コローニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アポローンに射殺されるコローニス

コローニス古希: Κορωνίς, Korōnis)は、ギリシア神話の女性たちである。長母音を省略してコロニスとも表記される。主に、

のほか、数人が知られている。以下に説明する。

プレギュアースの娘[編集]

このコローニスは、 ラピテース族の王プレギュアースの娘で、医術の神アスクレーピオスの母とされる。コローニスの物語はカラスの色が変わる変身譚とともに語られている。

ヘーシオドスによると、コローニスはアポローンに愛されて子を身ごもったが、プレギュアースによってエラトスの子イスキュスと結婚させられたと述べる[1]

しかし多くの伝承ではコローニスが自らイスキュスと密通したとされる。ピンダロスによれば、コローニスはアポローンに愛されて子供を身ごもったにもかかわらず、アルカディアからの客人イスキュスに恋をし、父プレギュアースに隠れてイスキュスと密通した。しかしアポローンはすぐに気づき、アルテミスを送ると、アルテミスは多くの者とともにコローニスを射殺した。しかしコローニスが火葬されるとき、アポローンは自分の子を救い出し、ケイローンに養育させた[2]

後に成長したアスクレーピオスは死者さえも蘇らせる名医になった。ピンダロスの物語ではカラスは登場しないが、多くの物語では、カラスがコローニスの密通に気付き、アポローンに知らせる。アポローンは怒って以前は白い色だったカラスを黒い色に変え、またコローニスを殺した。しかしアポローンは後悔して自らの手で火葬し、そのさいに子アスクレーピオスをコローニスの胎内から救い出して、ケイローンに養育させた[3]アントーニーヌス・リーベラーリスでは、コローニスの密通の相手はアルキュオネウスとされる[4]

エピダウロスの詩人イシュロスによると、コローニスはプレギュアースとムーサの1人エラトーとマロスの娘クレオペマーの娘である[5]パウサニアスによると、プレギュアースがエピダウロスにやって来たとき、コローニスはすでにアポローンの子を身ごもっていた。そしてプレギュアースに同行してエピダウロスにやって来て、アスクレーピオスを出産し、ミュルティオン山に捨てた。この赤子はヤギに養われ、羊飼アレスタナスに発見されたとき、神々しく光っていた[6]

なお、一説にアスクレーピオスの母はレウキッポスの娘アルシノエーともいわれ、古代でも意見が分かれていたが、アポロパネースというアルカディア人がデルポイでどちらの伝承が正しいか神に質問すると、コローニスの子であるという答えが返ってきたという[7]



ペラスゴス
 
アイオロス
 
プレーイオネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リュカーオーン
 
シーシュポス
 
メロペー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カリストー
 
ハルモス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
グラウコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルカス
 
クリューセー
 
 
 
 
 
エリクトニオス
 
クリューソゴネイア
 
ベレロポーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エラトス
 
プレギュアース
 
 
 
 
 
パンディーオーン
 
クリューセース
 
ラーオダメイア
 
ヒッポロコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イスキュス
 
コローニス
 
イクシーオーン
 
ブーテース
 
ミニュアース
 
サルペードーン
 
グラウコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アスクレーピオス
 
ペイリトオス
 
ヒッポダメイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


コローネウスの娘[編集]

このコローニスは、 ポーキス人のコローネウスの娘である。ポセイドーンに求愛されたが拒み、逃げているときにアテーナーによってカラスの姿に変えられた[8]

オリーオーンの妻[編集]

このコローニスは、オーリーオーンの妻で、コローニスたち(複数形コローニデス, Koronides, 希:Κορωνίδες)と呼ばれる2人の娘たちメーティオケーメニッペーの母[9]

ディオニューソスの信者[編集]

このコローニスは、テッサリアーでディオニューソスを祭っていた信者の1人である。ボレアースの子のブーテースにさらわれてナクソス島に連れて行かれたが、コローニスがディオニューソスに祈ると、ブーテースは狂気につかれて水死した[10]

その他のコローニス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ カール・ケレーニイ『医神アスクレピオス』邦訳、p134。
  2. ^ ピンダロス『ピュティア祝勝歌』第3歌9~46。
  3. ^ オウィディウス『変身物語』2巻。ほかアポロードロス、3巻10・3。ヒュギーヌス、202。
  4. ^ アントーニーヌス・リーベラーリス、20。
  5. ^ カール・ケレーニイ『医神アスクレピオス』邦訳、p.48~49。
  6. ^ パウサニアス、2巻26・4~26・5。
  7. ^ パウサニアス、2巻26・7。
  8. ^ オウィディウス『変身物語』2巻。
  9. ^ アントーニーヌス・リーベラーリス、25。
  10. ^ シケリアのディオドロス、5巻51・4~51・5。
  11. ^ シケリアのディオドロス、5巻52・2。
  12. ^ ヒュギーヌス、192。

参考文献[編集]

関連項目[編集]