内田次信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
内田 次信
人物情報
生誕 (1952-03-12) 1952年3月12日(66歳)
愛知県
出身校 京都大学
学問
研究分野 西洋古典学
研究機関 大阪大学大学院文学研究科[1]
学位 文学博士
主要な作品 『ヘラクレスは繰り返し現われる 夢と不安のギリシア神話』
学会 日本西洋古典学会地中海学会[1]
テンプレートを表示

内田 次信(うちだ つぐのぶ、1952年3月12日[2] - )は、西洋古典学者、大阪大学教授。

愛知県生まれ。京都大学文学部西洋古典学科卒、1979年同大学院文学研究科博士課程満期退学。京都光華女子大学講師、助教授、大阪学院大学教授、2006年大阪大学文学研究科助教授、2007年教授[3]。2003年「呼びかけるドラマ アリストパネスとギリシア劇」で京大文学博士

著書[編集]

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 内田 次信”. researchmap. 2018年10月5日閲覧。
  2. ^ 『現代日本人名録』2002年
  3. ^ 大阪大学[リンク切れ]