ヒッポロコス (ギリシア神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヒッポロコス古希: Ἱππόλοχος, Hippolochos)は、ギリシア神話の人物である。主に、

などが知られている。以下に説明する。

ベレロポーンの子[編集]

このヒッポロコスは、ベレロポーンの子で、イーサンドロス、ラーオダメイアと兄弟[1]トロイア戦争においてサルペードーンとともにリュキア勢を率いて戦った武将グラウコスの父[2][3]。ヒッポロコスはグラウコスの出陣に際して、先祖であるベレロポーンの勇名を汚すような戦いをしてはならないと、厳しい言葉で激励したという[2]

アンティマコスの子[編集]

このヒッポロコスは、トローイアの武将アンティマコスの子で、ペイサンドロスと兄弟。トロイア戦争ではヒッポロコスはペイサンドロスとともに戦った。しかし戦場でアガメムノーンと遭遇し、命乞いをしたが、ペイサンドロスともどもアガメムノーンに殺された[4]

アンテーノールの子[編集]

このヒッポロコスは、トローイアの老臣アンテーノールとテアーノーの子の1人。一説によるとヒッポロコスは兄弟のアカマース、グラウコスとともにキュレーネーに移住したとされる[5]

その他の人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『イーリアス』6巻197行。
  2. ^ a b 『イーリアス』6巻206行-211行。
  3. ^ アポロドーロス、摘要(E)3・35。
  4. ^ 『イーリアス』11巻122行-145行。
  5. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.204b。
  6. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.175a。

参考文献[編集]