ペイディッポス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ペイディッポス古希: Φείδιππος, Pheidippos, ラテン語: Pheidippus)は、ギリシア神話の人物である。ヘーラクレースの子テッサロスの子で、アンティポスと兄弟[1][2][3]

神話[編集]

ヘレネーの求婚者の1人で[4]トロイア戦争ではギリシア軍の武将の1人として、アンティポスとともにコース島の軍勢30隻を率いて参戦した[1][2][5]。ギリシア軍がミューシアの王テーレポスと戦ったさいには、トレーポレモス、アンティポスとともにギリシア軍の使者としてテーレポスの王宮に赴き、和睦の交渉をした[6]。戦後、ペイディッポスはメネステウス、アンティポス、エレペーノールの部下ら、ピロクテーテースの船団とともにミマース岬まで航海したのち、アンドロス島、次いでキュプロスに流されて移住した[7]。あるいはアンドロス島に移住した[8]

一説によるとペイディッポスとアンティポスの子孫はテスプローティア地方からペーネイオス河流域に攻め入り、その地をテッサロスの名にちなんでテッサリアー地方と名付けたとされるが[3]ツェツェースによればトロイア戦争後、兄弟のアンティポス自身がテッサリアー地方に攻め入って、テッサリアーと呼んだことになっている[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『イーリアス』2巻676行-680行。
  2. ^ a b アポロドーロス、摘要(E)3・13。
  3. ^ a b ストラボン、9巻5・23。
  4. ^ ヒュギーヌス、81話。
  5. ^ クレータのディクテュス、1巻17。
  6. ^ クレータのディクテュス、2巻5。
  7. ^ a b ツェツェース『リュコプローン注解』911(高津訳注、p.227)。
  8. ^ アポロドーロス「サバス本」、摘要(E)6・15。

参考文献[編集]