ブリーセーイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
イギリス彫刻家ジョン・フラックスマン英語版が1805年に描いた怒れるアキレウスとアガメムノーンに引き渡されるブリーセーイス。

ブリーセーイス古希: Βρισηΐς, Brīsēïs)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してブリセイスとも表記される。ブリーセウスの娘とも[1][2]クリューセースの娘ともいわれる[3]。リュルネーソスの王ミュネースの妻。

神話[編集]

ミュネースの妻ブリーセーイスは、トロイア戦争アキレウスがリュルネーソスを陥落させたさいに夫を殺され、捕虜となり、戦地におけるアキレウスの妻となった[4]。ブリーセーイスはアキレウスの捕虜の中で最も優れた女性であったが、彼女をめぐってアキレウスとアガメムノーンが対立することになった。

イーリアス』によると、アガメムノーンはクリューセースの娘クリューセーイスの返還を拒んだため、クリューセースはアポローンギリシア軍に災いが降りかかるように願った。これを聞いたアポローンはギリシア軍の陣営に必殺の矢を雨のように放ち、多くのギリシア兵が倒れた。このためアキレウスはクリューセーイスの返還を提案したが、アガメムノーンは返還に応じるかわりにアキレウスの捕虜ブリーセーイスをもらうと言い張った。女神アテーナーになだめられたアキレウスはアガメムノーンにブリーセーイスを引き渡したが、腹を立てて戦場に出て戦うことをやめてしまった。

その後の戦闘でギリシア軍が不利になると、アガメムノーンはブリーセーイスをアキレウスに返還して和解しようとしたが、アキレウスはこの申し出を断った。このためギリシア軍は苦戦が続いたが、パトロクロスが戦死したときアキレウスはついにアガメムノーンと和解してブリーセーイスを受け取り、戦場に復帰したという[5]

脚注[編集]

  1. ^ 『イーリアス』1巻、9巻。
  2. ^ ヒュギーヌス、106話。
  3. ^ アポロドーロス、摘要(E)4・1。
  4. ^ 『イーリアス』2巻、19巻。
  5. ^ 『イーリアス』1巻、2巻、9巻、19巻。

参考文献[編集]

関連項目[編集]