ろ座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ろ座
Fornax
Fornax
属格 Fornacis
略符 For
発音 英語発音: [ˈfɔrnæks]、属格:/fɔrˈneɪsɨs/
象徴
概略位置:赤経  01h 45m 24.2s -  03h 50m 21.3s[1]
概略位置:赤緯 −23.76° - −39.51[1]
広さ 398平方度 (41位
主要恒星数 2
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
27
系外惑星が確認されている恒星数 3
3.0等より明るい恒星数 0
10パーセク以内にある恒星数 2
最輝星 α For(3.85
最も近い星 HD 14412;(41.35光年)
メシエ天体 0
隣接する星座 くじら座
ちょうこくしつ座
ほうおう座
エリダヌス座
テンプレートを表示

ろ座(ろざ、Fornax)は、現代の88星座の1つ。18世紀半ばに考案された新しい星座である。化学者が蒸留に使うがモチーフとされている[1][2]。日本国内のどこからでも星座の全域を見ることができるが、特に明るい星もないため目立たない星座である。

主な天体[編集]

エリダヌス座に東・北・南の3面を囲まれる形で位置している。面積は狭くないが最も明るい恒星でも4等星と暗く、目立つ天体はない。

銀河南極に近く、天の川銀河銀河面から離れているため、遠方銀河の観測に適している。そのため、「ハッブル・ウルトラ・ディープ・フィールド (HUDF)」や「ハッブル・エクストリーム・ディープ・フィールド (XDF)」といった長時間露光観測の対象領域とされた。

恒星[編集]

2022年4月現在、国際天文学連合 (IAU) によって3個の恒星に固有名が認証されている[3]

  • α星見かけの明るさ3.98等のA星[4]と7.19等のB星[5]の連星系。ろ座で最も明るい恒星で、A星に「ダリム[6](Dalim[3])」という固有名が付けられている。
  • HD 20868:見かけの明るさ9.93等の10等星[7]。国際天文学連合の100周年記念行事「IAU100 NameExoworlds」でマレーシアに命名権が与えられ、主星はIntan、太陽系外惑星はBaiduriと命名された[8]
  • WASP-72:見かけの明るさ10.96等の11等星[9]。国際天文学連合の100周年記念行事「IAU100 NameExoworlds」でモーリシャス共和国に命名権が与えられ、主星はDiya、太陽系外惑星はCuptorと命名された[8]

そのほか、以下の星が知られている。

星団・星雲・銀河[編集]

NGC1365の周辺にはろ座銀河団と呼ばれる銀河団があり、口径の大きい天体望遠鏡などで観測することができる。

由来と歴史[編集]

19世紀イギリスの星座カード集『ウラニアの鏡』に描かれたろ座(左下)。

18世紀中頃にフランスの天文学者ニコラ・ルイ・ド・ラカーユによって考案された。初出は、1756年に刊行された1752年版のフランス科学アカデミーの紀要『Histoire de l'Académie royale des sciences』に掲載されたラカーユの星図で、蒸留に使われる炉の星座絵とフランス語で「炉」を意味する le Fourneauという名称が描かれていた[2][11][12]。ラカーユの死後の1763年に刊行された『Coelum australe stelliferum』に掲載された第2版の星図では、ラテン語化された Fornax Chimiaeと呼称が変更されている[2][13]

1801年に刊行されたヨハン・ボーデの『ウラノグラフィア』ではラテン語で「化学装置」を意味する Apparatus Chemicu と改称されたが、多くの天文学者はラカーユの Fornax Chimiae のほうを使っていた[2]1844年にイギリスの天文学者ジョン・ハーシェルは、フランシス・ベイリー宛の書簡の中で、Fornax Chimiae を Fornaxと短縮することを提案した[2][14]。これを受けたベイリーが、翌年の1845年に刊行した『British Association Catalogue』で Fornax と改めたことにより、以降この呼称が定着することとなった[2]

1922年5月にローマで開催されたIAUの設立総会で現行の88星座が定められた際にそのうちの1つとして選定され、星座名は Fornax、略称は For と正式に定められた[15]。新しい星座のため星座にまつわる神話や伝承はない。

呼称と方言[編集]

日本では当初「舎密爐」という訳語が充てられていた。これは、1908年(明治41年)11月刊行の日本天文学会の会誌『天文月報』第1巻8号に掲載された星図で確認できる[16]。その後、1910年(明治43年)2月刊行の『天文月報』第2巻11号で、舎密爐から「」に改訂されたことが伝えられた[17]。この訳名は、1925年(大正14年)に初版が刊行された『理科年表』にも「爐(ろ)」として引き継がれた[18]。戦後の1952年(昭和27年)7月に日本天文学会が「星座名はひらがなまたはカタカナで表記する」[19]とした際に、Fornax の日本語の学名は「」と定められ[20]、これ以降は「ろ」という学名が継続して用いられている。

天文同好会[注 1]山本一清らは、既にIAUが学名を Fornax と定めた後の1931年(昭和6年)3月に刊行した『天文年鑑』第4号で、星座名を Fornax Chemica、訳名を「化学爐」と紹介し[21]、以降の号でもこの星座名と訳名を継続して用いていた[22]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 現在の東亜天文学会

出典[編集]

  1. ^ a b c The Constellations”. 国際天文学連合. 2023年1月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Ridpath, Ian. “Fornax”. Star Tales. 2023年1月14日閲覧。
  3. ^ a b IAU Catalog of Star Names (IAU-CSN)”. 国際天文学連合 (2022年4月4日). 2022年11月11日閲覧。
  4. ^ "alf For". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2023年1月14日閲覧
  5. ^ "alf For B". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2023年1月14日閲覧
  6. ^ 『ステラナビゲータ11』(11.0i)AstroArts。 
  7. ^ "HD 20868". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2023年1月14日閲覧
  8. ^ a b Approved names”. Name Exoworlds. 国際天文学連合 (2019年12月17日). 2023年1月14日閲覧。
  9. ^ "CD-30 1019". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2023年1月14日閲覧
  10. ^ "LP 944-20". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2023年1月14日閲覧
  11. ^ Ridpath, Ian. “Lacaille’s southern planisphere of 1756”. Star Tales. 2023年1月7日閲覧。
  12. ^ Histoire de l'Académie royale des sciences” (フランス語). Gallica. 2023年1月7日閲覧。
  13. ^ Coelum australe stelliferum / N. L. de Lacaille”. e-rara. 2023年1月7日閲覧。
  14. ^ “Extract (translated) from a letter from Professor Bessel to Sir J. F. W. Herschel, Bart. dated Königsberg, January 22, 1844”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society (Oxford University Press (OUP)) 6 (5): 62-64. (1844). Bibcode1844MNRAS...6...62.. doi:10.1093/mnras/6.5.62. ISSN 0035-8711. 
  15. ^ Ridpath, Ian. “The IAU list of the 88 constellations and their abbreviations”. Star Tales. 2023年1月5日閲覧。
  16. ^ 十一月の天」『天文月報』第1巻第8号、1908年11月、 8頁、 ISSN 0374-2466
  17. ^ 星座名」『天文月報』第2巻第11号、1910年2月、 11頁、 ISSN 0374-2466
  18. ^ 東京天文台『理科年表 第1冊』丸善、1925年、61-64頁https://dl.ndl.go.jp/pid/977669/1/39 
  19. ^ 『文部省学術用語集天文学編(増訂版)』(第1刷)日本学術振興会、1994年11月15日、316頁。ISBN 4-8181-9404-2 
  20. ^ 星座名」『天文月報』第45巻第10号、1952年10月、 13頁、 ISSN 0374-2466
  21. ^ 天文同好会『天文年鑑』4号、新光社、1931年3月30日、6頁。doi:10.11501/1138410https://dl.ndl.go.jp/pid/1138410/1/11 
  22. ^ 天文同好会『天文年鑑』10号、恒星社、1937年3月22日、4-9頁。doi:10.11501/1114748https://dl.ndl.go.jp/pid/1114748/1/12 

関連項目[編集]