ヘラクレス (エウリピデス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヘラクレス』(ヘーラクレース、: Ἡρακλῆς, Hēraklēs、: Hercules)は、古代ギリシアエウリピデスによるギリシア悲劇の1つ。

ヘラクレスの妻であるテーバイクレオンの娘メガラとその子どもたち、そして養父アムピトリュオンが、テーバイの王権を簒奪したリュコスに命を狙われているところに、ヘラクレスが帰還しそれを阻止するが、狂気の女神リュッサに取り付かれたヘラクレス自身が彼ら家族を殺してしまうという物語が、ヘラクレスの館を舞台に描かれる。

上演年は分かっていない。紀元前416年頃の作品と推定される[1]

構成[編集]

日本語訳[編集]

  • 『ギリシア悲劇全集Ⅲ エウリピデス篇Ⅰ』 人文書院、1960年
  • 『ギリシャ悲劇全集Ⅲ エウリーピデース編〔Ⅰ〕』 鼎出版会、1977年
  • 『ギリシア悲劇Ⅲ エウリピデス(上)』 ちくま文庫、1986年
  • 『ギリシア悲劇全集6』 岩波書店、1991年

翻案[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『全集6』 岩波 p.426