へびつかい座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
へびつかい座
Ophiuchus
Ophiuchus
属格 Ophiuchi
略符 Oph
発音 /ˌɒfiːˈjuːkəs/ Óphiúchus, 属格:/ˌɒfiːˈjuːkaɪ/
象徴 the snake-holder / the healer
概略位置:赤経 17
概略位置:赤緯 0
正中 7月25日21時
広さ 948平方度 (11位
主要恒星数 10
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
62
系外惑星が確認されている恒星数 5
3.0等より明るい恒星数 5
10パーセク以内にある恒星数 8
最輝星 α Oph(2.1
最も近い星 バーナード星;(5.96光年)
メシエ天体 7
流星群 Ophiuchids
Northern May Ophiuchids
Southern May Ophiuchids
Theta Ophiuchids
隣接する星座 ヘルクレス座
へび座
てんびん座
さそり座
いて座
へび座
わし座
観測可能地域は+80°と−80°の間
21:00(午後9:00)に最も良く見えるのは7月の間

へびつかい座(蛇遣い座、Ophiuchus)は、トレミーの48星座の1つ。この星座におけるへびつかいとは医者のことである[1]

黄道上に位置している星座であるが、黄道十二星座には含まれない。

δ星、ν星を接点にへび座と接続し、2つで1つの星座と捉えられることが多い。星座の規模はへびつかい座単体では11位だが、へび座と合わせた場合は1位のうみへび座を超える。

主な天体[編集]

恒星[編集]

α星[2]、η星[3]の2つの2等星がある。固有名がついている星や有名な星には、以下がある。

  • α星:ラス・アルハゲ(Ras Alhague若しくはRasalhague)は、ヘビ使いの頭にあり、へびつかい座で最も明るい恒星。
  • β星:ケバルライ(Cebalrai)
  • γ星ムリフェン(Muliphen)
  • δ星:イェド・プリオル(Yed Prior)
  • ε星:イェド・ポステリオル(Yed Posterior)
  • η星サビク(Sabik)は、へびつかい座で2番目に明るい恒星。
  • ν星褐色矮星が2つある。
  • λ星:マルフィク(Marfic若しくはMarfik)は、ヘビ使いの肘の部分にあり、三重星である。

新星[編集]

へびつかい座で最も重要な歴史上の出来事は、θ星の近くで1604年10月9日に観測された超新星SN 1604である。この星はヨハネス・ケプラーによって観測され、ケプラーの星と呼ばれる。ケプラーは、この観測結果を"De stella nova in pede Serpentarii"という書物にして出版した。書名の意味は、「へびつかい(オフィウクス)の足の新星について」である。ガリレオ・ガリレイは、これを、天動説を主張するアリストテレス派の学者との論戦に使用した。アリストテレスが信じた天動説では、天は不変なもので、星が増えたり減ったりするはずではなかったのである。この超新星爆発は、ティコ・ブラーエが観測したカシオペヤ座の超新星から32年しか経っていなかった。我々の銀河系またはその近傍で起こり、人類によって記録されたこれ以前の最後の超新星は、1054年に観測されたかに星雲の元となった超新星爆発である。また、ケプラーの星の次に観測された超新星は1987年大マゼラン銀河で起こった超新星SN 1987Aである。

星団・星雲・銀河[編集]

また ρ星の近くには活発な星形成を行う分子雲が存在し、写真では暗黒星雲として写る。

由来と歴史[編集]

プトレマイオス以前には、この星座はその名のラテン形Serpentariusで知られていた。 へび座はかつてはへびつかい座の一部だったが、プトレマイオスが独立させた[1]

13星座占い[編集]

伝統的な12星座占いに、現在の実際の黄道上にあるへびつかい座を含めた13個の星座を用いた占いが考案された。

神話[編集]

アポローンが、うっかり者(あるいは、うそつき)のカラス(からす座)の告げ口を本気にし、誤って自らの恋人コローニスを射殺した[1]。そのとき腹にいた赤ん坊は、賢者ケイローンいて座)に育てられ、立派な医師アスクレーピオスになった[1]。蛇を持っているのは、蛇によって薬草の効用を知ったアスクレーピオスが自分のシンボルにしたからだという。また、アスクレーピオスが蛇毒を薬に使ったからだともいう。アスクレーピオスはアルゴー船アルゴ座)にも乗船し[1]、名医として名高かったが、ついには死者をも蘇らせることができるようになり[1]、冥神ハーデースの怒りを買ったため、大神ゼウスの雷によって打ち殺された[1]。その後、医師としての功績が称えられ星座(へびつかい座)となった[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 長島晶裕/ORG 『星空の神々 全天88星座の神話・伝承』 新紀元社、2012年ISBN 978-4-7753-1038-0
  2. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME RASALHAGUE. 2013年1月25日閲覧。
  3. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for * eta Oph. 2013年1月25日閲覧。