コンテンツにスキップ

ポリーテース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ポリーテース古希: Πολίτης, Polītēs)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してポリテスとも表記される。主に、

が知られている。以下に説明する。

プリアモスの子[編集]

このポリーテースは、トロイアの王プリアモスとヘカベーの子で、ヘクトールパリスデーイポボスヘレノスパムモーンアンティポスヒッポノオスポリュドーロストローイロスクレウーサラーオディケーカッサンドラーポリュクセネーと兄弟[1]。その息子は祖父と同じくプリアモスという名であった[2]

トロイア戦争では、トロイア軍がギリシア軍の防壁を破って攻め入ったとき、クレーテー島の武将メーリオネースに深い傷を負わされたデーイポボスを抱えて戦場から運び出した[3]。またアポローンアイギスでギリシア軍を敗走させたときはエキオスを倒した[4]。しかしトロイア落城のさい、祭壇で難を避けているプリアモスのところまで逃げたが、追って来たネオプトレモスに討たれた[5]

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アトラース
 
プレーイオネー
 
 
スカマンドロス
 
イーダイアー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゼウス
 
エーレクトラー
 
 
 
テウクロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーアシオーン
 
デーメーテール
 
ダルダノス
 
バテイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シモエイス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プルートス
 
 
 
イーロス
 
エリクトニオス
 
アステュオケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トロース
 
 
 
 
 
 
 
カリロエー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ガニュメーデース
 
 
 
 
 
 
イーロス
 
 
 
 
 
 
 
アッサラコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒエロムネーメー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カリュベー
 
 
 
 
 
 
ラーオメドーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ストリューモー
 
 
 
テミステー
 
カピュス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブーコリオーン
 
 
 
 
 
ヒケターオーン
 
ラムポス
 
クリュティオス
 
ヘーシオネー
 
アステュオケー
 
 
 
 
 
 
 
アンキーセース
 
アプロディーテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイセーポス
 
ペーダソス
 
 
 
メラニッポス
 
ドロプス
 
カレートール
 
テウクロス
 
エウリュピュロス
 
ティートーノス
 
エーオース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アリスベー
 
 
プリアモス
 
 
ヘカベー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メムノーン
 
エーマティオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイサコス
 
ヘクトール
 
 
ヘレノス
 
トローイロス
 
 
 
 
パリス
 
ポリュドーロス
 
カッサンドラー
 
 
クレウーサ
 
アイネイアース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アステュアナクス
 
 
アンドロマケー
 
 
 
デーイポボス
 
ヘレネー
 
メネラーオス
 
 
 
ポリュクセネー
 
アスカニオス
 
 
 
 
 
 


オデュッセウスの部下[編集]

このポリーテースは、イタケーの王オデュッセウスの部下である。ホメーロス叙事詩オデュッセイアー』ではポリーテースはオデュッセウスのお気に入りの部下となっている[6]。オデュッセウスが帰国する際にキルケーの住むアイアイエー島にたどり着いたとき、ポリーテースはエウリュロコスらとともに島を探索したが、キルケーの魔法で豚に変えられた[7]

パウサニアースによると、ポリーテースはオデュッセウスがイタリアのテメサー(現在のノチェーラ・テリネーゼ)に上陸した際に、泥酔して女性に暴行したために、地元民によって石打ちの刑で殺された。ポリーテースは死後に邪悪なダイモーンと化し、テメサーの人々を殺して回った[8]。人々は土地を捨てて逃げようと考えたが、デルポイの神託は逃亡を禁じ、ダイモーンの神殿を造営して、毎年最も美しい処女を妻として差し出すよう命じた[9]。そこで人々が神託を忠実に守るとダイモーンの被害はぱたりと止んだ[10]。パウサニアースは怨霊となったオデュッセウスの部下が誰であるか述べていないが、ストラボーンによるとその正体はポリーテースで、テメサーの人々の裏切りによって殺されたのを恨んでダイモーンとなったと述べている[11]

パウサニアースとストラボーンはともにオリュムピア競技祭で勝利したボクシング選手エウテューモスが、このダイモーンを退治したと伝えている[11][12]。伝説によるとエウテューモスがテメサーを訪れたとき、ちょうどダイモーンに処女を捧げる祭りが行われていた。エウテューモスは神殿の中にいる彼女を見ると恋をし[10]、ダイモーンと戦ってこれを撃退した。ダイモーンは海に消えて見えなくなったという[12]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、3巻12・5。
  2. ^ ウェルギリウス『アエネーイス』5巻564行-565行。
  3. ^ 『イーリアス』13巻526行-539行。
  4. ^ 『イーリアス』15巻339行。
  5. ^ ウェルギリウス『アエネーイス』2巻526行-532行。
  6. ^ 『オデュッセイアー』10巻224行。
  7. ^ 『オデュッセイアー』10巻187行以下。
  8. ^ パウサニアース、6巻6・7。
  9. ^ パウサニアース、6巻6・8。
  10. ^ a b パウサニアース、6巻6・9。
  11. ^ a b ストラボーン、6巻1・5。
  12. ^ a b パウサニアース、6巻6・10。

参考文献[編集]