ピュライメネース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ピュライメネース古希: Πυλαιμένης, Pylaimenēs)は、ギリシア神話の人物で、エネトイ人、あるいはパフラゴニア人の王である。長母音を省略してピュライメネスとも表記される。ビルサテースの子[1]、あるいはメリウスの子[2]。ハルパリオーンの父。

ピュライメネースは内乱が起こったとき、パフラゴニア英語版から追放されたという[3]。その後、トロイア戦争のときにパフラゴニア人を率いてトロイアを救援し、ギリシア軍と戦ったが、『イーリアス』の初日にメネラーオスに討たれた。さらにアンティロコスはピュライメネースの御者を討ち、馬を奪った。しかしホメーロスは後に息子のハルパリオーンがメーリオネースに討たれ、その遺体をイーリオス城に運ぶとき、ピュライメネースもそれに付き添ったと述べており[4]、物語に矛盾があることが古くから指摘されている。

一説によればピュライメネースはアキレウスに討たれた[5]。また戦後、ピュライメネースの部下たちはアンテーノールとともにイタリアに移住した[6]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、摘要(E)3・35。
  2. ^ クレータのディクテュス、2巻35。
  3. ^ リーウィウス、1巻2。
  4. ^ 『イーリアス』2巻、5巻、13巻。
  5. ^ クレータのディクテュス、3巻5。
  6. ^ リーウィウス、1巻2~3。

参考文献[編集]

  • 『ディクテュスとダーレスのトロイア戦争物語 ―トロイア叢書1』岡三郎訳、国文社(2001年)
  • ホメロス『イリアス(上・下)』松平千秋訳、岩波文庫(1992年)
  • リーウィウス『ローマ建国史(上)』鈴木一州訳、岩波文庫(2007年)
  • 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』岩波書店(1960年)