ゴルギュティオーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゴルギュティオーンの死にもたとえられたケシの花とその実。

ゴルギュティオーン古希: Γοργυθίων, Gorgythiōn)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してゴルギュティオンとも表記される。トローイアプリアモスと妃の1人との間に生まれた子[1]。母はトラーキア地方のアイシュメーの美女カスティアネイラである。2人の間に生まれたゴルギュティオーンは美男子だったとされる[2]トロイア戦争ではトローイア軍の武将の1人として戦った。

イーリアス』2日目、ギリシア軍の武将テウクロス大アイアースとのコンビで多くのトローイアの将を討ち取り[3]、さらにヘクトールを討たんとして矢を放ったが、ヘクトールではなくゴルギュティオーンに当たって射倒した。兜の重みでゴルギュティオーンの頭ががくりと傾く様は、まるで実をつけて重くなったケシの花が、雨に濡れてさらに重くなって実を垂らすかのようであったという[2]

一説によるとゴルギュティオーンはパトロクロスに討たれた[4]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、3巻12・5。
  2. ^ a b 『イーリアス』8巻300行-308行。
  3. ^ 『イーリアス』8巻266行-299行。
  4. ^ クレータのディクテュス、3巻8。

参考文献[編集]