出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中国の古代の製鉄。炉を使って鉄鉱石を溶かして精錬している。『天工開物』(宋応星編著、1637)より

(ろ)とは、金属の溶解や食品の加工製造などを使用する設備の総称[1]

分類[編集]

用途による分類[編集]

炉は工業炉(焼鈍炉、焼入炉、溶解炉など)とそれ以外の炉(パン焼き炉、焼却炉など)に大別できる[1]

工業炉[編集]

工業炉は鉄鋼用炉、非鉄金属用炉、窯業用炉、化学工業用炉、乾燥炉などに分類される[1]

  • 鉄鋼用炉
    • 製銑・製鋼及び鋳造用炉 - 高炉転炉、焼結炉、キューポラなど[1]。なお、溶錬のための炉は特に溶錬炉(ようれんろ)という[2]
    • 圧延・鍛造用炉 - 灼熱炉、圧延用加熱炉、鍛造用加熱炉など[1]
    • 熱処理炉 - 焼鈍炉、ろう付け炉、浸炭炉、めっき炉など[1]
  • 非鉄金属用炉
  • 窯業用炉
  • 化学工業用炉
    化学工業用炉には石炭化学用炉や石油(天然ガス)化学用炉がある[1]

工業炉以外の炉[編集]

工業炉以外の炉にはパン焼き炉、ピザ窯、揚げ物用炉、営業用風呂釜、焼却炉などがある[1]

  • 暖炉 - 室内を暖めるための炉
  • 焼却炉 - 可燃性のものを燃焼せしめて、消滅・灰化・減容化するために用いる炉。塵芥(ゴミ)焼却炉や火葬炉などがある。

このほか「炉」の名をもつ器具がある。

熱源による分類[編集]

加熱するための熱源(燃料)としては、ガス木炭木薪石炭コークス電熱などが用いられる。なお、日本語では、核反応によって熱を発生する装置も「炉」と表現する(原子炉)。

構造による分類[編集]

開放炉と煙突炉[編集]

排出ガスや火の粉を放出するための煙突や排気筒の有無により、鋳物工場や焼入工場などで利用されている煙突等のない開放炉と、煙突等を設置した煙突炉がある[1][3]

反射炉[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 第2節 各論”. 姫路市. 2020年5月12日閲覧。
  2. ^ 『現代新百科』学研
  3. ^ 大鍛冶の炉内反応に関する検証と実験的再現”. 国立歴史民俗博物館研究報告. 2020年5月12日閲覧。

関連項目[編集]