きりん座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きりん座
Camelopardalis
Camelopardalis
属格 Camelopardalis
略符 Cam
発音 [kəˌmɛləˈpɑrdəlɨs] Camélopárdalis, 属格の発音も同一
象徴 the Giraffe
概略位置:赤経 6
概略位置:赤緯 +70
正中 2月1日21時
広さ 757平方度 (18位
主要恒星数 2, 8
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
36
系外惑星が確認されている恒星数 3
3.0等より明るい恒星数 0
10パーセク以内にある恒星数 0
最輝星 β Cam(4.02
最も近い星 GJ 445;(17.0光年)
メシエ天体 0
流星群 October Camelopardalids
隣接する星座 りゅう座
こぐま座
ケフェウス座
カシオペヤ座
ペルセウス座
ぎょしゃ座
やまねこ座
おおぐま座

きりん座(きりんざ、麒麟座、Camelopardalis)は北天の星座の1つ。

ポラリス(現在の北極星)の近くにあり、日本では1年中見ることができるが、明るい星がなく、それまで星座が設定されなかった場所に作られた星座なので、認知度はあまり高くない。

主な天体[編集]

恒星[編集]

以下の恒星には、国際天文学連合により正式な固有名が定められている。

  • HD 104985 (HR 4609):トナティウ (Tonatiuh) は6等星だが、太陽系外惑星が発見されており、メキシコの太陽神の名前にちなんで命名された。
  • HD 32518:国際天文学連合の100周年記念行事「IAU100 NameExoworlds」でドイツに命名権が与えられ、主星はMago、太陽系外惑星はNeriと命名された[1]

その他、以下の恒星が知られている。

星団・星雲・銀河[編集]

由来と歴史[編集]

設定者はペトルス・プランシウス、一般にはバルチウス星座の1つとされている。

1612年にペトルス・プランシウスがCamelopardalisとして天球儀に描いたのが最初である。その後、ヤコブス・バルチウスが、旧約聖書創世記リベカイサクの元へ嫁ぐエピソードに登場するラクダを記念したもの、と説明したため、一時期「らくだ座」と呼ばれた[2]

出典[編集]

  1. ^ Approved names” (英語). Name Exoworlds. 国際天文学連合 (2019年12月17日). 2020年1月4日閲覧。
  2. ^ Ridpath, Ian. “Star Tales - Camelopardalis”. 2013年4月16日閲覧。

座標: 星図 06h 00m 00s, +70° 00′ 00″