内に点在する特殊物質の総称。デモニカのメインアプリ「フォルマ・サーチ」機能を使用することで、ダンジョン内に存在するフォルマが可視化され入手できるようになる。探索したフロア内のフォルマを取り尽くしてもその後も生成され、再びそのフロアに訪れればフォルマはランダムに再配置されている。
レッドスプライト号のラボにある物質合成装置を利用することで、このフォルマを素材に地上では開発できなかった装備品やアイテムを作成できるようになる。基本的には新装備を開発してプレイヤーを強化してゆくため、フォルマ収集と装備開発は攻略において重要な要素となっている。
他にも「レアフォルマ」という複数見つかることのない貴重なフォルマが存在する。このレアフォルマを素材にアプリケーションを開発でき、デモニカの機能を強化・追加できる。
マッカ
悪魔が使用する通貨。今作では通貨以外にもエネルギー物質という性質を持ち、このマッカのエネルギーを消費することで装備品の開発や回復施設の利用を行うことができる。
ミッション
主人公たちは調査隊であることから物語上で様々なミッションが与えられる。ミッションにはメインミッションとエキストラ(EX)ミッションの2種類が存在する。
メインミッションは調査に関する重要なミッションであり、物語の随所で与えられ、これを達成してゆくことでストーリーが進行する。調査の根幹となるセクターから脱出するために必要なロゼッタの入手から、悪魔に拘束されたクルーの救出、クルーが発症した奇病の治療など様々である。
EXミッションは物語の進行とは関係がないが、他の隊員やシュバルツバース内の悪魔から依頼で受けるミッションであり、達成することで報酬として貴重なアイテムを入手できる。魔王マーラの撃破など悪魔討伐ミッション、凶鳥モーショボーにクルーに代わって愛を伝えるなど私的ミッションと様々である。EXミッションには特定の条件を満たしていないと発生しないミッションも存在する。
なお、発生したミッションはメニュー内の「ログ」に記載され、いつでも確認できるようになっている。
スタンス
主人公の思想を示す概念であり、LAW(秩序)・NEUTRAL(中立)・CHAOS(混沌)の3種類が存在する。物語上で発生する選択肢(主人公の行動や発言など)によって変化し、物語終盤で固定化する。
スタンスによって発生する影響は様々であり、例えば悪魔会話において、主人公と同じスタンスの悪魔と会話する場合は交渉を有利に進めやすく、逆に敵対関係のスタンスの悪魔と会話する場合は機嫌を損ねやすく、要求されるマッカも高額になる。
悪魔にもスタンスの概念は存在し、基本的には種族ごとに統一されている。例えば、大天使の悪魔は全てLAWに属している。
悪魔召喚プログラム
シュバルツバース突入時に調査隊に送付された謎のプログラム。シュバルツバース内に残留する滅亡した先代人類の思念によって、同じくシュバルツバースの拡大に抗う調査隊にもたらされた。悪魔召喚プログラムはデモニカとリンクしており、各機能はデモニカ上で実行される。
元々悪魔は人間には見えない存在だがそれを可視化できるようにし、会話による交渉や味方化を可能にする。また、悪魔同士を合体して新たな悪魔を生成したり、マッカのエネルギーを消費することで悪魔を具現化し召喚したりすることができる。
  • 悪魔合体 - 2体の悪魔を合体して1体の悪魔を生成する「2身合体」が基本となる。他には特定の悪魔を素材にすることで特殊な悪魔を生成する「特殊合体」がある。
    稀に合体事故が発生して想定と異なる悪魔が生成される場合もある。合体事故は必ずしも悪いことではなく、合体事故でしか生成できない悪魔も存在する。
    他の作品と同様に、悪魔合体で生成した悪魔は素材悪魔の一部のスキルを継承できる。さらに今作では合体時に後述のデビルソースを組み込むことで、生成された悪魔にデビルソース内のスキルを確実に習得させることができるようになり、悪魔の習得スキルのカスタマイズがより容易になった。
  • 悪魔全書 - 仲魔にした悪魔の情報が登録されるデータベース。仲魔になった初期の情報に加えて、スキル習得やレベル・ステータスをアップさせた悪魔の情報も悪魔全書に登録できる。
    悪魔全書に登録された悪魔はマッカのエネルギーを消費することで具現化し召喚することができる。つまり育成した悪魔を悪魔全書に登録しておけば、同条件の悪魔をいつでも召喚できるようになる。当然ながら強力なスキルを所持し、レベルやステータスが高い悪魔を召喚する場合は必要となるマッカが高額になる。
    今作ではさらに登録された悪魔の情報をパスワードに変換して表示することができるようになった。このパスワードを入力することでその悪魔を悪魔全書に登録できるため、自分はもちろん他のプレイヤーも自分の育てた悪魔を使役することも可能になっている。ただし、パスワードで呼び出せる悪魔は主人公のレベル以下に限定されている。
  • デビルアナライズ - 今作では初めて遭遇する悪魔は「アンノウン(正体不明)」としてモザイク表示され、姿すらわからない状態で出現する。その悪魔を撃破するなどのアプローチを繰り返すことで少しずつ解析率が上昇し、その悪魔の所持スキルや弱点などが判明してゆく。
  • デビルソース - 仲魔がレベルアップした時、その悪魔からデビルソースを入手することがある。デビルソースはスキル情報の塊であり、その悪魔に関連するスキル情報が格納されている。これを悪魔合体に組み込むことで、生成された悪魔にデビルソース内のスキルを確実に習得させることができる。例えば、他作品では氷結魔法を得意とする妖精ジャック・フロストに相対する火炎魔法を習得させることは不可能だったが、今作ではそれが可能になっている。
    デビルソースを消費しても、仲魔のレベルアップ時に再入手できるがその確率は低い。
仲魔
今作では仲魔を12体までストックでき、その中の3体まで仲魔を戦闘に参加させることができる。
仲魔も主人公と同様に戦闘を重ねることでレベルアップする。
デビルCO-OP
今作では敵悪魔の弱点属性を突いた時、パーティ内で攻撃者と同じスタンスのメンバーが追撃するシステムが登場した。CO-OPは必中かつ万能属性であり、威力は追撃人数と追撃者の力・魔のステータスによって決定される。
大抵の敵は何らかの弱点を持つため、このCO-OPを使いこなせばダメージ量を増やすことができ、敵撃破の有効な戦術となる。そのためには、いかにパーティ内のスタンスを揃えて弱点を攻撃するかが重要になる。ただし、敵によっては特定のスタンスの仲魔全員を戦闘から離脱させるなどの強力スキルを使用してくるため、パーティ4人全員を同じスタンスにしてダメージ重視にするか、LAW2体・CHAOS2体などのツーペアにすることで追撃しつつ被害を最小限に抑えるかなど、状況に合った戦術が必要になる。
月齢
他作品と同様に月齢の概念があり、月齢によって様々なことに影響する。
例えば満月の場合、敵悪魔が興奮してまともな会話ができなくなる、合体事故の確率が上昇する、満月時のみ隠し通路が出現するなど様々である。
3Dダンジョン
シュバルツバース内は『デビルサマナー ソウルハッカーズ』以来となる3Dダンジョンで構成されている。
ダンジョンの各地点にダメージ床やワープなどのトラップが配置されている。一度通過した場所はDSの下画面にマッピングされる。
マルチエンディング
他作品と同様に、主人公のスタンス(LAW・NEUTRAL・CHAOS)によってエンディングが変化する。
また、選択したスタンスによって、各エンディングまでのボス・最終ボスもまた変化する。例えば、CHAOSを選択した場合はLAWの天使軍が敵になり、NEUTRALを選択した場合はLAWとCHAOSの両方が敵となる。

登場人物[編集]

主人公(デフォルト名なし)
本作の主人公。日本出身の男性で、艦外活動や調査の保安を担う機動班に配属され1号艦「レッドスプライト号」に搭乗し所属する隊員。厳しい戦闘訓練と幹部教育を受けたエリートであり、国連の指名によりシュバルツバース調査隊に編入される。
各種記事の画像では「タダノヒトナリ」「アトラスヒーロー」、取扱説明書では「クズノハライドウ」、ドラマCDと公式HPのムービーでは「タダノヒトナリ」となっている。
ゴア隊長
40代の黒人男性で、1号艦「レッドスプライト号」に搭乗するシュバルツバース調査隊の隊長。
大国の将校であったが、その卓越した能力とリーダーシップが評価され人類の命運を握るこの隊のトップに任命された。
人間的に優れた人物であり、隊員達からの信望は厚い。シュバルツバース不時着時に多くの部下の犠牲を出したことから、調査隊の服務規定に反し自ら最前線に立つ。しかし襲い掛かる悪魔に致命傷を負わされ、主人公達に後を託して息を引き取る。
ヒメネス
アメリカ出身の20代ヒスパニック系男性で、2号艦「ブルージェット号」に搭乗し機動班に所属する隊員。
一兵卒からの叩き上げで、成功時の報酬に惹かれ、志願して入隊した。従軍暦が長かっただけでなく、実戦でも相応の成果を出し続けていたことで調査隊に採用された。ブルージェット号のただ一人の生存者であることから、戦闘能力の高さが伺える。
現実主義で斜めに構えた性格であり、皮肉やブラックジョークなどの言動や調査隊の規定にルーズであることなど協調性に乏しい面がある。また、賞賛を受けることが苦手なのか、主人公との共同ミッションの手柄を辞退する場面もある。同じ機動班であり何度か助けられたことから、主人公にはそれなりに好意を持っている。ひょんなことからバガブーを仲魔にする。
ゼレーニン
ロシア出身の女性で、3号艦「エルブス号」に搭乗し観測班に所属する隊員。
シュバルツバース関連の科学知識が評価され、中尉待遇の科学仕官として招聘される。
悪魔たちに捕らえられ実験材料にされる直前で主人公に救出されたが、その経験から極端な悪魔嫌いになる。艦内でも悪魔を召喚するヒメネスに拒絶反応を示すが、その後ヒメネスのブラックジョークを予測してジョークで返すなどあくまで悪魔嫌いであり、悪魔を使役する人間とのコミュニケーションは悪くない。
科学者という立場に相応しく理知的かつ合理的な思考の持ち主だが、上記のトラウマ、信仰心の厚い家庭で育ったこと、大天使マンセマットに何度か助けられたこと、シュバルツバース内で人間の汚点を見せつけられたこと、シュバルツバース内でも人間同士の争いを目の当たりにしたことからLAWの思想に惹かれてゆく。
アーサー
「レッドスプライト号」の指令コマンドを務める擬似人格プログラム。
艦内のシステムと連動して状況把握を行い、作戦プランの立案とミッション発令を管理し、隊員が収集した情報からシュバルツバースの仕組みを分析し行動の指針を立てる。常に冷静かつ合理的な判断が可能なAIであり、ゴア隊長亡き後の調査隊を支える。
その冷静さゆえに隊員達から皮肉を言われることが度々ある。また、レッドスプライト号墜落時や三賢人による干渉時などに何度か機能停止に陥らされており、その脆さについて皮肉を言われている。
名前のモチーフはSF作家アーサー・C・クラーク
バガブー
身体の構成が他の悪魔とは異なる奇妙な悪魔。
悪魔たちの実験場で拘束され虐げられていたがヒメネスの勘違いで救出され、それが縁で仲魔になる。
ヒメネスに懐き、またヒメネスからも愛着を持たれており、艦内でもたびたび召喚されている。後に人語を少しだけ話せるようになる。ヒメネスがデルファイナス奇症に冒された際、身を挺してヒメネスを守る。
マンセマット
黒い翼を持つ仮面を着けた大天使。シュバルツバース内の悪魔が地球上に進出することを抑止するためにシュバルツバースに赴き、主人公の前に姿を現す。
霊的技芸に優れており、素手で悪魔の結界を破る、悪魔の嫌う神物を作り出すなどの能力を持ち、主人公たちを何度か助ける。主人公がCHAOSスタンスを選択した場合はボスとして立ち塞がり、その本心を語る。
ルイ・サイファー
青色の服にヤギの髪飾りを着けた謎の白人少女。しばしば主人公の前に現れ、謎の言葉を残して去って行く。まなざしは物憂げで、その言動はどことなく傍観者めいている。
三賢人
シュバルツバース突入時、心肺停止状態に陥った主人公の意識が目撃した三人の老紳士たち。
超然とした態度で人類の滅びを語るが、主人公に何らかの可能性を見出しその行動を見守る。以後も度々出現し、調査隊のシュバルツバース脱出を妨害しつつ脱出に必要な情報を提供するという不可解な行動をとる。それはまるで調査隊に試練を与えているように受け取れる。
ゾイ
医療班の女性クルー。身体的な治療から精神的なカウンセリングまで、調査隊内の全て医療を担当している。
多くのクルーが傷つき命を失う現場を目にしてきたことから、生命を大切にするよう主人公に声をかける場面がある。また、医者としての探求心が旺盛過ぎる所があり、身体の構成が他の悪魔とは異なり人間に懐くバガブーに興味を示して研究したがる等の言動が見受けられる。
名前のモチーフは、女優のズーイー・デシャネル。
アーヴィン
資材班の男性クルー。語尾に「ぜよ」がつく土佐弁口調で、男気溢れる飄々とした性格である。
助手のチェンとともに主人公が持ち帰ったフォルマを素材にラボの物質合成装置を駆使して多くの装備品を開発する重要人物である。
未知の素材であるフォルマに強い興味を示し、主人公が珍しいフォルマを持っていると目ざとく見つけてアイテム開発を開始する。
デント
動力班の男性クルー。調査隊内の人望が厚く、他の隊員からのEXミッションの仲介をする。
頭を使うゲームが得意で主人公にも挑んでくる。
名前のモチーフは、銀河ヒッチハイク・ガイドの主人公アーサー・フィリップ・デント。
アンソニー
機動班の男性。惚れやすい性格をしており、シュバルツバース内の何体もの女悪魔に惚れ、その度に主人公にメッセージを届けるよう依頼してくる。しかし、調査隊の中で最も危険性の高い機動班に所属しているにも関わらず物語終盤まで生存していることから、高い戦闘能力を持っていることが伺える。
名前のモチーフは、『Gears of War』で物語序盤に死亡するアンソニー・カーマイン。

スタッフ[編集]

関連商品[編集]

ドラマCD・女神転生 STRANGE JOURNEY
2010年4月21日発売。
キャスト
真・女神転生 STRANGE JOURNEY オリジナルサウンドトラック
収録曲
  1. 永遠の王座
  2. 終わりの始まり
  3. 恐れ
  4. 焼け焦げた国
  5. 祈り
  6. 遊びふける国
  7. 遭遇
  8. 敬虔な恐れ
  9. その結末
  10. 買いあさる国
  11. 悪事と善行
  12. 主の名において
  13. 激しい怒り
  14. 士気
  15. 腐りただれた国
  16. 路を管する地
  17. その名にふさわしい栄誉
  18. 種の記される地
  19. カオスのテーマ
  20. 暴虐の英雄
  21. カオスの世界
  22. 悦楽の宮殿
  23. ロウのテーマ
  24. 神聖なる奇蹟
  25. ロウの世界
  26. 命の起こる地
  27. 悲しみ
  28. 切羽
  29. 盾を取り、槍を高くかざせ
  30. 人の世界
  31. 正義の笏

脚注・出典[編集]

  1. ^ 有限会社ランカース”. ランカース. 2013年3月6日閲覧。
  2. ^ Creator's Voice Vol.14 金子一馬 『STRANGE JOURNEY』”. Touch-DS.jp. 2009年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月6日閲覧。
  3. ^ 鎌田梢 (2010年4月21日). “取り急ぎオシラセです” (日本語). 日々の泡. 2010年5月19日閲覧。
  4. ^ 三上枝織 (2010年5月5日). “こどもの日” (日本語). まったりぶろぐ. 2010年5月19日閲覧。

外部リンク[編集]