アシオス (ギリシア神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アシオス古希: Ἄσιος, Asios, ラテン語: Asius) は、ギリシア神話の人物である。主に、

の2人がいる。以下に説明する。

ヒュルタコスの子[編集]

このアシオスは、ヒュルタコスとプリアモスの前妻アリスベーの子である[1]。アダマース、パイノプスの父[2]トロイア戦争のときアリスベー、セストスなどの軍勢を率いてトロイアを救援し、ギリシア軍と戦った。

アシオスは巨漢の戦士で、赤毛の大きな馬が引く戦車で戦った。トロイア軍がプーリュダマース(ポリュダマース)の案に従って戦車を降りてギリシア軍の防壁を攻撃したさい、アシオスはデーイポボスヘレノスとともに第3部隊を指揮した。しかしアシオスは戦車を降りて戦うことを拒み、軍を率いて防壁の左翼のギリシア兵の帰還を迎えるために開いている門に突入しようとしたが、ポリュポイテースレオンテウスの活躍によって阻まれた。サルペードーンヘクトールの活躍によってトロイア軍が防壁内に突入したとき、アシオスはイードメネウスに討たれたオトリュオネウスを助けようとしたが、イードメネウスは彼の攻撃より速く槍を投げてアシオスを討った。またアンティロコスはアシオスの御者を討って馬を奪った[3]

デュマースの子[編集]

このアシオスは、プリュギア王デュマースの子で、プリアモスの妻ヘカベーと兄弟である。アシオスはサンガリオス河のほとりに住んでいたが[4]、トロイア戦争のときプリュギアの軍勢を率いてトロイアを救援し、ギリシア軍と戦った[5]

パトロクロスアキレウスの鎧をまとって戦ったとき、ヘクトールは戦うか軍を城内に退却させるか悩んだが、アポローンはアシオスの姿になってヘクトールを励まし、パトロクロスと戦わせようとした。この助言によってヘクトールはパトロクロスと戦い、パトロクロスがエウポルボスの攻撃で深手を負ったときに討ち取った[6]

一説にアシオスは大アイアースに討たれた[7]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、摘要(E)3・35。また同3巻12・5も参照。
  2. ^ 『イーリア』12巻、13巻、17巻。
  3. ^ 『イーリアス』2巻、12巻、13巻。
  4. ^ 『イーリアス』16巻。
  5. ^ クレータのディクテュス、2巻35。
  6. ^ 『イーリアス』16巻。
  7. ^ クレータのディクテュス、4巻12。

参考文献[編集]