おんどり座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

おんどり座(おんどりざ、雄鶏座、Gallus[1])は、17世紀初頭にペトルス・プランシウスが作った星座の1つ。

ニワトリを元にした星座で、おおいぬ座に近い天の川の中、現在でいうとも座の北の部分にあたる[1]。1612年にプランシウスが作った天球儀に初めて描かれた[1]。1624年にヤコブス・バルチウスが著書『Usus Astronomicus Planisphaerii Stellati』の中で「ペテロイエスを知らないと3回答えたときに鳴いたニワトリを表したもの」として紹介したが、バルチウスはプランシウスが考案したものとは知らず、イサーク・ハブレヒト2世が考案したものとして紹介している[1]。次第に使われなくなり、ヨハン・ボーデ星図にも載っていない。

出典[編集]

  1. ^ a b c d Ian Ridpath. “Gallus”. Star Tales. 2020年7月19日閲覧。