松平千秋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松平 千秋(まつだいら ちあき、男性、1915年9月13日 - 2006年6月21日)は、古代ギリシア文学者(西洋古典学者)で、多数のギリシア文学原典訳を行った。

来歴・人物[編集]

岐阜県出身。旧制静岡高等学校を経て、1938年京都帝国大学文学部卒。1941年大学院を修了し同講師1947年助教授1958年京都大学教授1962年イーリアス第二歌の研究」で京大文学博士1979年定年退官、名誉教授、光華女子大学京都産業大学教授。1988年勲二等旭日重光章受章。「日本西洋古典学会」委員長(第4代:1973-86年)を務めた。ギリシア語ラテン語教科書も出している。

ギリシア悲劇では主にエウリピデス作品を訳し、またヘロドトス歴史』は多数重版された。クセノポンアナバシス』の翻訳で、1986年読売文学賞を受賞。

岩波文庫版の『ホメロス イリアス』、『オデュッセイア』の新訳・改訳を行い、呉茂一訳から切り替えられた。

著書[編集]

  • 『ホメロスとヘロドトス-ギリシア文学論考』(筑摩書房、1985年)

共著[編集]

  • 『ギリシア語文法』田中美知太郎(創元社 1950年、岩波書店(改訂版) 1981年、新装版2012年)
  • 『ギリシア語入門』田中美知太郎(岩波書店〈岩波全書〉 1951年、改訂版1983年)
  • 『ラテン語読本』国原吉之助(南江堂 1972年)
    • 『新ラテン文法』(東洋出版(改訂版) 1992年)

翻訳[編集]

論文[編集]