ラピテース族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケンタウロスと闘うラピテース族の像。
テッサリアー地方の平原を流れるペーネイオス河(現在のピニオス川)。
ホセ・デ・リベーラの1623年の絵画『イクシオン』。プラド美術館所蔵。

ラピテース族古希: Λαπίθης, Lapithēs)は、ギリシア神話に登場するテッサリアー地方の半神話的民族である。複数形はラピタイ古希: Λαπίθαι, Lapithai)。長母音を省略してラピテス族とも。英語ではラピタ: Lapith)。

ラピテースアポローンの子とされる)の子孫とされ、ゼウスの妻の女神ヘーラーを誘惑しようとしたためにゼウスの怒りを受けたイクシーオーンや、結婚式のさいにケンタウロス達と闘ったペイリトオスといった人物で有名。

概要[編集]

ラピテース族は河神ペーネイオスを祖とする部族で、主にペーネイオス河流域に広がるテッサリアー平原と、オッサ山en)、ペーリオン山en)の山岳部一帯に住んでいた。普通はギリシア人の一分派と考えられている。彼らは野蛮なケンタウロス族の敵対者で、武勇にすぐれ、「槍をふるうラピタイ族」などとうたわれている[1]

ラピテース族はイクシーオーンプレギュアースペイリトオスカイネウスポリュペーモスといった英雄を輩出しているが、彼らはしばしば向う見ずで、敬神に篤いとは言えないところがあり、特にイクシーオーンとプレギュアースは神に対する冒涜的行為のために冥府で罰を受けているとされる。

ラピテース族の最も有名なエピソードはペイリトオスの結婚式の際に起きたケンタウロス族との戦いである。このエピソードは古来より芸術のモチーフとしても好まれ、中でもアテーナイパルテノン神殿メトープ彫刻群は有名であり、ルネッサンス以降もしばしば西洋絵画の画題となっている。

ラピテース族はテッサリアー地方のイオールコスが発端となったアルゴー船の冒険や、トロイア戦争にも参加している。

系譜伝承[編集]

神話によると、河神ペーネイオスとクレウーサとの間にヒュプセウススティルベーが生まれ、スティルベーとアポローンの間に2子ラピテースとケンタウロスが生まれた[2]。このうちラピテースがペーネイオス河畔に住み着いて王となった。この地の住人をラピテース族と呼ぶのはラピテースに由来する。

ラピテースの2子ポルバースペリパースはともにラピテース族の王となったが、ポルバースは招かれてエーリス地方に行き[3]、彼に伝説的なエーリス王アウゲイアースアクトールが生まれた[4]。一方、テッサリアー地方に残ったペリパースには8子が生まれ、さらに長男のアンティオーンはペリメーレー(アミュターオーンの娘)との間にイクシーオーンをもうけた。このイクシーオーンにペイリトオスと[5]ケンタウロス族が生まれた[6]

 
 
 
 
ガイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペーネイオス
 
クレウーサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒュプセウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダプネー
 
スティルベー
 
アポローン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キューレーネー
 
アポローン
 
 
 
 
 
 
 
ラピテース
 
ケンタウロス
 
アイネウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アリスタイオス
 
 
アステュアギュイア
 
ペリパース
 
アミュターオーン
 
ポルバース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アクタイオーン
 
 
 
 
アンテイオーン
 
 
 
ペリメーレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テミストー
 
アタマース
 
 
 
ネペレー
 
 
イクシーオーン
 
ディアー
 
ゼウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レウコーン
 
プリクソス
 
ヘレー
 
ケンタウロス族
 
 
 
 
 
ペイリトオス
 
ヒッポダメイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュポイテース
 
 


文化[編集]

ウェルギリウスによると、ラピテース族は馬術に長け、手綱馬場を考案し、人々に襲歩を教えたとされる[7]

勢力範囲[編集]

テッサリアー地方。
オッサ山とペーネイオス河。
ペーリオン山。

ホメーロス[編集]

ホメーロスは『イーリアス』第2巻の軍船リストにおいて、ポリュポイテース王(ペイリトオスの息子)がアルギッサ(アルグラ、現アギア・ソフィア)、ギュルトネー(ギュルトーン、現バクレナ)、オルテー(現ツァリツアニ, en)、エーローネー(現カラッツォリ)、白亜のオロオッソーン(現エラソナ, en)の軍勢を率いたこと、彼の父ペイリトオスがケンタウロス族をペーリオン山からアイティケスに追い払ったこと、カイネウスの孫レオンテウスも戦争に参加したことを述べている[8]

ホメーロスの挙げる都市のうち、アルギッサ、ギュルトネー、エーローネーはペーネイオス河中流域の都市で、オルテー、オロオッソーンはエーローネーのさらに北、オリュンポス山麓のエウローポス河流域の都市である。

ストラボン[編集]

ストラボンによると、テッサリアー平原は元来ペライボイ族の土地だったが、イクシーオーンとペイリトオスが進出し、彼らをペーネイオス河の内陸部に追い払った。さらにペイリトオスはペーリオン山からケンタウロス族を駆逐した。ペライボイ族の多くはピンドス山脈en)やアタマニア、ドロピア地方の山地に移動したが、全てのペライボイ族が平原から追い出されたわけではなく、北部のオリュンポス山周辺はペライボイ族の領域であり、両部族が混在している地域もあった。またラーリッサは依然としてペライボイ族が領有し、平原で最も豊かな土地を支配した[9]

ただし、この2つの部族が居住する地域を厳密に区別することは困難で、ロードスのアポローニオスはラピテース族の英雄ポリュペーモスの出身地をラーリッサとしているし[10]、ストラボンもシモーニデースがテッサリアー地方の住人を「ペライボイとラピタイ」と呼んだことを挙げている。なお、ストラボンはラピテース族の領域をギュルトーン、ペーネイオス河口、オッサ山、ペーリオン山、デメトリアス(en)、平原部のラーリッサと、クランノン(現クランノナス, en)、スコトゥッサ(現パリオカストロ)、モプシオン(現マクリホリ, en)、アトラクス(現アレファカ)、ネッソニス湖、ボイベイス湖(現ヴィヴィイス湖)周辺地域としている[11]

神話[編集]

イクシーオーンの伝説[編集]

詳細はイクシーオーンを参照

伝説によると、イクシーオーンは、その舅を殺したり、ゼウスの妻のヘーラーを誘惑しようとし、ゼウスのおくった雲で出来た贋のヘーラーとの間に、ケンタウルスが生まれたとされる。最後には、カミナリで殺され、永遠に回転する「地獄の火車」にヘビで縛られた。

ペイリトオスとケンタウロスの伝説[編集]

伝説によると、テーセウスアテーナイの王)は、ラピテース族の王ペイリトオスと、とても仲がよく一緒に冒険や探検をする仲であった。よって、ペイリトオスが、美しいヒッポダメイアと結婚することとなり両家の親族、友人としてテーセウス、またケンタウロス等の他のテッサリアーの住民も招かれた。

しかし婚礼の途中、初めて飲むワインに酔ったEuritoスペイン語版のEurito または、 Euritiónを参照)(ケンタウロスの中でも荒っぽい性格だった)が、花嫁を誘拐した。その他のケンタウルスも他の女達や若い男達をさらっていった。

このことに怒った、ペイリトオスやラピテース族の人たちは、テーセウスの力も借りた、ケンタウロスとの戦争で、その多く(数百)を殺した。数頭のケンタウロスのみアルカディアの近くの山に逃げることができたとされている。

アルゴー船の冒険[編集]

何人かのラピテース族はアルゴー船の冒険に参加した(下記リストはラピテース族の参加者)。文献によってはペイリトオスを加えているが、ロドスのアポローニオス『アルゴナウティカ』ではペイリトオスはテーセウスとともに冥府に捕えわれていたために不参加とされる[12]アポロドーロスはカイネウスの名前を挙げているが、一般的なカイネウスの系譜伝承と一致していない[13]ヒュギーヌスのリストに、同様の系譜伝承を備えた別人のカイネウスがおり、クレータ人となっている[14])。対してロドスのアポローニオスはカイネウスの息子コローノスを挙げており[15]、さらにヒュギーヌスはコローノスに加えて、ポーコス、プリーアソスの名前も挙げている[16]

ポリュペーモス

ロドスのアポローニオスはラピテース族の参加者の1人ポリュペーモスについて述べている。彼はヘーラクレースの少年ヒュラースが泉のニュムペーにさらわれたとき、誰よりも早くそれに気づいて、ヘーラクレースに少年の行方が分からないことを伝えた。2人はヒュラースを探したが発見できず、その間に他のアルゴナウタイたちは出航してしまった[17]。そのためポリュペーモスはその地にとどまって、キオス市を創建した[18][19]

参加者リスト
50音順
名前
綴り(el)
綴り(la)
Ap
AR
Hy
順-01 カイネウス Καινεύς Kaineus
順-02 コローノス Κόρωνος Korōnos
順-03 プリーアソス Priāsos
順-04 ペイリトオス Πειρίθοος Peirithoos
順-05 ポーコス Φῶκος Phōkos
順-06 ポリュペーモス Πολύφημος Polyphēmos
順-07 モプソス Μόψος Mopsus

芸術作品[編集]

パルテノン神殿のメトープ彫刻群

アテーナイパルテノン神殿メトープは方角ごとに異なる神話が描かれた。ラピテース族とケンタウロスの戦いは南側である。

絵画作品
ピエロ・ディ・コジモが描いた絵画『ラピテス族とケンタウロスの戦い』。1500-1515年頃、71×260cm。ロンドン・ナショナル・ギャラリー 所蔵。

脚注[編集]

  1. ^ 『イーリアス』12巻128行。
  2. ^ シケリアのディオドロス、4巻69・1。
  3. ^ シケリアのディオドロス、4巻69・2。
  4. ^ 一般的な伝承では、アウゲイアースは太陽神ヘーリオスの子とされる。
  5. ^ シケリアのディオドロス、4巻69・3。
  6. ^ シケリアのディオドロス、4巻69・5。
  7. ^ ウェルギリウス農耕詩』3巻115行−117行。
  8. ^ 『イーリアス』2巻738−747行。
  9. ^ ストラボン、9巻19。
  10. ^ ロードスのアポローニオス『アルゴナウタイ』1巻40行。
  11. ^ ストラボン、9巻20。
  12. ^ ロドスのアポローニオス、1巻101-104。
  13. ^ アポロードロス、1巻9・16。
  14. ^ ヒュギーヌス、14。
  15. ^ ロドスのアポローニオス、1巻57-58。
  16. ^ ヒュギーヌス、14。
  17. ^ ロドスのアポローニオス、1巻1177-1283。
  18. ^ ロドスのアポローニオス、1巻1321-1323。
  19. ^ ロドスのアポローニオス、1巻1345-1347。

参考文献[編集]

関連項目[編集]