エウペーモス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エウペーモス古希: Εὔφημος, Euphēmos)はギリシア神話の人物である。海神ポセイドーンの息子、トロイゼーノスの息子の二人が登場する。長母音を省略してエウペモスとも表記する。

ポセイドーンの息子[編集]

この人物はタイナロンの英雄で、巨人ティテュオスの娘エウローペーとポセイドーンの子。泳ぎの名手で、水面の上を足を濡らさずに走ることができたともいう。イアーソーン率いるアルゴナウタイの遠征に参加した。アポロドーロスによれば、シュムプレーガデスの岩をアルゴー船が通り抜ける際、ピーネウスの助言にしたがってを放ったのはエウペーモスだったとされる。コルキスからの帰還後、イオールコスで催されたペリアースの葬礼競技では、エウペーモスは2頭立ての戦車競走に勝利したとされる。

キューレーネー王家の祖[編集]

ピンダロスの「ピューティア第四祝勝歌」についてのツェツェースTzetzes, およそ1110年 - 1180年)の注釈によれば、エウペーモスとレームノス島の女とのあいだにレウコパネスが生まれ、リビアキューレーネー市を創建したバットスはその子孫である。

カール・ケレーニイによると、アルゴナウタイが北アフリカトリートーネス湖に至ったとき、現れた海神トリートーンに地中海に戻る道を尋ねたのはエウペーモスだった。トリートーンは土の塊をエウペーモスに手渡し、このことはリビアの統治権を与えるという意味があった。

一行がクレータ島を経てアナペー島を出航したとき、エウペーモスは次のような夢を見た。土の塊が乙女となってエウペーモスは乙女と交わった。乙女はトリートーンと女神リビュエーの娘であると名乗り、エウペーモスの子孫が日光のもとに浮かび上がれるよう自分をネーレーイデスのもとに投げ込むように告げた。この夢の話を聞いたイアーソーンにすすめられて、エウペーモスが土の塊を海中に投じると、深みから島が浮かび上がってカリステー(もっとも美しい)島となった。のちのテーラ島(現在のサントリーニ島)であり、この地にエウペーモスの後裔の一族が住むことになった。ロバート・グレーヴスによれば、上に述べたバットスがテーラ島からキューレーネーに移住したのは紀元前7世紀のことである。

トロイゼーノスの息子[編集]

ホメーロス叙事詩イーリアス』において、トロイア戦争の9年目にイリオス側の味方として参加した将の一人とされる。

参考図書[編集]