きりん座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
きりん座
Camelopardalis
Camelopardalis
属格 Camelopardalis
略符 Cam
発音 [kəˌmɛləˈpɑrdəlɨs] Camélopárdalis, 属格の発音も同一
象徴 the Giraffe
概略位置:赤経 6
概略位置:赤緯 +70
正中 2月1日21時
広さ 757平方度[1]18位
主要恒星数 2, 8
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
36
系外惑星が確認されている恒星数 3
3.0等より明るい恒星数 0
10パーセク以内にある恒星数 0
最輝星 β Cam(4.02
最も近い星 GJ 445;(17.0光年)
メシエ天体 0
流星群 October Camelopardalids
隣接する星座 りゅう座
こぐま座
ケフェウス座
カシオペヤ座
ペルセウス座
ぎょしゃ座
やまねこ座
おおぐま座
テンプレートを表示

きりん座(きりんざ、麒麟座、Camelopardalis)は北天の星座の1つ。天の北極の近くに位置しており、日本では1年中見ることができる。明るい星がなく星座が作られなかった領域に17世紀に新たに作られたため、神話や伝承の類いもなく、知名度の低い星座である。

主な天体[編集]

恒星[編集]

以下の恒星には、国際天文学連合により正式な固有名が定められている。

  • HD 104985 (HR 4609):トナティウ (Tonatiuh) は6等星だが、太陽系外惑星が発見されており、メキシコの太陽神の名前にちなんで命名された。
  • HD 32518:国際天文学連合の100周年記念行事「IAU100 NameExoworlds」でドイツに命名権が与えられ、主星はMago、太陽系外惑星はNeriと命名された[2]

その他、以下の恒星が知られている。

星団・星雲・銀河[編集]

由来と歴史[編集]

ウラニアの鏡』に描かれたきりん座

1612年に、オランダ神学者天文学者ペトルス・プランシウスが自作の天球儀に「Camelopardalis」としてキリンの姿を描いたことに始まる[3]。この名前は、ヘレニズム期コイネーでキリンを表すのに使われた、キリンの長い首をラクダに、斑点模様をヒョウに喩えた合成語「καμηλοπάρδαλις」に起源を持つ[3]。Camelopardalisは、コイネーのκαμηλοπάρδαλιςをラテン語化したもので、マルクス・テレンティウス・ウァッロ大プリニウスもキリンを表すのにこの表現を使っていた[4]

ドイツの天文学者ヤコブス・バルチウスが1624年[注 1]に出版した著書『Usus astronomicus planisphaerii stellati』の中で「Camelopardalis」を紹介していた[6]ことから、誤ってバルチウスが作った星座と紹介されることもあった[7]が、バルチウス自身は1621年にアイザック・ハプレヒト2世英語版が作った星座であると勘違いしていた[3]。また、バルチウスはこの星座をラクダと勘違いしており、このCamelopardalisを「旧約聖書創世記リベカイサクの元へ嫁ぐエピソードに登場するラクダを記念したもの」と誤解に基づく説明を残している[3][6]

プランシウスやバルチウスは現代と同じく「Camelopardalis」と綴ったが、のちのヨハネス・ヘヴェリウスヨハン・ボーデが「Camelopardalus」と綴ったため、表記に混乱が生じた。その混乱も、1908年に「コイネーや古典ラテン語での表記」「動物学者に使われる表記」「天文学者が最も良く使う表記」の3つの観点から「Camelopardalis」が最も相応しいとする研究結果がエドワード・ピッカリングらによって発表された[4]ことにより決着がつけられた[3]

イギリス生まれの天文学者リチャード・アンソニー・プロクター英語版は、この星座をラクダを意味する「Camelus」と呼んでいたが、追随する者も少なく廃れた[5][7]。また、アメリカの学者ウィリアム・クロスウェルは、カシオペヤ座との境界に近いこの星座の領域に自らが考案した「モモンガ座 (Sciurus Volans)」を配したが、のちに取り上げる者もおらず廃れている[8]

日本では、一貫してキリンの星座として受容されており、ラクダの星座とされたことはない。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ リチャード・ヒンクリー・アレンは1614年としている[5]が、『Usus astronomicus planisphaerii stellati』の表紙に「MDCXXIV (1624)」と明記されており、誤りとされる[3]

出典[編集]

  1. ^ 星座名・星座略符一覧(面積順)”. 国立天文台(NAOJ). 2023年1月1日閲覧。
  2. ^ Approved names”. Name Exoworlds. 国際天文学連合 (2019年12月17日). 2020年1月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e f Ridpath, Ian. “Camelopardalis”. Star Tales. 2022年10月4日閲覧。
  4. ^ a b Pickering, Edward C. (1908-12). “The Constellation Camelopardalis”. Harvard College Observatory Circular 146. Bibcode1908HarCi.146....1M. 
  5. ^ a b Allen, Richard H. (2013-2-28). Star Names: Their Lore and Meaning. Courier Corporation. pp. 106-107. ISBN 978-0-486-13766-7. https://books.google.com/books?id=vWDsybJzz7IC 
  6. ^ a b Bartsch, J. (1624) (ラテン語). Usus astronomicus planisphaerii stellati. J. ab Heyden. p. 52. https://books.google.co.uk/books?id=LGBRAAAAcAAJ&pg=PA52 2022年10月4日閲覧。 
  7. ^ a b 原恵 『星座の神話 -星座史と星名の意味-』(新装改訂版第四刷)恒星社厚生閣、2007年2月28日、32,232,233頁。ISBN 978-4-7699-0825-8 
  8. ^ Barentine, John C. (2016-04-04). Uncharted Constellations: Asterisms, Single-Source and Rebrands. Springer. pp. 137-139. ISBN 978-3-319-27619-9. https://books.google.com/books?id=3MztCwAAQBAJ 2022年10月5日閲覧。 

座標: 星図 06h 00m 00s, +70° 00′ 00″